マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
うつ病、寛解期(かんかいき)


寛解・・・は
抗うつ薬でテンションが上がり
一見、治ったようにみえますが、

「様々なストレス・鬱的要因」に対し
まだまだ脆弱なところがあります。


*神経症など、
他の心の病も同様です。


この時期(寛解期)は、
まだまだ「克服」ではありません。

本物の「克服」ではありません。


向精神薬(化学薬品の力)で
一時的、人工的に

脳がハイテンションになり
寛解まで行く人もいます。


ですが大切な
忘れ物をしてます。

それは「認知の歪み」
(心の反応パターン)

修正されていません。


==================
認知の歪みは
「うつ・神経症的な
モノのとらえ方、心の反応パターン」

==================


うつ病独特の
思考パターンは、

まだそのままなんですね。

これは鬱病患者にとって
「致命的な忘れ物」


認知の歪み
(うつ独特の心理パターン)が
修正されていない限り

社会復帰し、
また同じような
シチュエーションで

ストレス状態に
さらされますと

鬱病「急性期」に、
たちまち転落してしまいます。

「元の木阿弥」とは
こういうことです。


そしてまた


うつ病、急性期
(病院の薬物療法)

回復期

寛解期

社会復帰

最初の
数か月・数年はよいが・・

また同じような
シチュエーションで
「ストレス反応するようになり」


慢性的ストレス脳

うつ状態を経て

「うつ病再発」

うつ病、急性期に転落
(そして薬物療法・・・)


この図式は
エンドレスで
続いてしまいます・・・


賢明な方なら、
お分かりかと思いますが

認知の歪み
「うつ的モノのとらえ方・
心の反応パターン」を

修正しない限り
人生の中で何度でも
繰り返してしまいます。


うつ病の再発率の高さが
これを物語ってます。


うつ病の再発率は
様々な説がありますが

およそ50~60%と
言われています。


うつ病は再発を
繰り返せば繰り返すほど
根が深くなり苦しくなります。

一度再発を繰り返すと
さらにまた次の
再発率が高くなります。

一回、二回、三回・・・
再発するにつれ

どんどん再々発率が
上がっていくと言われてます。
(諸説あり)


『うつ・神経症的な方は、
世の中のどんな事に対しても

ネガティブにとらえ、鬱的思考で
がんじがらめに
なってしまうんですね』


この部分は
薬(化学薬品)では
修正出来ません。

「心理療法が必要」です。


ここの部分に
「発想の焦点」をあてませんと

裏に穴のあいた
バケツのように

いくら水を入れても
裏からこぼれていってしまう・・・


まずは、バケツの穴を
修理することです。


多くの病院は、
バケツ(心)に穴が
あいてるのに一生懸命

水(薬)をそそいでる・・・
という発想なんですね。

(私がうつ病患者時代の
病院もそうでした)


また、多くの
メンタル系の病院は

薬で脳を
ハイテンションにして

「はい。寛解(かんかい)です」が
ゴールなんですね。


しかし、勘違い
しないでください。

それは再発の危険性を孕んだ
「寛解状態」であって

「克服」ではありません。


寛解ではなく
「克服」に持っていきましょう。



うつ病、慢性期(維持期)、
そして寛解期。

薬物療法に並行して
心理療法を行っていき、

「認知の歪みを
修正する作業」をしていきます。


うつ病・神経症的
「モノのとらえ方・
考え方・心理パターン」が
修正されていきますと、

それに伴い、脳の機能も
修正されていきます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~

1、心理カウンセラーに
マンツーマンでついてもらい、
「心理療法を訓練」し、

ストレッサー(ストレス要因)に対し
過剰にストレス反応しなくなった。


2、すると慢性的な
ストレスホルモン
(コルチゾールなど)の分泌が減り、

それにより脳神経への
ダメージが減っていく。
(特に海馬神経は
コルチゾールにより弱体化する)

また扁桃体の鎮静化。
前頭前野などの安定化が起こり、

脳の機能自体が
修復、向上し


3、慢性的ストレス脳が
修正されていき


4、うつ病・神経症から
回復していく。

脳機能自体が向上するので
再発防止にもなっていきます。

それどころか、心と脳が
バージョンアップしますので

毎日が楽しく
幸福になっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~


欧米ではすでに、
この発想が一般的ですが、

日本は鬱病対応に
数十年遅れていると
言われております。


「薬物療法一本のやり方」で、
行き詰まりを感じている方々は

「心理療法」の導入
検討してみると
よいかと思います。







【2011/03/08 05:30】 | うつ病 「寛解(かんかい)ではなく克服」へ!
トラックバック(0) |


渡辺
物事をネガティブに捉えやすいという前提ですが、
自分は元々余りそういうことは無いように思っています。
どちらかと言うと、物事を良いように解釈する傾向があり、自分で気づかない本心で「嫌だ」という感情があるのにそれを押し込めて疲れ切ってしまうというパターンのように思っています。
それ故、自分では調子が良いと思って頑張っている時に、突然わけのわからない憂鬱に襲われて何もできなくなるところからうつ状態に陥るパターンを繰り返します。
こういう思考もこちらの療法で軽減することはできるのでしょうか?
潜在意識を選り分ける理性を鍛える方法のように感じられますが、どちらかというと強すぎる理性にもっと柔軟性ができて、潜在意識の中にある原始的な欲求をもう少し意識できるようにしないとどうにもならないように感じています。

Re: 渡辺さんへ
ショウセイ
おはようございます。

> どちらかと言うと、物事を良いように解釈する傾向があり、自分で気づかない本心で「嫌だ」という感情があるのにそれを押し込めて疲れ切ってしまうというパターンのように思っています。
> それ故、自分では調子が良いと思って頑張っている時に、突然わけのわからない憂鬱に襲われて何もできなくなるところからうつ状態に陥るパターンを繰り返します。


はい。心理学で言う「抑圧のシステム」の典型ですね。
そして潜在意識に抑圧した感情は、時間を置いて浮上してきます。
それが「突然わけのわからない憂鬱」の正体かと思います。


> こういう思考もこちらの療法で軽減することはできるのでしょうか?

本人様の努力次第です。
私はただ、心理学的「策」を授けます。


> 潜在意識を選り分ける理性を鍛える方法のように感じられますが、どちらかというと強すぎる理性にもっと柔軟性ができて、潜在意識の中にある原始的な欲求をもう少し意識できるようにしないとどうにもならないように感じています。


なるほど。ひょっとしたら「強すぎる理性」の裏側に潜んでいるのは
「我(が)」かもしれません。
これがあなた様の苦しみの、本当の根源かもしれませんね。
↓(このカテゴリーの10個のお話全て)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-66.html




渡辺
丁寧なご回答を頂きありがとうございます。

昨日、この我についての項目を読んでいた時、なんだか怒られてるような嫌な気分になったのを覚えています。
今、再度読み返してみて可笑しくなりました・・・・いや、多分これだよ私、だから不愉快になったんだ!とか。

ありがとうございます。
傾聴主体のカウンセリングに先が見えない現状ですので、少し身体が動かせるようになったら申し込みを考えようと思います。

メールの返信も頂きましたこと、重ねてお礼申し上げます。

Re: 渡辺さんへ
ショウセイ
こんにちは。

> 昨日、この我についての項目を読んでいた時、なんだか怒られてるような嫌な気分になったのを覚えています。
> 今、再度読み返してみて可笑しくなりました・・・・いや、多分これだよ私、だから不愉快になったんだ!とか。


はい。雑草は表面に生えている草をむしったところで、
何度も生えてきます。
雑草を完全に駆除するには、根っこの部分から
スコップでえぐり取ることですね。

うつ病・神経症などの心の病も同じかと思います。


> ありがとうございます。
> 傾聴主体のカウンセリングに先が見えない現状ですので、少し身体が動かせるようになったら申し込みを考えようと思います。
> メールの返信も頂きましたこと、重ねてお礼申し上げます。


いえいえ。ありがとうございます。
余裕が出来てからでよいですよ。
いつでもお待ちしております。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
物事をネガティブに捉えやすいという前提ですが、
自分は元々余りそういうことは無いように思っています。
どちらかと言うと、物事を良いように解釈する傾向があり、自分で気づかない本心で「嫌だ」という感情があるのにそれを押し込めて疲れ切ってしまうというパターンのように思っています。
それ故、自分では調子が良いと思って頑張っている時に、突然わけのわからない憂鬱に襲われて何もできなくなるところからうつ状態に陥るパターンを繰り返します。
こういう思考もこちらの療法で軽減することはできるのでしょうか?
潜在意識を選り分ける理性を鍛える方法のように感じられますが、どちらかというと強すぎる理性にもっと柔軟性ができて、潜在意識の中にある原始的な欲求をもう少し意識できるようにしないとどうにもならないように感じています。
2013/06/24(Mon) 02:46 | URL  | 渡辺 #Tgsw04fk[ 編集]
Re: 渡辺さんへ
おはようございます。

> どちらかと言うと、物事を良いように解釈する傾向があり、自分で気づかない本心で「嫌だ」という感情があるのにそれを押し込めて疲れ切ってしまうというパターンのように思っています。
> それ故、自分では調子が良いと思って頑張っている時に、突然わけのわからない憂鬱に襲われて何もできなくなるところからうつ状態に陥るパターンを繰り返します。


はい。心理学で言う「抑圧のシステム」の典型ですね。
そして潜在意識に抑圧した感情は、時間を置いて浮上してきます。
それが「突然わけのわからない憂鬱」の正体かと思います。


> こういう思考もこちらの療法で軽減することはできるのでしょうか?

本人様の努力次第です。
私はただ、心理学的「策」を授けます。


> 潜在意識を選り分ける理性を鍛える方法のように感じられますが、どちらかというと強すぎる理性にもっと柔軟性ができて、潜在意識の中にある原始的な欲求をもう少し意識できるようにしないとどうにもならないように感じています。


なるほど。ひょっとしたら「強すぎる理性」の裏側に潜んでいるのは
「我(が)」かもしれません。
これがあなた様の苦しみの、本当の根源かもしれませんね。
↓(このカテゴリーの10個のお話全て)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-66.html

2013/06/24(Mon) 04:47 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
丁寧なご回答を頂きありがとうございます。

昨日、この我についての項目を読んでいた時、なんだか怒られてるような嫌な気分になったのを覚えています。
今、再度読み返してみて可笑しくなりました・・・・いや、多分これだよ私、だから不愉快になったんだ!とか。

ありがとうございます。
傾聴主体のカウンセリングに先が見えない現状ですので、少し身体が動かせるようになったら申し込みを考えようと思います。

メールの返信も頂きましたこと、重ねてお礼申し上げます。
2013/06/24(Mon) 12:12 | URL  | 渡辺 #Tgsw04fk[ 編集]
Re: 渡辺さんへ
こんにちは。

> 昨日、この我についての項目を読んでいた時、なんだか怒られてるような嫌な気分になったのを覚えています。
> 今、再度読み返してみて可笑しくなりました・・・・いや、多分これだよ私、だから不愉快になったんだ!とか。


はい。雑草は表面に生えている草をむしったところで、
何度も生えてきます。
雑草を完全に駆除するには、根っこの部分から
スコップでえぐり取ることですね。

うつ病・神経症などの心の病も同じかと思います。


> ありがとうございます。
> 傾聴主体のカウンセリングに先が見えない現状ですので、少し身体が動かせるようになったら申し込みを考えようと思います。
> メールの返信も頂きましたこと、重ねてお礼申し上げます。


いえいえ。ありがとうございます。
余裕が出来てからでよいですよ。
いつでもお待ちしております。

2013/06/24(Mon) 14:07 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック