FC2ブログ
マインドフルネス仏式瞑想・森田療法を使った「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング) 
「受随観」
(じゅずいかん)

うつ・神経症的な
疲れる心を軽くしていく技術
~入門編~



さて、今回は
マインドフルネス仏式瞑想、

入門~中級的技術である
受随観のお話をいたします。


*マインドフルネス仏式瞑想とは?
→ 伝統的な仏教瞑想を、うつ病や神経症など
心の病に対応できるようアレンジしたもの。




人は外部から入ってくる情報(五感情報)や
心の奥から浮かんでくる想念
(たとえば脳内トークなど)に接すると、

大きく分けて3つの反応をします。

・苦(嫌悪)
・楽(渇望・渇愛)
・不苦不楽(どちらでもない、中立)


不苦不楽は中立(どちらでもない)ですが
これも厳密に観察しますと、

微妙に苦か楽に
傾いているかと思います。
(そこも観察できると、なおよいです)


基本的には
苦(嫌悪)か楽(渇愛)の二つを観察します。

*どちらかサッと判定できない場合は
不苦不楽(どちらでもない)でも結構です。



マインドフルネス上級編では

その人の心(深層心理)に
何が引っかかっているか・・を明確に観察していく
「心随観」という技術を使いますが、


今回の「受随観」は、その前段階です。

受随観をしっかり意識して練習していきますと
「高度な心随観」に発展していきます。


受随観は、外部の情報や
心に引っかかっているものを細かく分類せず

大雑把に苦(嫌悪)か楽(渇望・渇愛)、
不苦不楽(どちらでもない)をフォルダ分けします。



たとえば、嫌悪フォルダは、
「細かな嫌悪要因」が複雑に組み合わさって
大きな嫌悪フォルダになっております。

パズルは細かなピースが集まって
一つの大きなパズルを形成しております。


・・・が、初級編では、

まだ細かな仕分けができませんので、
大雑把に、苦(嫌悪)か
楽(渇望)かを仕分けします。


マインドフルネス仏式瞑想中、
また普段日常で
(日常生活で行う瞑想)

今、心に触れたもの、
心に浮かんだものは

嫌悪(嫌い:苦)ですか?
渇望(好き:楽)ですか?


それが嫌悪なら
嫌悪に「想い・感情」を入れず
「ただ嫌悪」と観察します。

それが渇望なら
渇望に「想い・感情」を入れず
「ただ渇望」と観察します。


マインドフルネスの技術を使い
機械的に、客観的に、
人ごとのように観察します。

*(詳しい練習法はカウンセリングにて
マンツーマンでお稽古いたします)



たとえば、

嫌悪、渇望に「想いや感情」を
入れてしまいますと

それは炎上してしまい
「大きな苦しみ」になっていきます。


苦(嫌悪)

想い・感情を入れグーッと掴む

大きな執着性の強い
イライラ・怒りに発展


楽(渇望)

想い・感情を入れグーッと掴む

もっともっとほしい!欲望が暴走し
得られない事に苦しみます
(求不得苦:ぐふとくく)


*例えば昨今、社会問題となっております、
ストーカーなどはこの典型ですね。

さらにストーカーは、得られない事により、
愛が転じて、

破壊的かつ
自己中心的な「怒り」に変わります。


*名誉・権力・
我欲により愛を独占する・・など、
およそこの世の苦しみは、ここから始まります。


*ただし、この楽(渇望)に関しては、
社会の役に立つこと、ためになることを求め
精進することはOK。

それは渇愛・渇望というより
正精進(正業・正命)です。これは例外。



こんな感じで
嫌悪・渇望という種に

「想いや感情」という栄養を
与えてしまいますと

それは発芽し
苦しみという果実をつけます。


特にうつ・神経症的な思考の方々は、

それらの種に栄養を与えまくり、
「不必要なストレス」が
多くなるかと思います。


そして
疲れなくてもいいことに
毎日精神的に疲れ果てます。

結果、毎日の過剰なストレスにより
(慢性的ストレス脳)
脳の異常が起こります。


嫌悪・渇望の種が
成長する前に、

また、芽を出す前に摘み取り、
対処する練習をします。


これがクセになり、
相当修練しますと、

日常で、意識しなくても、
マインドフルネス仏式瞑想の技術が
自動で飛び出し、

うつ病・神経症をはじめ、
ストレスや、あらゆる心の病が
楽になっていきます。



ですがこれは、
まだまだ序の口。


次のステップ。
少し高度な技術である
「心随観」では、

なぜ嫌悪なのか?
なぜ渇愛(渇望)なのか?


深層心理にあるものを炙り出し、
瞑想的な対処を行い、


うつ病・神経症で
疲れ果ててしまう心を
根っこからお掃除します。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
なぜ深層心理にあるものを
炙り出すと楽になるのでしょうか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~

心(脳内)の未処理な情報を、
情報処理しやすくしてあげる



ストレス
→ 心・脳内の未処理な情報群
と、とらえることもできます。


深層心理の奥底にある、
思考・感情など
情報処理できていないから
ストレスになります。


情報処理が完結していきますと、
スッキリしてきて、とらわれがなくなり、
楽になっていきます。


何かよく分かっていないから
ストレスになります。
(未処理な情報)


自分はなぜ
こういった感情が出てくるのか?

それにより、何でいつも
こういった行動をしてしまうのか?



何かよく分かっていなかったものが、

明確に分かるようになっていき、
「対処できるように」なっていきますと、

どんどん心が軽くなっていき、
生きるのが楽になっていきます。






======================
『今回のポイント・まとめ』

~受随観~

・五感情報や
心(頭)の中に浮かび上がってくる
想念、脳内トークなど。

・それらに対し、想いや感情を入れず
「苦(嫌悪)」か「楽(渇望・渇愛)」か
客観的に淡々と観察。仕分けする。

・想いや感情を入れますと、
炎上してしまいますので、
客観的に機械的に行います。
======================


まだ初歩の初歩の技術ですが、

まずこんな感じで簡単に
情報処理の手助けをしていきます。


マインドフルネス仏式瞑想が、
かなり上達していきますと、

カウンセリングや精神分析は
要らなくなっていきます。

「なぜなら
自分で出来てしまいますので」


カウンセラーや精神分析家に
依存せずとも

自分で自分の心を
修理できるようになっていきます。

これぞ究極の心理療法かと思います。









*私信

昨日、遠方からいらっしゃったクライエントさん。
北海道から、はるばるお越しくださり
ありがとうございました。

昨日の授業の内容を書いておきましたので
復習に役立ててくださいね。

そしてマインドフルネス仏式瞑想により
ストレスを軽減し、幸せで楽しい人生を送ってください。

一生懸命学んでくださって、ありがとうございました。
またいつか一緒に勉強しましょうね。

お幸せでありますように。
(おみやげ、ありがとうございました)






【2012/03/18 18:38】 | マインドフルネス 「初級~上級」
トラックバック(0) |


道産子
先日は、有意義な時間をありがとうございました。
日々の中で、受随観を上手に取り入れられるように、
教えていただいたことを忘れず、続けてみます!


Re: 道産子さんへ
ショウセイ
いえいえ。こちらこそありがとうございました。

日々の生活の中、心を観察し、心に触れたものや
心の底から「モヤモヤ」っと出てきたら

それが渇望(楽)なのか、嫌悪(苦)なのかを
スキャンの要領で「思考、感情」を入れず
平静な心で観察しましょう。

するとその種が
ストレスに発展するのを防ぐ事が出来ますよi-179

また、モチベーションが下がったり、
分からない事がありましたら、遠慮なくメールください。

お幸せでありますようにi-260

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
先日は、有意義な時間をありがとうございました。
日々の中で、受随観を上手に取り入れられるように、
教えていただいたことを忘れず、続けてみます!
2012/03/19(Mon) 21:45 | URL  | 道産子 #-[ 編集]
Re: 道産子さんへ
いえいえ。こちらこそありがとうございました。

日々の生活の中、心を観察し、心に触れたものや
心の底から「モヤモヤ」っと出てきたら

それが渇望(楽)なのか、嫌悪(苦)なのかを
スキャンの要領で「思考、感情」を入れず
平静な心で観察しましょう。

するとその種が
ストレスに発展するのを防ぐ事が出来ますよi-179

また、モチベーションが下がったり、
分からない事がありましたら、遠慮なくメールください。

お幸せでありますようにi-260
2012/03/20(Tue) 04:38 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック