マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「うつ病的な方の、
朝の身体の動かなさ・・・」


これは、うつ病経験者の方は
よくご存知かと思います。


さて
朝、身体が動かない時

頭の中はいかがでしょうか?
観察してみてください。


「今日あれやって、これやって・・
ああ!あれもやらなくちゃ・・・」


こんな思考でがんじがらめになり


最終的には
「あぁ・・面倒くさい・・・」

また寝てしまうんです。。


読んでいてギクリ!「そう。その通り!」
と感じた方、多いかと思います。

うつ的な方の思考パターンは
一見、ただダルいようにみえますが
実は複雑すぎるほど複雑なんです。



朝ダルくて動けない時
まず思考をシンプルにしましょう。

あれやって、これやって・・・
を一旦止め

「まずやる事を、一つに絞ってください」

例えば
お風呂入って、洗濯して、食事して、トイレ掃除して・・
あ・しまった!郵便局に行かなくちゃ・・・


まずこれを一旦止めます。


そしてまず、第一選択をしてください。
仮に「お風呂」にしましょう。

そう設定しましたら
お風呂以外の選択肢をストップ

「身体を動かし、
お風呂に入るにはどうすればよいか」
それだけに意識を向けます。

その他の思考はストップ。



そうしますと
ごちゃごちゃでした思考回路が
スムーズに働きます。

脳の指令がスムーズに行き渡ります。


布団から起き上がるまで
少々時間はかかってもよいです。

「お風呂に入るためには
どうすれば身体が動くか」


それのみに意識をスッと向けます。


そして・・・

身体が動き、
お風呂に入る作業を始める事ができたら
うつ病的な方は強い!


うつ的性格の方は一旦動き始めると
普通の人以上に、パーフェクトに活動します。

後は芋づる方式で
洗濯→食事→トイレ掃除→郵便局・・・

今日一日、
充実した日が送れるでしょう




~まとめ~


動けない時は頭が思考、妄想で
ごちゃごちゃになっております。

一旦停止し、
選択肢を一つに絞ってみてください。

動きやすくなります。


そして、几帳面・完璧主義の
うつ的な方は、
動き始めると普通の人より能力が高い。

たとえば、掃除をやり始める時、
とても億劫ですが、

一度やり始めると止まらなくなり
パーフェクトにやり遂げます。

うつ的性格の特性を
上手に活かしましょう。



山中紹聖のカウンセリング・心理療法

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html



【2010/08/12 13:11】 | うつ病
トラックバック(0) |

こんにちは
なべ酒造
ご無沙汰しております。

分かりやすいですねぇ。
確かに調子が悪い時ほど、あれこれ考えて行動している気がします。

一つ一つに目標を設定すればいいのですね。

簡単な事ですが気付かなかったです。。。

Re: なべ酒造さんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。


> 確かに調子が悪い時ほど、あれこれ考えて行動している気がします。


選択肢を一つに絞り、一つ一つ片づけていくと思考が楽になり
行動しやすくなるかと思います。

> 簡単な事ですが気付かなかったです。。。


鬱は視点を変えますと、人生の中で貴重な時間なんです。
潜在意識が大きくバランスを取っている時です。

鬱の時にしかできない事を
いろいろ実験してみるとよいですよi-179

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
ご無沙汰しております。

分かりやすいですねぇ。
確かに調子が悪い時ほど、あれこれ考えて行動している気がします。

一つ一つに目標を設定すればいいのですね。

簡単な事ですが気付かなかったです。。。
2011/05/07(Sat) 16:40 | URL  | なべ酒造 #-[ 編集]
Re: なべ酒造さんへ
コメントありがとうございます。


> 確かに調子が悪い時ほど、あれこれ考えて行動している気がします。


選択肢を一つに絞り、一つ一つ片づけていくと思考が楽になり
行動しやすくなるかと思います。

> 簡単な事ですが気付かなかったです。。。


鬱は視点を変えますと、人生の中で貴重な時間なんです。
潜在意識が大きくバランスを取っている時です。

鬱の時にしかできない事を
いろいろ実験してみるとよいですよi-179
2011/05/08(Sun) 06:01 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック