マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「カラーセラピー」


鬱に良い色「グリーン」


それは
光の波長(可視光線)の真ん中の色
(500~550nm)


うつ病の方の思考は
「100か0か」
「全か無か」

のように偏りがち。

偏っているがゆえに
いつもピリピリ緊張してるんですね。
そして疲れて落ちる・・・


は真ん中を司ります。
真ん中は安心。

偏りがちな思考を
「中道」に戻しバランスを取ります。

アベンチュリン1
(我が家の水晶クラスター)


先日、たまに行くアクセサリー屋さんで
アベンチュリンの数珠ブレスを買いました。

普段の生活で
何気に目に入るように
「グリーン」
を身につけましょう


目から入った緑の光波長は

視細胞でキャッチ

視神経を通り

脳に伝達

パルス信号になり
脳に安らぎを与えます。




そして・・・大切な人にとって
グリーンのような人になれるといいですね



今から関西出張に行ってきます

それでは皆様ごきげんよう




↓ランキング参加しております。よろしければクリックお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
3クリックしていただいた方へ・・・ご支援ありがとうございましたm(__)m

FC2blog テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

【2011/05/18 05:56】 | カラーセラピーの視点
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック