マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「うつ病、環境的要因」


うつ病、神経症など「心の病」は

・生物学的要因
・環境的要因
・心理学的要因
など

が複雑に絡まって起きます。


今日は「環境的要因」のお話。

以前、環境的要因について、こういったお話もいたしました。

↓「環境と悪いスキーマについて」
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-251.html


これは情動感染、
いわゆる群集心理の一種で

人は周りの環境に影響されやすい・・・
というお話でした。


今日は別角度からお話いたします。


例えば
「失業して明日から、
ごはん食べるお金も無い・・・」

という方がいたとします。


こういったパターンで鬱になってる方は

心理療法(心理学的要因)、
薬物療法(生物学的要因)で対処しても

一時的には
モチベーションは上がりますが・・・
また鬱がぶり返します。


それら療法で対処しても
「明日から仕事が無い!」という
大問題は無くなったわけではないからです。


「仕事が無い」という
ストレッサーを何とかしない限り
何をやろうと鬱状態は残ります。

(*ストレッサーとは、ストレスを与える原因です)


もう一つ、
例えば、長年のご近所のいじめが原因で
鬱になったというパターンがあったとします。

これは、ご近所のいじめをする人(ストレッサー)から
距離を置くか、和解するかしないと鬱はよくなりません。


労働基準法も無視してるような劣悪な
職場も鬱病「環境的要因」です。


旦那さんがDVをする
劣悪な家庭環境もそうです。

鬱になって当たり前です。


これらの場合、
薬を使おうが、心理療法を使おうが
効果は薄いと思います。


こういったようなケースが
環境的要因です。



そこで環境的に
なんら問題が無い。

仕事も充実していて、
温かい環境がある・・・

しかし鬱病になる。。

という人は
心理学的要因、生物学的要因が考えられます。


仕事が無い、
ご近所のいやがらせ・・・などは

心理カウンセラーや
精神科医もどうしようも出来ません。

それはハローワークや
弁護士の仕事ですね。



もっと根源的な問題は
「政府の雇用対策」です。

簡単な仕事でもよいので、
とりあえず仕事(雇用)を作らないと
全体的な消費が滞ります。

消費が無ければ、
資本主義経済根底から崩壊します。


消費がない、物が売れない。

物が売れなければ生産が滞りますので、
労働者が要らなくなり、解雇する。

失業者が増えれば
物を買わなくなり、消費が滞っていく。

また、うつ病や自殺者が増える。


負のスパイラルですね。



先日、NHKの特番「無縁社会」で
このような問題を取り上げていましたが

あの放送は鬱病の人は
観ない方が良いかもしれませんね。


もう少し「希望」や
「具体的にどうすればよいか?」的な事を
番組内で出してもらわないと、

観た人が不安だけ残り
「生殺し」のような
状態になってしまいますね。

あれほど後味の悪い放送は無い。

・・・と、いいつつ観てしまうんですが



ちょっと話は脱線しましたが

「環境的要因」(仕事が無いなど・・)
こういった相談は
カウンセラーの専門外ですが、

視線恐怖、対人恐怖などで
会社の面接がうまく出来ない


などのご相談と対処は、
「心理カウンセラーの専門分野」です。

実際こういった
クライエントさんみえますね。



最後におさらいとして

うつ病をはじめとする心の病は

・生物学的要因
・環境的要因
・心理学的要因


が複雑に絡まって起きます。


たまに病院などで、
生物学的要因(脳内神経伝達物質の異常説)
だけとりあげて「これが原因だ!」みたいなものは

「木をみて森をみず」
全体がみえてませんね。

そういった病院は
セカンドオピニオンなどして

客観的に判断されると
良いかもしれませんね。




【2011/02/21 17:39】 | うつ病、環境的要因
トラックバック(0) |

こんばんは
なべ酒造
環境的要因は確かに解決するのは難しいですね。
ですが、うつ病の原因は環境的要因が一番多いような気がします。
なんか、うつ病ってそんなイメージが強いです。

多分、私自身も環境的要因が大きく影響していたと思いますね。
参考になりました<(_ _)>


Re: なべ酒造さんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

確かにそうですね。環境的要因もあるかもしれませんね。

強烈なストレスを与える環境から離れると、
次第に良くなるパターンもあります。

それは意識では感じてませんが、
無意識的(潜在意識的)にストレスを感じてるケースもあります。

それが何なのか?ですね。
そして、それに対しどうしていくか?です。


何かのヒントになれば幸いでございます。

それではまたi-179



管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントさんへ
ショウセイ
そうですね。
あの番組は落ちますね(笑)

環境的要因は複雑ですよ。
一口では語れませんので、また機会がありましたら記事にします。


でも自分に出来る範囲で
良い環境を作る努力は大切かもしれませんねi-179

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
環境的要因は確かに解決するのは難しいですね。
ですが、うつ病の原因は環境的要因が一番多いような気がします。
なんか、うつ病ってそんなイメージが強いです。

多分、私自身も環境的要因が大きく影響していたと思いますね。
参考になりました<(_ _)>
2011/02/21(Mon) 21:46 | URL  | なべ酒造 #-[ 編集]
Re: なべ酒造さんへ
コメントありがとうございます。

確かにそうですね。環境的要因もあるかもしれませんね。

強烈なストレスを与える環境から離れると、
次第に良くなるパターンもあります。

それは意識では感じてませんが、
無意識的(潜在意識的)にストレスを感じてるケースもあります。

それが何なのか?ですね。
そして、それに対しどうしていくか?です。


何かのヒントになれば幸いでございます。

それではまたi-179

2011/02/22(Tue) 02:48 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/22(Tue) 06:48 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントさんへ
そうですね。
あの番組は落ちますね(笑)

環境的要因は複雑ですよ。
一口では語れませんので、また機会がありましたら記事にします。


でも自分に出来る範囲で
良い環境を作る努力は大切かもしれませんねi-179
2011/02/22(Tue) 11:50 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック