マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「うつ病のパーソナリティ特徴」


「メランコリー親和型や執着気質などの
いわゆる鬱病」



自虐的、内省的、几帳面、仕事熱心、真面目、
頑固、意固地になる、粘着気質、頑張り屋、思考の融通が利かない、
気を使いすぎる、調和を重んじる、空気を読みすぎる・・・など

こんな感じですね。
これで疲れて鬱になります。

このタイプは
あまり頑張らなくていいです。



「新型うつ病はこれと真逆です」


「逃避(回避)型」、「未熟型」、「ディスチミア親和型」など
いろいろありますが、それらはまだ定義が曖昧ですので
全てひっくるめて「新型うつ病」の説明とします。


・メランコリー型のように、
ひたすら内省的ではなく
「自分を変えようとせず、周囲を変えようとする」
ひたすら相手の落ち度を突いてきます。
自虐的ではなく他罰的である。

・ヤル気は無いがプライドが高い。
趣味は出来るが仕事は鬱になる。

・メランコリー型や執着気質型のような熱血社員ではなく
それほど仕事熱心ではない。

・一足飛びに楽して結果を求める傾向

叶わない→無力感→鬱になる・・


・特定の、ごく限られた人には気を使うが
メランコリー型のように全ての人には気を使わない。
自己中心的な世界。

・約束を守らないことも多々あります。


・自分が傷つくことには極度に神経質になるが
他人が傷つこうがあまり関心がない。
(メランコリー型のような調和系の空気の読みではなく、
あくまで自分を守るための過度の空気読みです)


・頑張りすぎて鬱病になったのではなく
頑張らなさすぎて、生きがいを無くし鬱病になったタイプです。

・基本的に会社や組織への帰属意識はあまりない。



まさに現代の時代背景の象徴のような人達です。
昭和の鬱病とは異なりますね。


職場にもこういった方がみえると思います。
新型うつ病は特に10代~30代に多いと言いますが
年配の方にも、たまにみかけます。



*これらは全部が全部ではなく
こういう傾向にある・・という事です。

*これらの特徴は誰でも思い当たるフシがあります。

『病気かそうでないか・・・は
日常、社会生活に支障が出てるか?です』





さて・・いかがでしょうか?
いわゆるうつ病タイプとは真逆なんです。

もちろん対応の仕方も全く違います。


これらを比べてみますと
「いわゆる」定型うつ病の定義を
紋切り型のように持ってこられても・・
参考にはなりませんね。


ただ
新型うつ病の人は大変です

こういった特徴ですので
周囲の誤解や偏見にさらされます。


治したくて病院に行っても
「通常型の鬱病のカテゴリーに入れられ」
大うつ病の治療をされてしまったり・・・


・・・するかもしれません。


パーソナリティ的なことは(性格、モノのとらえ方
薬一本主義では治らないと思います。



<続く>



【2011/07/15 10:22】 | 新型うつ病 「現代人の心の病」
トラックバック(0) |


あるぽ
あるぽわなんかよくわからないです

自虐的、内省的、几帳面、仕事熱心、真面目、
頑固、意固地になる、頑張り屋、
気を使いすぎる、調和を重んじる、空気を読みすぎる・・・など

というと 極端に該当するとき と 全く真逆のとき の2つがある気がします
部活のことわとくに家に帰っても寝る前でも考えて かなり試行錯誤してたし 自分の意見を押し殺して できるだけ周りに合わせていました
勉強ができるのも 隠していたし 逆に運動が極端に苦手なので 体育祭や球技大会わ苦痛でした
でも仕事的にわ基本的に四角い感じの カッチリして枠におさまってないと気が済まないヒトなんですが お部屋わあまりキレイぢゃなかったり 休日わ寝てばっかりだったり なんか完全に干物状態です

だからこそなんかそーゆう精神医学的なものってゆうのわ すごく難しいんだなぁって思いました

Re: あるぽさんへ
ショウセイ
はい。なるほど。
それらの特徴が日常・社会生活に
極端に支障が出るレベルでしたら対処が必要かと思います。

ですが、それらの特徴はありますが、
まぁ普通に生活出来ていれば
あるぽさんの「個性」です。

もしそうであるならば
悪いものではありません。
そのまま精進してください。

「干物状態」・・・すごい表現ですね(笑)
私も連休はDVD観て、本読んで、ぐたーっと干物状態ですよ。

でも普通に仕事して社会生活に支障がありません。
楽しく生活しています。
それでいいんですよ。

ポイントは
それが病的なのか「個性」なのか?の見極めですねi-260

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あるぽわなんかよくわからないです

自虐的、内省的、几帳面、仕事熱心、真面目、
頑固、意固地になる、頑張り屋、
気を使いすぎる、調和を重んじる、空気を読みすぎる・・・など

というと 極端に該当するとき と 全く真逆のとき の2つがある気がします
部活のことわとくに家に帰っても寝る前でも考えて かなり試行錯誤してたし 自分の意見を押し殺して できるだけ周りに合わせていました
勉強ができるのも 隠していたし 逆に運動が極端に苦手なので 体育祭や球技大会わ苦痛でした
でも仕事的にわ基本的に四角い感じの カッチリして枠におさまってないと気が済まないヒトなんですが お部屋わあまりキレイぢゃなかったり 休日わ寝てばっかりだったり なんか完全に干物状態です

だからこそなんかそーゆう精神医学的なものってゆうのわ すごく難しいんだなぁって思いました
2011/07/15(Fri) 20:35 | URL  | あるぽ #Vak9OJZs[ 編集]
Re: あるぽさんへ
はい。なるほど。
それらの特徴が日常・社会生活に
極端に支障が出るレベルでしたら対処が必要かと思います。

ですが、それらの特徴はありますが、
まぁ普通に生活出来ていれば
あるぽさんの「個性」です。

もしそうであるならば
悪いものではありません。
そのまま精進してください。

「干物状態」・・・すごい表現ですね(笑)
私も連休はDVD観て、本読んで、ぐたーっと干物状態ですよ。

でも普通に仕事して社会生活に支障がありません。
楽しく生活しています。
それでいいんですよ。

ポイントは
それが病的なのか「個性」なのか?の見極めですねi-260
2011/07/16(Sat) 12:37 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック