マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「パニック障害の思考パターン」
~予期不安と精神交互作用~



うつ病も神経症もパニック障害も・・・
元の種は同じなんです。

潜在意識下に抑圧されていたものが、
どういった形で普段の意識の世界に噴き出すか?
の違いです。

意識、無意識2



意識、無意識3


それは人それぞれです。

ある人は鬱症状として出る
またある人はパニック障害として出る・・

その個人の生育歴、置かれた環境によって
心の病の形が違った形で出てきます。
何らかの形で出てきます。


鬱も神経症もパニック障害も
思考パターンは非常に似ています。
(パニック障害は神経症の一種なんですが)


パニック障害の方は、一度でも発作を起こすと、
またあの場所に行くと
発作を起こすのではないか!?(予期不安)

症状を起こさせまい!と頑張れば頑張るほど、
余計その事に「とらわれ」て、
ますます意識が一極的に向いてしまい
がんじがらめになり、不安に不安が積み重なります。

予期不安をなんとかしようとする事が、
さらに不安を連れてくるんです。

このことを「精神交互作用」と言います。



電車の中、エレベーターの中・・・
不快な想いをした過去への執着や
症状を起こさせまい!症状が出たらどうしよう!?
という未来に
思考が極端に飛んでしまいます。

当カウンセリングでは、パニック障害の方には


「予期不安」が出た時、体の一部を使って
「現在この瞬間」に戻すワークを訓練いたします。



これは鬱病もパニック障害も同じなんです。


現在の事ではない、
過去や未来にネガティブな執着を起こす。

頭がいっぱいいっぱいになる。

・パニック障害の方は「予期不安」が発生。
・うつ病の方は体がダルくなり億劫になる。

・パニック障害の方は、予期不安を止める事が出来ず
暴走し「いつものパニック発作」
・うつ病の方は思考が鈍り、死にたくなる。


ネガティブな思考の種が
パニック発作という芽を出すか、
うつ症状という芽を出すかの違いです。

中には
パニック→鬱

両方ダブルで出てしまう方もみえます。


さらにネガティブな思考が発生した時の対処法
持っていないから、余計にまたあの不安が出てきます。
非常に恐怖です。

分かりやすくいいますとバンジージャンプ。
足にゴムが付いているから安心感があり
高い所から飛び降りても平気なんです。

パニック障害で対処法が無いのは
ゴムの無いバンジージャンプです。
非常に恐怖です。



対処法を身につけましょう。

1、薬を服用されてる方は、外出時
薬をお守りのように持っているだけで心理的に安心ですね。

2、当カウンセリングで心理療法の訓練を受けられますと
心理技法が身につきます。
技法を使って「現在、今、この瞬間」に戻します。




心理技法で一度でも、予期不安が処理出来ますと
成功体験が脳に焼きつきます。

そして事が起こったら、こうすれば大丈夫という
よい条件付け(よいクセ)が焼きつきます。

心理学では「オペラント条件づけ」といいます。

対処法(良い条件づけ)を持ってる安心感・・・
その安心感が回復への鍵になります。


パニック障害に関して一番良いのは
薬と心理療法の二段構えで行くのがベストかと思います。


何度も予期不安、パニック症状コーピング(処置)
成功しますと、そのうちパニック障害であったことを
忘れてしまう日が来ます。



当カウンセリングで良くなったクライエントさんは

「そういえば・・・後で気が付いたら、
いつもの場所行ってもパニック発作が起きてなかった!」



「後で気が付いた・・」そうです
もう症状自体の「とらわれ」が無くなっちゃってるんです。

それが本物の克服です。

これは
うつ病もパニック障害も同じです。


正常な日常に戻りましょう。
私は応援します。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

FC2blog テーマ:セラピー&ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2011/02/16 07:24】 | 神経症(不安障害) 「克服のヒント」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

なるほど。
よく分析出来てますね。素晴らしい。

過去に蓄積した「とらわれ」を分析していくのが
フロイトをはじめとする分析系の心理療法です。

しかし、私はそれに限界を感じました。
「過去は過去、もう戻る事の出来ない現実です」

大切なのは「この瞬間」の積み重ね。
それは「今」です。

「今、これからどう生きるか?」に焦点を特化していきますと
自然に副産物として過去の「とらわれ」が浮き彫りになっていく時が来ます。

過去に焦点をフォーカスするより、
「今、これからどう生きるか?」に焦点をフォーカスしますと
無意識(潜在意識)に溜まった汚濁がキレイになっていきます。

過去や「とらわれ」を手放し、自由に生きる事です。
(今のお稽古ごと「夢」をしっかり追いかけてください)
応援してますよi-179

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/02/17(Thu) 09:29 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントさんへ
コメントありがとうございます。

なるほど。
よく分析出来てますね。素晴らしい。

過去に蓄積した「とらわれ」を分析していくのが
フロイトをはじめとする分析系の心理療法です。

しかし、私はそれに限界を感じました。
「過去は過去、もう戻る事の出来ない現実です」

大切なのは「この瞬間」の積み重ね。
それは「今」です。

「今、これからどう生きるか?」に焦点を特化していきますと
自然に副産物として過去の「とらわれ」が浮き彫りになっていく時が来ます。

過去に焦点をフォーカスするより、
「今、これからどう生きるか?」に焦点をフォーカスしますと
無意識(潜在意識)に溜まった汚濁がキレイになっていきます。

過去や「とらわれ」を手放し、自由に生きる事です。
(今のお稽古ごと「夢」をしっかり追いかけてください)
応援してますよi-179
2011/02/17(Thu) 10:41 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック