マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
今日は引きこもりについて語ります。
よろしくお願いします。


私自身、かつて
うつ病から→引きこもり経験がありますので

セラピストの視点と
引きこもり当事者の視点から語ります。


*今日のお話は、少し特殊なお話ですので、
「引きこもり治療は正攻法でダメなら、
こういった手法もあるという視点で読んでください」




まず、引きこもりの方に
根性論で引きこもりを止めるように言っても
100%止める事はありません。

逆に、ますます意固地になり
余計引きこもります。


また、引きこもりの方は
何らかの心の病を持っているケースもあります。

例えば、
うつ病の方ですと
とにかく病的にダルい。

トイレに行くのも、顔を洗うのも、
お風呂に入るのも・・・
身体に90キロくらいの
鎧を装着しているように重くだるい。

地球の重力じゃないくらいに
身体が重く何もできない。

重症になりますと
外出も億劫になり、完全に引きこもります。

これは経験者じゃないと分からない。

心理学や精神医学の教科書は理屈であって
本当に深く「知っている」のは経験者です。


社会不安障害(SAD)の方は
社会に対する半端じゃない恐怖感があります。

認知行動療法で
暴露療法(エクスポージャ)など言いますが
確かに有効です。
ですが、これはかなり回復してからの事。

*エクスポージャとは、恐怖だと思っている対象に
あえて飛び込んでみて、平気なのを実感し
成功体験を焼き付ける手法。

しかし、
認知行動療法を批判する訳ではありませんが
「心の土台」が出来ていない状態で
エクスポージャをすると
失敗する可能性が高い。

そして、ますます社会に対する不安が強まり
かえって逆効果になることもあります。

まずマインドフルネスで「心の土台」を作る事。


また、もうひとつのケースは
本当に性格的問題から引きこもるケース。
(これをパーソナリティ障害ととらえるかは微妙な問題)

そして前回お話しました、
共依存的に周囲の人が引きこもり生活を助長させているケース。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-599.html


このように、
引きこもりには様々なケースがあります。



さて、当カウンセラーの手法は

現段階では何を言っても
引きこもりを止める事は無いのですから


いっそ
鬼のように引きこもりましょう。
怒涛のように引きこもりましょう。

ただし、ダラダラ引きこもるのはNG。

瞑想的に引きこもります。
聖者のように・・・



こんな自分が本当にイヤだ!
自分を変えたい!と心から思い


毎日、しっかり瞑想、坐禅をし
鬼のように引きこもります。

周囲の方は数カ月、温かく見守ってください。

数ヵ月後・・・
後光が輝き、悟りを開いたように清々しく
全ての迷いを断ち切り
自然に「自分の進む道」が分かってきます。


寺に引きこもるのも
自分の部屋に引きこもるのも
要は「質」の問題。


逆に言いますと
頭を剃り、寺に籠もっても、やる気が無い方は
何の進歩もない。時間の無駄。
さっさと下山した方がよい。

自分の部屋に籠もっていても
やる気がある方は、
メキメキ良くなっていきます。


部屋に引きこもる場合。

家族の方が食事を用意してくれたら
「自分は様々な繋がりの中で生きている」
と認識し、感謝し食べてください。

これは瞑想家が修行に入る時も同じ。
在家の方が食事を運んできてくれます。
修行者は「様々な繋がりの中で生きている」事に感謝し
食事をいただきます。


途中、分からない事や
モチベーションが下がってきましたら
通信カウンセリングいたします。


引きこもりには
「ポジティブな引きこもり」と
「ネガティブな引きこもり」があります。

一日中ゲームをやってダラダラ引きこもるのは
人格を荒廃させます。


しかし、目的を持って
ポジティブに引きこもるのは悟りへの近道です。



引きこもりの技術的な事は
必ず熟練したセラピストの指導を受けてください。

今日のお話は、
「引きこもり治療は正攻法でダメなら、
こういった手法もあるという事です」



成功するパターン

当ブログを熟読され、当カウンセリング理論に
自ら興味を持たれた方。

(本人様の確固たる意志を確認させていただきます)

しっかり瞑想し、社会に巣立っていき
社会貢献していきましょう。



お断りするパターン

周囲の人に無理やり連れてこられて
周囲の人が「先生お願いします」というケースは
お断りしております。
本人の「本当の」意志が確認できません。

またヤル気の無い方もお断りしております。


クライエントさんのためにならない依頼は
プロとして受けません。


「向上心」のある引きこもりの方は治ります。

しかし、「向上心」のかけらもない
引きこもりの方は治りません。

最終的には本人様の問題です。


向上心は自分で出すもの。
そこは心理カウンセラーも精神科医もどうする事も出来ません。
(心理技術的な事は私達が指導しますが)


*尚、当カウンセラーは伝統寺院とは関連はありますが
おかしな宗教団体、自己啓発団体とは一切関係ありません。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:ひきこもり - ジャンル:心と身体

【2012/06/03 00:58】 | ひきこもり
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメント(名無しさん)へ
ショウセイ
コメントありがとうございます。
後ほどメールいたします。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/01/12(Mon) 13:50 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメント(名無しさん)へ
コメントありがとうございます。
後ほどメールいたします。
2015/01/13(Tue) 10:41 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック