マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
生き辛さ
「我(が)が苦しみの元」



私が傷つきたくない
私を認めて
私を愛して
私の言う事を聞いて
私を守りたい
私だけが出世したい

私が、私が、私が・・・


なぜ苦しいのでしょう?
なぜ心の病が治らないのでしょう?
なぜ生きるのが辛い?


「我が苦しみの元」



俗世に生きるには
多少は我があってもよいのですが

なんでもモノは加減。
我が強すぎると生きるのが辛くなります。


また
一見、穏やかそうにみえる方でも
潜在的に我が強い人は
心の病に苦しみます。



「無我」

我(が)とは一体何でしょうか?

我とは自分の
頭のイメージで作り上げた幻想の自分。



・私はもっと偉いはずだ
・私はもっと愛されるはずだ
・私はこんなことをするような身分じゃない
・私はもっと認められるはずだ
など

頭で作り上げた
「イメージの自分」が傷つきたくないので

そんなものを守るために
一日のほとんどのエネルギーを使い
疲れ果てます。

本来、我(が)など無いんですけどね。




禅、瞑想は
我(が)の執着を緩めていく技術

心の病に対する究極の心理療法


生きるのが楽になってきます




↓ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

【2012/01/06 10:12】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック