FC2ブログ
マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
~~~~~~~~~~~~~~~~~
認知療法から
マインドフルネス仏式瞑想へ
(入門編)

~~~~~~~~~~~~~~~~~


このカテゴリー
「マインドフルネスとは?(入門編)」は

認知療法
それを発展させた
マインドフルネスの特徴を

初心者向けに

若い子でもわかるように
書いていきます。



(理論派の方は、コチラからお入りください)
↓(マインドフルネス初級~上級)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-59.html
↓(マインドフルネス技術編)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-2.html
↓(マインドフルネス理論編)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-30.html



まずマインドフルネスを理解し、
身につける上で基礎となる

「認知療法のお話」をいたします。




こんなお話をいたします。


あるところに

よし子さんと
うつ子さんがいました。



今日は、職場の友人と

いろんなところに遊びにいき
楽しい一日を送りました。


友人から
「一緒にいると楽しいね!」

と言われました。




よし子さんは

「ほんと!うれしい~♪また遊ぼうね!」



対して、
うつ子さんは 

「この人、こうは言っているけど
本当は私のこと嫌っているに違いない」
(本当は楽しくないくせに・・・)
          ↓

「これって私に対する皮肉?
遠回しの悪口かも」
          ↓ 

「私はどうせみんなに嫌われているので、
死んだ方がマシだ。生まれてこない方がよかった。
あぁ。疲れる・・」




また、他のシーンでは、

よし子さんと
うつ子さんが

仕事で
同じ失敗をしました。



よし子さん 

「失敗しても、ここから
何か学べる事もあるな。頑張ろう」



うつ子さん 

「あぁ。私はいつも失敗をする。
何やってもダメ人間だ」
         ↓

「生きている価値すらない・・・
あぁ、もう疲れた。死にたい」




同じ出来事なのに


よし子さんは楽しい。

うつ子さんは
いつも被害妄想で鬱になる。

なぜだろう??



この違いは何なのでしょう?




心理学1




同じ刺激(S)に対して

ある人は「楽しい」

ある人は「不快、苦痛」という
違った反応(R)


================
カギを握るのは
モノのとらえ方
================


モノの見方、とらえ方を
変えてまいりますと

世界は変わり
生きるのが楽になっていきます。


*このモノのとらえ方の歪みの事を
心理学では「認知の歪み」といいます。

(認知の歪みについて、
詳しくは以下リンク参照)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-28.html



・・ただ、

これらは
「頭の理屈」で分かっていても

うつ・神経症の
修羅場が来た時、

分かっちゃいるけど、
実際使えませんね。



そのために
専門家(心理療法家・心理カウンセラー)に
ついてもらい、

日々、心理トレーニング・
お稽古をしていきます。


日々練習をすることで
モノのとらえ方(心の反応パターン)が
修正されていき、

いざ!という時に
使えるようになっていきます。



例えば野球でも
普段から
きちんと修練しておかないと、

いざ本番。試合で
バッターボックスに立った時、
ヒットが打てません。


これはピアノ、武道、
バレーボール、水泳、

どんなお稽古事でも同じですね。



うつや神経症も同じ。

普段からきちんと
心理トレーニングしておかないと、

うつ・神経症の波がやってきたとき、
使えませんね。



専門家
(心理カウンセラー・心理療法家)に
ついてもらい、

普段からしっかり
トレーニングしていきますと、

どこの職場、環境に行っても
(よほどブラック企業でない限り)

おかしなストレス反応をする事なく、
それなりにやっていくことが出来ます。



~~~~~~~~~~~~~~~
モノのとらえ方を
修理していきますと、
人生が変わっていきます。

外界を変えようとするより、
自分の認知
(モノのとらえ方)が変わると

世界(人生)が変わります。

~~~~~~~~~~~~~~~



*現在、心理学の世界では
認知(行動)療法と
それを発展させたマインドフルネスは

うつ病だけでなく、
神経症(不安障害)、パニック症、
摂食障害、各種心の病。

また一般の方のストレス対処、
教育、社員研修など・・

様々な分野で活用されております。



<続く>



---------------------------------------------
☆補足。

上記図式「R(反応)」のところ
「不苦不楽(中立)」は

「中立・どちらでもないと
思っているものも」

厳密に言いますと
微妙に0.1くらい・・・

「苦」か「楽」に揺れています。

(そこも観察できると、
なお良いですね)
----------------------------------------------






当心理カウンセリング、
心理療法(マインドフルネス仏式瞑想・森田療法)

お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


*「当心理相談所、
13年運営のポリシー」*

・当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありませんし、
一切関係ありません。

・またサプリや霊感グッズなど、
おかしな物品販売・勧誘等も一切ありません。

・悪質な自己啓発セミナーのように、
個別にしつこく勧誘・
セールスすることも一切ありません。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
著作権により保護されています
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。






【2011/09/20 18:57】 | マインドフルネス心理療法とは?     (入門編)
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



ジャガー
初めまして、ブログ見させて頂きました。
私も最近になりうつ病を発症し、休養中の身です。
治った時のためも含めてブログを書いてます。
もしよろしかったら相互リンクして頂きたいのですがどうでしょうか。
よろしくお願いします。

Re: ジャガーさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。
ジャガーさんの心の病が
良くなる事をお祈りしております。

後ほど訪問させていただきます。

Re: 鍵コメントさんへ
ショウセイ
こんにちは。
はい。台風は特に被害はありませんでした。
ありがとうございます。

さて、相談内容ですが

なるほど。寛解期ですね。
「寛解期について」のお話をします。

参考までに、今の状況から抜け出す
二つのヒントを貼っておきます。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-289.html

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-321.html


二番目のテキストの心理療法ですが、
世の中には様々な心理療法がありますので
自分に合った心理療法を選ばれるとよいかと思います。

一番目のやり方も良いですが、

心理療法で心の安全地帯を作り社会復帰・・・
というのが無難かもしれませんね。


後はその場に留まるか
一歩踏み出すかは自身の問題です。

苦しいかもしれませんが
決断するのは自身の問題です。
これだけは精神科医もカウンセラーも
どうすることもできません。

ですが、あえていいますと
「一歩踏み出すと、そこは探していた場所かもしれませんね」

それではご武運を祈ります。

はい。
いつかお会い出来るといいですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/22(Thu) 15:28 |   |  #[ 編集]
初めまして、ブログ見させて頂きました。
私も最近になりうつ病を発症し、休養中の身です。
治った時のためも含めてブログを書いてます。
もしよろしかったら相互リンクして頂きたいのですがどうでしょうか。
よろしくお願いします。
2011/09/22(Thu) 16:28 | URL  | ジャガー #-[ 編集]
Re: ジャガーさんへ
コメントありがとうございます。
ジャガーさんの心の病が
良くなる事をお祈りしております。

後ほど訪問させていただきます。
2011/09/23(Fri) 13:20 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
Re: 鍵コメントさんへ
こんにちは。
はい。台風は特に被害はありませんでした。
ありがとうございます。

さて、相談内容ですが

なるほど。寛解期ですね。
「寛解期について」のお話をします。

参考までに、今の状況から抜け出す
二つのヒントを貼っておきます。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-289.html

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-321.html


二番目のテキストの心理療法ですが、
世の中には様々な心理療法がありますので
自分に合った心理療法を選ばれるとよいかと思います。

一番目のやり方も良いですが、

心理療法で心の安全地帯を作り社会復帰・・・
というのが無難かもしれませんね。


後はその場に留まるか
一歩踏み出すかは自身の問題です。

苦しいかもしれませんが
決断するのは自身の問題です。
これだけは精神科医もカウンセラーも
どうすることもできません。

ですが、あえていいますと
「一歩踏み出すと、そこは探していた場所かもしれませんね」

それではご武運を祈ります。

はい。
いつかお会い出来るといいですね。
2011/09/23(Fri) 13:24 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック