マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「うつ病の思考パターン」
~うつ病的、反芻(はんすう)思考~


うつ病的、反芻思考とは
過去に起こったイヤな体験などに執着し
それを何度も戻し、
わざわざ苦しみ直す思考です。

そういった事に
一日の貴重なエネルギーを使い果たし
何もやる気が起きなくなってきます。

(私が鬱病患者時代
これの典型的パターンでした)


また、過去の過ぎ去った出来事に執着
そこから抜け出せない思考の事。






過去の異常な執着

それは「現在、これから」を拒絶し
過去に生きていたい。
(未来の拒絶)

脳が現在から未来に
対応できなくなっていく・・・
過去を生きる脳になっていく。


・過去にしか対応できない脳と

・現在、そして・・これからに対応できる脳


どちらが生きるのが楽になるか

心理療法で実験してみるのを
オススメいたします。


過去の執着・・・

それをグーッと掴んで放さないと
もれなく鬱病はついてきます。


「過去の執着は
マインドフルネスの技法を修練し
捨ててしまいましょう」




私達の心臓って
過去を生きるためではなく

「現在を生きるために動いている」



「現在、これから思考」の方が
自然で健全かもしれませんね。



【2011/05/15 06:50】 | うつ病、神経症の「思考パターン」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック