マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
幻聴!?

と言いますと
統合失調症(陽性症状)かと思いますが・・・

実は鬱病でも重度の方ですと
幻聴が出る方もいるんです。
(少数派ですが)


例えば
私は皆に嫌われている・・・と日々考えていますと

ある日、頭の中のどこかで
自分に対する悪口がヒソヒソ聞こえてきたり。


街を歩いている時でも
どこからか怒鳴られるような声が聞こえてきたり・・・

人により様々な幻聴のパターンがあります。



うつ病と統合失調症は
似たような点がたくさんある病気なんですね。

特に統合失調症の陰性症状(感情鈍麻)は、
ほとんど鬱症状みたいなものです。
(プロの医師でも見抜くのは難しい)


潜在意識に押し込められたマグマのような
ネガティブな心的エネルギー

意識、無意識2


その人の生育歴、環境的要因などにより

うつ病と出てしまうか、統合失調症と出てしまうか
また神経症と出てしまうか・・・です。

意識、無意識3

元のは似たようなものなんです。

「マインドフルネス」では
それの事をアヌサヤ(潜在煩悩:苦しみの種)といいます。

知ってか知らずか、作ってしまったアヌサヤが
何かのきっかけで
どんな芽を出すかは「人それぞれ」という事です。



話は戻りますが
軽い幻聴ですと健常者でもあるものですよ。


例えば

職場から緊急連絡で
携帯がかかってくるかもしれない状況。



携帯に意識を「執着」させ生活しますと
ひょんな時に着信音が聞こえたような!!

いや、確かに聞こえた!


・・・で、携帯をみますと
「着信履歴ナシ」

皆さん
こういった経験ありませんか?





そうです
「幻聴は気分が作りだした幻想なんですね」


日々この概念を念頭に
生活してみてください。

こういった概念が数か月し

しっかり理解され
客観視できるようになっていきますと
幻聴は消えていきます。

*心理学では、
「無意識の意識化」といいます。


うつ病の鉛様麻痺(えんようまひ)もそうです。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-346.html


うつ病のまたの名を
「気分障害」


いつも気分に持っていかれて
何もヤル気が起きなくなり
億劫になっていきます。

そして一日中、布団の中です。
(私も患者時代そうでした)


日々心理療法を修練し、
「気分本位ではなく目的本位」で生活出来るように
精進していきます。


心理療法により気分に対する
「とらわれ」が緩くなっていきます。

すると、とても生きるのが楽になっていきますし、
うつ病の諸症状も自然に消えていきます。





【2011/06/15 05:38】 | うつ病と幻聴
トラックバック(0) |

行って参ります(^0^*)ノ
かじぺた
明日から八重山に行って参ります。

留守中、息子がお邪魔するかもしれませんが
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

Re: かじぺたさんへ
ショウセイ
おお。かじぺたさん。
コメントありがとうございましたi-260

いえいえ。こちらこそよろしくお願いいたしますm(__)m
気をつけて行ってきてくださいね。

また旅行のお写真楽しみにしてますi-179

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
行って参ります(^0^*)ノ
明日から八重山に行って参ります。

留守中、息子がお邪魔するかもしれませんが
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
2011/06/18(Sat) 17:21 | URL  | かじぺた #-[ 編集]
Re: かじぺたさんへ
おお。かじぺたさん。
コメントありがとうございましたi-260

いえいえ。こちらこそよろしくお願いいたしますm(__)m
気をつけて行ってきてくださいね。

また旅行のお写真楽しみにしてますi-179
2011/06/18(Sat) 21:27 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック