マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「うつ病の良いところ」



鬱って一体何なのでしょうね


鬱は一生の大きな流れの中で
自分をメンテナンスする材料かもしれませんね。



一生に一回は、
うつ病を経験し
克服のプロセスを体験すると良いかもしれません。

自分の本当の弱さを知って、
それを目をそらさず、しっかり受け入れるためにも・・・


人生観がガラリと変わります。


例えば
横暴な生き方をしていた人も

鬱を経験し克服しますと
少し優しくなります。


ひどいネガティブ思考だった人が
鬱を克服しますと
穏やかにポジティブになります。


ごう慢な若者も
鬱になり克服しますと
少し深みと落ち着きが出て、カッコイイ大人になります。



そして、
うつ病は学べば学ぶほど奥が深い。

鬱は様々な事を教えてくれます。
学校では教えてくれない
究極の学問です。


鬱を学ぶと、よい哲学者になれます。

さらに
うつ病になり克服しますと

よい思想家になれるかもしれませんね。



鬱鬱是好日




【2011/11/05 15:35】 | うつ病
トラックバック(0) |

完璧求め、疲れ中
向き合い中
ちっぽけなプライドの捨て方ありますか?
プライドなんかないはずが・・・
やっぱり、変なプライドが邪魔をするのかな~?


Re: 名無しさんへ
ショウセイ
まず、必要なプライドと
不必要なプライドの仕分け作業をします。

「我(が)」に対する執着がありますと
不必要なプライドに執着しがちですね。

おかしなプライドの根底にあるものは
なんでしょうか?


それが「我(が)」です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
完璧求め、疲れ中
ちっぽけなプライドの捨て方ありますか?
プライドなんかないはずが・・・
やっぱり、変なプライドが邪魔をするのかな~?
2012/02/19(Sun) 20:11 | URL  | 向き合い中 #-[ 編集]
Re: 名無しさんへ
まず、必要なプライドと
不必要なプライドの仕分け作業をします。

「我(が)」に対する執着がありますと
不必要なプライドに執着しがちですね。

おかしなプライドの根底にあるものは
なんでしょうか?


それが「我(が)」です。
2012/02/20(Mon) 21:45 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック