マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
マインドフルネス
~心の病に対する、心理療法としての瞑想~



さて、スカイプ・電話カウンセリング(コーチング)の方から
坐り方が分からないという質問がよくありますので
写真を掲載しておきます。




1、半跏趺坐(はんかふざ)

半跏趺坐

半跏趺坐2

片方の足を
ももに乗せます。
(左右どちらでも可)



2、達人坐(たつじんざ)

達人座1

片方の足を股関節に引き寄せ
その上に、もう片方の足を乗せます。

くるぶしとくるぶしが重なると痛いですので
少しずらして重ねるとよいです。



3、結跏趺坐(けっかふざ)

結跏趺坐

両足を、ももに乗せます。
組み方は左右どちらが上になってもよいです。
*ちなみに写真は吉祥坐
(魔を退散させる座り方といわれております)


日本の禅では
写真と逆の組み方が正式とされていますが
(降魔坐)

あまりこだわりすぎますと「執着」になりますので、
マインドフルネスでは、どちらでもかまいません。
(あくまで坐が安定するのが目的ですので)


*ネクタイやネックレスは外してください。
写真は仕事帰りに、屋外で撮影しましたのでベルトをしておりますが
室内ではベルトも外し、坐るに楽な服装で行いましょう。
(全身の自然な感覚を感じるためです)


長い時間坐るのは「1か2」がオススメです。

ですが
これらの座り方がキツい人は
あぐらや正座でもかまいません。



「座布団について」


写真のように、まず座布団を一枚敷き
その上にもう一枚、座布団を半分に折り、
おしりの下に重ねて坐るとさらに安定します。

座布団

↓こんな坐禅・瞑想専用のものもあります。
坐蒲



「手に関して」


マインドフルネスでは
印(法界定印)は組みません。

宗教ではなく
心理療法としての瞑想です。



とらわれなく
自然な感じで手を重ね
お腹の前に置きます。

座禅1


「目について」


日本の禅では「半眼」にしますが、
伝統的なマインドフルネスは「目を閉じて」行います。



「背筋に関して」


米国のマインドフルネスは
背筋をダラっとさせる方もみえますが

脳から身体の各器官に
神経伝達が円滑になりますので
背筋だけはスッと伸ばした方が良いです。
↓(うつ病と姿勢について)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-37.html


また背筋をスッと伸ばし
正しい姿勢を作り「型」を作りますと

心も「型に合わそうと」働き始めます。
姿勢を整えますと自信が出てきます。

心の病は型から入るのも一つの手です。


「外相整えば内相自ずから熟す」
(森田療法のことば)


禅1





FC2blog テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

【2011/10/13 07:54】 | マインドフルネス 「坐り方」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック