マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
仏教から生まれた心理療法である
「マインドフルネス」

キリスト教国、アメリカで
心の病に対し、効果(エビデンス)が実証され流行っていて

仏教国、日本で流行らないのは、
とても滑稽なものでございます。。


日本には「禅(瞑想)」という
世界に誇れる文化があります。

我々日本人の集合的無意識の中には
悠久の歴史の中で、脈々と
仏教の文化や教えが根付いております。
集合的無意識

その点では受け入れやすいかと思いますが、


ただ日本で普及するにあたって
誤解が生じるかもしれません。

これは宗教なんじゃないのか・・・と。

しかし違います。


「マインドフルネス仏教瞑想」は宗教ではありません。


本来の仏教の瞑想という「心理技術」は
信仰を一切説きません。


「ただ、今、この瞬間の事実」のみを観ていく
科学的なものです。

原点のお釈迦様の時代の仏教は、
心理学・哲学の一体系でした。

後世の人々が勝手に、お釈迦様の心理学に手を加え
宗教・信仰(主に大乗仏教)にしてしまったんですね。


「本来の仏教瞑想」は心理学・人間学です。
「原点の仏教瞑想」は信仰の部分は触らず
事実・現実のみを淡々と観察するものです。



じゃあ
仏教の「瞑想」は何を信じているの??
といいますれば

それは「自分自身」と
「目の前の移り変わる現象(諸行無常)」を信じています。

・・・信じているというよりも
変滅するがままの世界を
「あるがまま」に観るということ。

「如実智見(にょじつちけん)」といいます。



・・・瞑想により、そんな視点が育っていき、
病的な我(が)・エゴが、どんどん緩んでいきますと

やがて、自分も地球を構成する
自然現象の一部という視点になっていきます。


自分の心の病の究極の原因は
我執(我への執着)だったんだ・・・と俯瞰できますと、

心の病からメキメキ回復していく
人生のコペルニクス的大転換が始まります。

そこから長年のうつ病・神経症(不安障害)は
消滅していきます。


*生き辛さの根本原因、我執(全15話)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-66.html




【2011/04/15 18:49】 | マインドフルネス心理療法とは?     (理論編)
トラックバック(0) |


yuu
こんにちは。


自灯明、法灯明ですね。
昔はこの教えの意味をよく理解できませんでしたが、今はわかる気がします。


ワークを通して色々な気付きがあったからだと思います(*^^)v


日々精進!
頑張ります(・∀・)

Re: yuuさんへ
ショウセイ
こんにちは。
コメントありがとうございます。
素晴らしい気付きですねi-179


> 自灯明、法灯明ですね。
> 昔はこの教えの意味をよく理解できませんでしたが、今はわかる気がします。
> ワークを通して色々な気付きがあったからだと思います(*^^)v

はい。
当カウンセリングプログラム全体のテーマになっております。
ですので「一人で出来る心理療法」なんですね。

「自分で自分をカウンセリング」出来るようになるのが
本当のゴールなんですよ。


> 日々精進!
> 頑張ります(・∀・)


怠ることなく精進を続けてくださいi-260


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。


自灯明、法灯明ですね。
昔はこの教えの意味をよく理解できませんでしたが、今はわかる気がします。


ワークを通して色々な気付きがあったからだと思います(*^^)v


日々精進!
頑張ります(・∀・)
2011/04/16(Sat) 14:36 | URL  | yuu #Bs/Xgq9g[ 編集]
Re: yuuさんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます。
素晴らしい気付きですねi-179


> 自灯明、法灯明ですね。
> 昔はこの教えの意味をよく理解できませんでしたが、今はわかる気がします。
> ワークを通して色々な気付きがあったからだと思います(*^^)v

はい。
当カウンセリングプログラム全体のテーマになっております。
ですので「一人で出来る心理療法」なんですね。

「自分で自分をカウンセリング」出来るようになるのが
本当のゴールなんですよ。


> 日々精進!
> 頑張ります(・∀・)


怠ることなく精進を続けてくださいi-260
2011/04/16(Sat) 17:02 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック