マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「むずむず脚症候群」(RLS)



むずむず脚症候群
まだ完全に解明されていない疾患です。

それは生物学的要因なのか?
心理学的要因なのか?

まだハッキリした定義はありません。

推定患者数、約200万人と言われておりますが
まだまだマイナーな疾患です。



むずむず脚症候群とは

脚に虫が這うようなムズムズ感

筋肉の内側から
言葉では言い表しようのないムズムズ感


ひどい方ですと
日常生活に支障が出るほどの方もみえます。

リラックス時や
就寝前が特に強くなるケースが多いようです。
(そのお話は後ほど書きます)


そして気にすれば気にするほど
ムズムズが強くなります。



普通の病院に行っても原因不明で
対応出来ないケースがあるかと思います。

しかし本人は深刻で
不眠や、場合によっては
ストレスから鬱を併発する危険性もあります。


最近は少し認知度が上がってまいりまして
よい薬が出たとも聞きます。


ドーパミン合成異常や鉄分欠乏など
様々な事が考えられます。

もしくは
他の疾患が隠れているかもしれません。

薬や生物学的要因に関しましては
カウンセラーの専門外ですので
「必ず」医師にご相談ください



まず病院で検査をして
「生物学的要因」を疑ってください。


そして、
しばらく様子をみて良くならない時

「心理学的要因」の可能性もあります。


これは
むずむず脚症候群だけでなく

うつ病をはじめとする
心の病全般に言える事です。


生物学的要因を疑って
改善されなかったら・・・

心理学的要因




今日のお話は

カウンセラーの専門分野
「心理学的要因」
「心理療法」の可能性について語っていきます。



一応、今回は仮説として
私の神経症体験談を語ります。



「むずむず脚症候群の神経症的視点」

それは
椅子に座ってリラックスしている時や
就寝前などに起こりやすい。


それはリラックス時
意識と潜在意識(無意識)を隔てるフタが緩くなるからです。
意識、無意識

リラックスしフタが緩みますと

無意識(潜在意識)に押し込めていました

日常のストレスや
不快な想念が噴き出します。

意識、無意識3

それは様々な形で

ある人は鬱

ある人はパニック

またある人は肩こり、腰痛、頭痛
脚のムズムズ感・・・

人によって様々です。



ここでは脚のムズムズ感
焦点を当ててみましょう。


私が神経症患者時代
寝る前に

何気に、非常にささいな感覚ですけど

脚がムズっとしたような・・・


その感覚に「とらわれ」ていますと

またムズっ・・・

ムズムズ・・・

やはり確かにムズムズする!
気のせいじゃないかも・・!


さらに「執着」しますと

また
ムズムズムズっ・・・

止まらなくなる


そして
気になって気になって眠れない。



これは神経症特有
「精神交互作用」です。


気にすれば気にするほど
不快な感覚に「とらわれ」
悪循環が始まり

抜け出せなくなる。

ここでのキーワードは
「とらわれ」「執着」です。


次回は
「とらわれ」「執着」に対する
対処法について語ります。


<続く>





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

FC2blog テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

【2011/06/13 08:13】 | むずむず脚症候群とマインドフルネス
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック