マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「一休さんの心理学」



これは我らが昭和時代の名作アニメ・・
「一休さん」を思い出してほしい。


足利義満公から
無理難題を押し付けられた時、

いつも一休さんは、サッと坐を組み・・

「ポン・ポン・ポン・ポン・・・チーン!

と、ナイスアイデア(とんち)がひらめく訳ですね



これは
一休さんの心がどんな状態になっているか?




瞑想が深まりますと
「意識と潜在意識を隔てるフタ」が緩くなります。
意識、無意識

実は、人間の無意識(潜在意識)には
無尽蔵のアイデア(データ)が詰まっています。

私たちの脳は
本当は、ものすごく頭がいいんです。

眠った能力(潜在意識)を
出し切れてないだけなんですね。


瞑想が深まりますと
意識と潜在意識の風通しが良くなります。

潜在意識の中に眠ったアイデア(データ)が
浮かびやすい状態。
意識、無意識3

一休さんは、
そんな状態をうまく作っているんですね。


これは私たち、
マインドフルネス瞑想家も同じです。


仏式瞑想(マインドフルネス)は、主に
心の病を治すためのものです。


しかし、
当カウンセリングに通われている常連さん達は
ご存知かと思いますが

めちゃくちゃナイスアイデア(とんち)が
浮かんできてしまうんです。。

・仕事上の最高のアイデア
・究極の一発ギャグ(笑)
・現在直面している問題解決の糸口など・・・

ですが瞑想中は、
それを手放さなくてはいけないんですね(泣)



これは瞑想「上級者限定」の技ですが

まず今から始める瞑想は
A、「アイデアを出すためのものなのか」
B、「心の病、ストレスに対応するものなのか」


をしっかり決めてから坐る事です。


くれぐれも、ごちゃ混ぜにしないように・・

しかし基本は
Bの「心のお掃除」として瞑想を使う事。



今日のお話は、
「Bの基本が出来た上で」のお話です。


Bが出来ないのにAをやりますと
必ず妄想に巻き込まれ、心が疲れてしまいます。




一休さんの瞑想は、専門的に言いますと
「サマタ瞑想」といいます。

*ちなみに日本の禅はサマタ瞑想です。
一休さんは臨済宗(禅宗)の僧です。


ですので今から

・サマタ瞑想をするのか、
・マインドフルネス瞑想をするのか、
しっかり割り切って行う事です。


ただし、何度も言いますが
初級、中級の方は
マインドフルネス一本に絞って行ってください。
(特に心の病の方は)


すごいアイデアが出てきても
妄想、雑念と切り捨てます。




最後に・・・

実際の一休さんは
アニメのようにイケメンではありません。
肖像画を見ますと、けっこうヤバい人です。
(イメージ崩してすみません・・)

私は、いつもお供え物のお饅頭を食べ
和尚さんに叱られている
珍念(ちんねん)のキャラが好きでした。


それでは今日はこの辺で・・
本日のお話を締めくくらせていただきます


あわてない、あわてない
ひとやすみ、ひとやすみ♪



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

【2012/04/03 01:13】 | マインドフルネス心理療法とは?     (技術編)
トラックバック(0) |


rinko
v-22面白い切り口から話を展開なさいまして、大変興味深く読ませて頂きました。
一休宗純さん・・・本当はすごく生臭坊主ですしね・・・。ちょっと危ない系の雰囲気のかたですよね。肖像画・・・どん引きしました・・・。
しかし、すばらしく人間的で、瞑想の達人だったわけですね・・・。
素晴らしいお話をまたまたありがとうございます。

Re: rinkoさんへ
ショウセイ
v-22そうですね。一休宗純さんは賛否両論ですね。
でも豪快な生き方が魅力的です。

悟りすましたような顔をしている修行者より、
俗世間の中に入っていき、仏道の智慧を活かし
たくましく生きる事が「本当の悟り」かと思います。

そこには在家も出家も、聖も俗もないと思います。

一休さんに学ばされます。
一休イズムで生きていきたいものですね。

> 素晴らしいお話をまたまたありがとうございます。

いえいえ。貴重なコメントありがとうございました(合掌)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
v-22面白い切り口から話を展開なさいまして、大変興味深く読ませて頂きました。
一休宗純さん・・・本当はすごく生臭坊主ですしね・・・。ちょっと危ない系の雰囲気のかたですよね。肖像画・・・どん引きしました・・・。
しかし、すばらしく人間的で、瞑想の達人だったわけですね・・・。
素晴らしいお話をまたまたありがとうございます。
2012/04/03(Tue) 10:24 | URL  | rinko #-[ 編集]
Re: rinkoさんへ
v-22そうですね。一休宗純さんは賛否両論ですね。
でも豪快な生き方が魅力的です。

悟りすましたような顔をしている修行者より、
俗世間の中に入っていき、仏道の智慧を活かし
たくましく生きる事が「本当の悟り」かと思います。

そこには在家も出家も、聖も俗もないと思います。

一休さんに学ばされます。
一休イズムで生きていきたいものですね。

> 素晴らしいお話をまたまたありがとうございます。

いえいえ。貴重なコメントありがとうございました(合掌)
2012/04/04(Wed) 03:10 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック