FC2ブログ
マインドフルネス仏式瞑想・森田療法を使った「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング) 
うつ病的、ネガティブ思考
~それを「確認はするが受け取らない」~

(マインドフルネス仏式瞑想的対処)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


<前回からの続き>



うつ病的思考

「自分はダメ人間だ・・・」
「自分は生きる価値も無い劣った人間だ」
「あぁ。自分は何でいつもこうなんだろう」


・・と、


うつ的な人は、
自虐的想念、ネガティブ思考が
頭の中で一日中、
何度もプカプカ出てきます。


また過去失敗した事などを
執拗に思い出し
何度もリアルに苦しみ直す思考の事を、

うつ病的
「反芻(はんすう)思考」
といいます。




さて、前回に続き、
今回もメルマガ版プチエクササイズ。
「心トレ」をしていきましょう。

今回のエクササイズも
とても簡単なワーク。


頭の中でまた、うつ的な思考・
ネガティブ反芻思考などが出てきましたら、



==================
確認はするが受け取らない

目をそむけるのではありません。
無視するのではありません。

「確認はするが受け取らない」

==================



逆にネガティブ思考に対し、

あっちいけ!と嫌悪感むき出しで
排除しようとしたり、
目をそむけたりしますと・・


ネガティブ想念は、
また潜在意識に戻っていき

「抑圧」になり、よけい力を増強し、

それが数時間・数日しますと、
また普段の意識レベルに浮かび上がってきます。

↓(抑圧ってなに?:詳しくはこちら)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-9.html


つまり時間差攻撃で、また頭の中に
ネガティブ妄想が噴き出てきます。

キリがない。

それをやってしまうと、
かえって苦しみは増すことになります。

(この状態が「抑圧」です)

意識、無意識2


そこで、たとえば、

「自分なんか
生きていてもしょうがない・・」など

イヤな感情が、
意識の世界に噴き出してきても・・

意識、無意識3



==============
目をそむけず

確認はするが
受け取らないんです


ネガティブな感情に対し

想いや感情を入れず
淡々と客観的に観察します。
==============

*それを繰り返す事で、
そのネガティブ感情・想念は弱まっていき・・
やがて消滅していきます。



ネガティブな想念が
一日中、何度出てこようが
かまいません。

どうぞ出てきてください。


何度出てきても淡々と

確認はするが
受け取りませんよ


どんな感情の暴風が襲ってきても
柳のようにしなやかに・・・


この繰り返しが、
心の筋肉を強く、しなやかにする
「心トレ」の一つです。


もっと本格的かつ、
さらに具体的な作法は

実際のカウンセリングにて
お稽古いたします



今回のお話のやり方を
日常生活の中で
気付いた時にやってみるだけでも、

うつ病・神経症が
少し楽になるかもしれませんね。


感情の抑圧。それを溜めこまない
心理療法(マインドフルネス仏式瞑想)的な生活。




ネガティブ反芻思考、
ダメダメ妄想、

何度出てきても

~~~~~~~~~~~~~~~
想いや感情を入れず
「確認はするが受け取らない」

~~~~~~~~~~~~~~~



*では、潜在意識・・とか
そういった抽象論ではなく、

これが具体的に
脳で何をやっているのか?


文章で書きますと長くなりますので、
当プログラムにてお勉強いたします。






今週は
アタマの中のネガティブ妄想。

~~~~~~~~~~~~~~~
想いや感情を入れず
「確認はするが受け取らない」

~~~~~~~~~~~~~~~


確認はするが受け取らない
ウィークにしましょう(笑)


それでは皆様にとって、
よい一週間でありますように。








【2011/02/23 11:11】 | うつ病、神経症の「思考パターン」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントさんへ
ショウセイ
いえいえ。とんでもございませんi-229
読んでくださってありがとうございます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/23(Wed) 20:35 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントさんへ
いえいえ。とんでもございませんi-229
読んでくださってありがとうございます。
2011/02/24(Thu) 05:46 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック