マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
うつ病「人間関係に気をつけよう」
~ミラーニューロン活用法~



脳の前頭葉・頭頂葉に
「ミラーニューロン」

という神経細胞があると
言われております。


ミラーニューロンは
人マネをしようとする細胞です。

人の痛みを分かってあげたり、
共感する機能の
一役をかっています。



デメリットを言いますと
良くも「悪くも」
マネしてしまいます。

例えば、
性格の悪い人達の集団と、
ずっと一緒にいますと

悪い性格・行動パターンが
似てくるケースがありますね。

それは
ミラーニューロンの
影響かもしれません。


また、うつ病や神経症の方は、
ネガティブな人と群れていますと、

さらに心の病が悪くなる
可能性があります。

*(例えば、患者の会も、良い集まりと
悪い集まりがあると思います。
悪い集まりでしたら
スッと離れた方がよいかと思います)


逆に、ポジティブで
健全な考えをもった方と
一緒にいますと

ミラーニューロンが
無意識的にマネをして

良くなっていく
可能性もあります。



またミラーニューロン
活用法として


「相手にとってもらいたい態度を
こちらがしていますと、相手が無意識的に
そういった態度をしだします」


例えば、
「職場でニコッと
笑顔で挨拶してみる」

「辛そうな人がいたら
微笑んで接してあげる」


するとミラーニューロンが影響し
最初は変わらなくても、

相手もそのうち
笑顔になってきます。


関係が、こう着した時ほど
「仕草・態度・表情のことば」
(非言語コミュニケーション)の活用
をオススメいたします。


非言語コミュニケーションは、
(ノンバーバルコミュニケーション)

潜在意識に
ダイレクトに入ってきます。



ミラーニューロンは
無意識的にマネをする。

相手の心理・行動パターンを
コピーしようとします。


ですので、
それをポジティブに
活用したいものですね。


鬱病の方なら、
ネガティブな人と接するのではなく、

なるべく良質な知識と
経験を兼ね備えた

ポジティブな人と
接すると良いかもしれません。
(それはリアルでも、ネット上でも)



周りにそういった人が
いなければ、

良質な智慧、
パワーを兼ね備えた

心理カウンセラーさん、
セラピストさんと

「接する機会を増やす」と
よいかと思います。


なぜなら、ミラーニューロンが
無意識的に「それをコピーしようと」
どんどん発火します。


心理学では「情動感染」
といいます。

心のエネルギーは
脳的に言って「伝播します」



うつ病患者の周囲の人は
鬱病の方に対し、

なるべく朗らかに
智慧ある態度で接してあげる。


ミラーニューロンが
良い方向に動き出すかと思います。




~~~~~~~~~~~~~~~~

金子みすゞさんの詩を
紹介します。

(仏教的な世界観を持った
大正時代の詩人)



「こだまでしょうか」


遊ぼうっていうと
遊ぼうっていう。
 
ばかっていうと
ばかっていう。

 
もう遊ばないっていうと
遊ばないっていう。

 
そうして、あとで
さみしくなって、
 
ごめんねっていうと
ごめんねっていう。

 
こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。

~~~~~~~~~~~~~~~~




優しい態度や
智慧ある言葉を粘り強く
かけ続けると

いつか相手も
変わってくるかもしれませんね。


うつ病のあの人も

気まずくなった家族も

職場の部下も

ケンカ中の恋人も・・・



こだまでしょうか
いいえ、誰でも。





【2011/11/08 15:01】 | 脳神経細胞 「ミラーニューロン活用法」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントさんへ
ショウセイ
了解しました。

後ほど訪問させていただきます。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/09(Wed) 01:45 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントさんへ
了解しました。

後ほど訪問させていただきます。


2011/11/09(Wed) 13:32 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック