マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
マインドフルネス
~心の病に対する、心理療法としての瞑想~


さて、
初めてマインドフルネス(仏式瞑想)をする時

「必ず心や身体は、逃げようとします」


~心や身体の反応は~

「足がしびれる」「身体がダルい」
「億劫だ・・」

「お腹がすいた」「明日の仕事の予定は・・」
「あ・メールをしなくちゃ・・」
などなど

心はこんな抵抗をしてきます。
集中出来ません。


これらの状態(妄想、雑念)が
「各種、心の病の種」なんですね。

マインドフルネス瞑想では
心の病の正体は「妄想に対する執着」ととらえます。


逃げようとする心と体を
マインドフルネスで数十分、留めておきます。

ます、自分の身体の動きを
「ピタリ」と止めます。

↓(準備:姿勢の整え方)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-763.html

そして自分の
「心と身体の反応パターン」をしっかり観察。


初めのうちは難しいですが
慣れてきますと、それらが「人ごとのように」
客観的に観察できるようになってきます。

もっと上達しますと
「うつ状態が、生起→生成→消滅・・・
していくプロセス」を

まるで理科の実験のように、
客観的に観れるようになっていきます。



マインドフルネス瞑想は、
あくまで自主的に行います。

義務で瞑想を行いますと続きません。

「絶対心の病から良くなりたい!」という
自らの強い意志で行いますと
物事はよく続きます。


これは心理療法(瞑想)でなくても
お稽古事や勉強もそうですね。

義務ではなく
「やりたい(学びたい)という意志」で行います。



さて、ここで
「第一の魔境」が現れます。

それは「疑」

---------------------------------------------------------------
「これやって何になるのか・・・?」
「こんな意味の無い退屈な事やめてしまおう・・」
「本当に私は良い方向に向かっているのか・・・?」

などなど。。
---------------------------------------------------------------

ここで「疑」にとらわれる事無く、
心理技法を使い
「疑」を手放せれば良いのですが

「疑」に持っていかれる方がいます。


そういった方は、ほとんどの場合、
悪い心の防衛機制がかかっています。

「疑いの本当の正体」は、これかと思います。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-245.html


ここがポイントです。

この魔境を通り越せば後は簡単です。


「疑」に持っていかれる方。
このままいけば、せっかく良くなるのに・・・
非常にもったいないと思います。


しかし、
それは自分の意思で決めてください。

やるも止めるも自分の意思。

どちらも尊重いたします。

当カウンセラーは
一切強制はいたしませんし
去る者追いません。

(しつこい勧誘等も一切ありません)


当カウンセリングの
成功率が高いのは

ここに秘密があります。
「自分の意思」です。


心の病

今まで数十年間刻み込んできた
心や脳の悪い反応パターンを
修正していくのは、けっこう大変な事です。

どちらかが勝手に頑張るのではなく

心理療法家とクライエントさん、
双方の努力が必要。
「治療同盟」であり共同作業です。


かつて、十数年前の話ですが、
私自身、精神科に何年も通っていました。

元うつ病・神経症(強迫性障害)患者として
患者目線で言いますが


従来型のカウンセラーがただ、
話をフムフム聴くだけで
良くなる事はありません。

また、抗うつ薬・抗不安薬をズルズルと
惰性で飲んでいるだけ・・・でも
治る事はありません。

*(ただし薬は、とりあえずの辛さを散らす
対症療法にはなりますが「根治には至らない」)



さて話を戻します。

日々マインドフルネスの修練に打ち込み、
何度かやっておりますと
とうとう暴れ馬の心は観念します。

ざわつく心。
プカプカ浮かぶ妄想(自動思考)は

少し鎮まります。

うつ病、神経症など心の病が
少し楽になってくる時です。


まずここまで至るのに数週間、

あるいは数か月かかるでしょう。
(個人差あり)



はい。
ここからが本当のスタートです。

下地が出来ましたら
潜在意識の奥深く眠っています、
ネガティブなものへの対処に入ります。

意識、無意識2


この続き(マインドフルネス中級、上級編)はこちら。
さらに深いお話に入っていきます・・・


http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-59.html


*参考までに・・・
マインドフルネス(瞑想)で心の病が回復するプロセス

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-27.html


「仏式瞑想」はアジアの世界に誇れる文化。

そして・・・最強の心理療法です。

「現代心理学と仏式瞑想」を融合します。



カウンセリング・心理療法について

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html




【2011/04/24 15:55】 | マインドフルネス 「初級~上級」
トラックバック(0) |

ぜひ続きを!
ふわり
気付き・励みを頂いています。いつもありがとうございます!

まさに今、頑張りすぎず“逃げグセ”のシッポを掴みかけています。
本当はどうでもいいことを頑張りすぎ、本当は一番大切なことにエネルギーを回せず疲れ果て、苦しかったのだなあ
これまでの自分との間に隙間ができ、やっと腑に落ちてきた者です。

「下地が出来ましたら
潜在意識の奥深く眠っています、ネガティブなものの
除去作業に入ります。

春、年度始め、震災、いろんなことが生まれ変わる時期、
ご多用中と思いますが、ぜひ続きをお願いします!!そして、くれぐれも心身ともにご慈愛ください。


Re: ふわりさんへ
ショウセイ
こんにちは。

> 気付き・励みを頂いています。いつもありがとうございます!

いえいえ。
こちらこそご丁寧なコメントありがとうございます。


> まさに今、頑張りすぎず“逃げグセ”のシッポを掴みかけています。
> 本当はどうでもいいことを頑張りすぎ、本当は一番大切なことにエネルギーを回せず疲れ果て、苦しかった


ふわりさんは、とても自分を客観視できていて
自己洞察力が素晴らしいと思います。

客観的に気付いていれば大丈夫ですよ。


> これまでの自分との間に隙間ができ、やっと腑に落ちてきた者です。


まっすぐで実直なものは、
案外折れやすいものでございます。

そこに適度な隙間が出来ますと、
しなって力を分散し折れにくくなります。

貴重な隙間かと思います。


> 春、年度始め、震災、いろんなことが生まれ変わる時期、
> ご多用中と思いますが、ぜひ続きをお願いします!!そして、くれぐれも心身ともにご慈愛ください。


お気づかいありがとうございます。
春は生まれ変わりの時期・・・良い言葉ですね。

過去のとらわれを手放し
「これからどう生きていくか?」を見直す貴重な時期です。
新しい自分に転生したつもりでいきたいものですねi-179

はい。続きは文章で表現するのは
かなり難しいものがありますので、
読んでくださる方々が混乱しないように慎重に
機が熟した時に書こうかと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
ふわりさんがお幸せでありますようにi-260



山中紹聖

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントMさんへ
ショウセイ
はい。まずそれは我(が)が作り出した幻想です。

> それが、浮かんでくるのに、ぐっとこらえるのに、
> せいいっぱいです。
> こういう時は、どうすべきでしょう?

ぐっとこらえますと「抑圧」になりますので

浮かんでくるようでしたら
浮かぶがままに観察してください。

そこに思考や感情を入れますと
「とらわれ」が強くなっていきます。

平静な心で淡々と観察してください。

そして「とらわれ」が緩くなりましたら
再び感覚の観察に戻してください。

それではメールレポートお待ちしております。


山中紹聖

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ぜひ続きを!
気付き・励みを頂いています。いつもありがとうございます!

まさに今、頑張りすぎず“逃げグセ”のシッポを掴みかけています。
本当はどうでもいいことを頑張りすぎ、本当は一番大切なことにエネルギーを回せず疲れ果て、苦しかったのだなあ
これまでの自分との間に隙間ができ、やっと腑に落ちてきた者です。

「下地が出来ましたら
潜在意識の奥深く眠っています、ネガティブなものの
除去作業に入ります。

春、年度始め、震災、いろんなことが生まれ変わる時期、
ご多用中と思いますが、ぜひ続きをお願いします!!そして、くれぐれも心身ともにご慈愛ください。
2011/04/25(Mon) 11:02 | URL  | ふわり #-[ 編集]
Re: ふわりさんへ
こんにちは。

> 気付き・励みを頂いています。いつもありがとうございます!

いえいえ。
こちらこそご丁寧なコメントありがとうございます。


> まさに今、頑張りすぎず“逃げグセ”のシッポを掴みかけています。
> 本当はどうでもいいことを頑張りすぎ、本当は一番大切なことにエネルギーを回せず疲れ果て、苦しかった


ふわりさんは、とても自分を客観視できていて
自己洞察力が素晴らしいと思います。

客観的に気付いていれば大丈夫ですよ。


> これまでの自分との間に隙間ができ、やっと腑に落ちてきた者です。


まっすぐで実直なものは、
案外折れやすいものでございます。

そこに適度な隙間が出来ますと、
しなって力を分散し折れにくくなります。

貴重な隙間かと思います。


> 春、年度始め、震災、いろんなことが生まれ変わる時期、
> ご多用中と思いますが、ぜひ続きをお願いします!!そして、くれぐれも心身ともにご慈愛ください。


お気づかいありがとうございます。
春は生まれ変わりの時期・・・良い言葉ですね。

過去のとらわれを手放し
「これからどう生きていくか?」を見直す貴重な時期です。
新しい自分に転生したつもりでいきたいものですねi-179

はい。続きは文章で表現するのは
かなり難しいものがありますので、
読んでくださる方々が混乱しないように慎重に
機が熟した時に書こうかと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
ふわりさんがお幸せでありますようにi-260



山中紹聖
2011/04/25(Mon) 14:42 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/28(Sat) 14:43 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントMさんへ
はい。まずそれは我(が)が作り出した幻想です。

> それが、浮かんでくるのに、ぐっとこらえるのに、
> せいいっぱいです。
> こういう時は、どうすべきでしょう?

ぐっとこらえますと「抑圧」になりますので

浮かんでくるようでしたら
浮かぶがままに観察してください。

そこに思考や感情を入れますと
「とらわれ」が強くなっていきます。

平静な心で淡々と観察してください。

そして「とらわれ」が緩くなりましたら
再び感覚の観察に戻してください。

それではメールレポートお待ちしております。


山中紹聖
2012/01/28(Sat) 19:51 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック