マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
~~~~~~~~~~~~~~~~~
うつ病、神経症的、
自動思考(認知の歪み)まとめ
~マインドフルネスの視点~
~~~~~~~~~~~~~~~~~


ブログでは、
うつ病、神経症的、自動思考(認知の歪み)を
7個挙げましたが

厳密に言いますと
10個あると言われています。
(諸説あり)


代表的なものだけ書きました。

そして心理カウンセリング的解釈も
書いておきました。


認知行動療法では、
これらの自動思考は良くないもので
修正していくという手法をとります。


しかしマインドフルネスは
少し視点が違います。

自動思考(認知の歪み)・・・

それは良くも悪くもなく、
平等に「歓迎」します。


「出てくるものはしょうがない」


私達は悟りを開いた
聖者ではありません。

具足煩悩(ぐそくぼんのう)の身。
それが人間なんです。


当プログラムでは
「自動思考は
自然現象として観察」します。


仏式カウンセリング的に言いますと

「煩悩(ぼんのう)」があるのは
しょうがない。

*(煩悩とは人間の悪い心、
悪い自動思考です)


私は煩悩(悪い心)がありません!
という方は

ほとんどの場合、
偽善者か詐欺師かと思います。

カルト宗教の教祖に
多いのではないでしょうか。
自分が観えていません。

聖者じゃあるまいし・・
生きてる限り煩悩は付きまといます。

それが人間なんです。


『煩悩を滅尽するのではなく
煩悩を整理整頓する』

『煩悩に対して上手に対応する』


の方が現実的かと思います。


これだけで
とても生きるのが楽になりますよ。


この俗世で
生き辛さを抱えている方。

マインドフルネス仏式瞑想生活を
おすすめいたします。

かつて私自身も患者時代、

うつ病・神経症地獄から
この心理療法で救われました。


「マインドフルネス仏式瞑想」は
信仰の類は触りません。

信仰に対し
否定もしませんし肯定もしません。


本来の(源流の)仏教瞑想は、

神や仏に
すがろうとはしません。

そういったものに対する
信仰は触れません。


2500年前、
お釈迦様が説かれた瞑想は

人間学であり心理療法・科学」に
近いものです。

(後世の人々が勝手に
信仰にしちゃいましたが)


ですので
宗教嫌いの現代人に
ピッタリの思想です。


また瞑想は、
宗旨宗派を越えて誰でも出来ます。
そして最強の心理療法です。

実際、当カウンセリングには
クリスチャンの方も、

当ブログに共鳴されて
いらっしゃる方がみえます。



さて
マインドフルネス瞑想では

自動思考(煩悩)を力技で
ねじ伏せる・抑え込む」のではなく

目をそむけて
逃げる」のでもなく


~~~~~~~~~~~~
第三の方法
それは「観察」します
~~~~~~~~~~~~


自動思考(煩悩)に対し

感情や思考を入れず、
淡々と観察します。


吹きすさぶ
感情の暴風に対し、

柳のようにしなやかに
淡々と見送ります。



最新式の心理療法
マインドフルネス(Mindfulness)は

なんか横文字ですが・・


この源流は仏教(禅や瞑想)の
修養法なんです。

そしてこの療法の根底には
「諸行無常」思想があります。



それは、この世の全ては
移り変わっていくということです。

今、ブログ読まれている方々も
100年後には
この世に誰もいません。

地球、太陽ですら
あと何十億年したら消滅します。


物質だけじゃなく
精神作用もそうです。

精神作用は
もっと変滅が早い。


----------------------------------------------
え!?でも、
「目の前の硬いコンクリートは
移り変わっていないのでは?」
----------------------------------------------


否(いな)

一見、硬くて
移り変わっていないように
見えるものでも

原子・・いや素粒子レベル」では
いかがでしょうか?

猛烈なスピードで、
移り変わっています。


一見移り変わっていないように
見えるものも

実は移り変わっているという
現実・事実があります。


生起→生成→消滅

諸行無常・・・

これは科学的にも
疑いようのない事実ですね。



そのどうしようも出来ない
「事実、現実」を

受け入れる事が出来ず、
あれこれ感情を入れ

どうにかしようとするから
「心のトラブル」が生じます。

うつ病、神経症は
その典型的パターンです。


例えば、
過ぎ去った過去に執着し

「ああしよう、こうしよう」とするから
苦しくなります。

過去にタイムスリップ出来ません。
過ぎ去った過去を
変えられるのでしょうか?


いつまでも
私のモノにしていたい。

いつまでも永遠に・・・と
執着しても、

現実・事実は
移り変わっています。


「いつまでも」の想いが
強ければ強いほど、

そうでない事実・現実に
遭遇しますと
苦しみは「倍返し」でやってきます。

強烈なストレスになります。



過ぎ去った過去や
まだ起こっていない未来に対する
「執着」を緩やかにし

=============
「今・現在・これから」
どう生きていくか。
=============


その具体的心理トレーニングの集大成が
マインドフルネス(仏式)瞑想」なんです。


欧米ではすでに、精神科領域で
効果が実証され盛んなのですが、

日本ではまだまだ
導入が遅れております。

(ここ2~3年くらい前から
ブームになりだしましたが)


当カウンセリングでは
すでに、2004年から

このシステムを
導入しております。

中部地区の
マインドフルネスの老舗です。




山中紹聖のカウンセリング・心理療法

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html





【2011/03/31 07:06】 | うつ病、神経症 「7つの自動思考」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック