マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「うつ病、神経症・・・一即多、多即一のススメ」


ストレスに関する心理効果


こんな光景目にした事ありませんか?

チビッコを観察してますと
よく言い訳で「○○ちゃん達もやってるもん!」
といいますよね。

ちょっと例えが悪かったですけど(笑)
これは自分一人に問題が集中すると、
ストレスに耐えられないので
全体、複数にして「ぼかす」ということ。
それによりストレスを軽くしてます。


もう一つ挙げますと

1、「この地域の人達全体が嫌いだ!」と言われるのと
2、「この地域の、あなたが嫌いだ!」と言われるのは

どっちが強烈にストレスを感じますか?

たぶん後者だと思います。


うつ病の方は、
全て自分一人の責任だ!
私の能力の無さが悪い!
みたいな「認知の歪み」が特徴的です。

もう自分を痛めつけるのは止めて

少しだけ全体的にいくとよいかもしれませんね。


一即多、多即一


それは
「自分は宇宙を構成する
細胞の一つ」
的発想です。

一即多、多即一
全体(宇宙)の中の一つです。

これはまぎれもない現実ですね。
私達は大宇宙の中の、地球という惑星の一部分です。


神や仏が科学的に、いるかいないかではなく

神や仏を大宇宙の「象徴、シンボル」として
仮にそういう名がついている。。と、
とらえるとよいかもしれません。


「大宇宙、大自然の妙なる働き=神仏」
ですと科学的だと思います。


そして生きていく上で
人としてやれるところまでやって
その結果、吉と出ても凶と出ても
「恨みっこなし」

大宇宙の妙なる働きの中
ありがたくちょうだいするのが
「一即多、多即一」
もしくは「南無阿弥陀仏」です。


それが本当の「他力」だと思います。


*俗語の他力本願はなんでも他人任せですが
本当の「他力」はこういった意味なんですね。


他力的発想は
ストレス軽減効果があるかもしれません。


努力してやれることやって
結果ダメでしたら
大宇宙、大自然に身をゆだねます
南無阿弥陀仏(合掌)

そこに
「ああすればよかった、こうすればよかった・・」
など思考の編集をかけず、
結果に対する歪んだ執着は捨て

「あるがままの結果」をちょうだいいたします。


うつ病、神経症思考の猛威を緩やかにする妙法です。


一生懸命やっても結果は実らない事
浮世にはよくあることです。

うつ病、神経症の方は、
それに対し強烈にネガティブになり執着します。
そしていつもの症状が発症します。


どんな結果が出ても
南無阿弥陀仏

全て心の肥料になります。


むしろ一生懸命やった「行為」をほめてあげてね。
自分をほめるクセをつけましょう。




↓ランキング参加しております。よろしければクリックお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
3クリックしていただいた方へ・・・ご支援ありがとうございましたm(__)m

【2011/02/12 09:44】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |

なるほど~
なべ酒造
こんにちは。

この説明、分かりやすいです。
さすがでございます。

まさしく、自分の心の中を見られているようですね。。。

特に『うつ病の方は、全て自分一人の責任だ!
私の能力の無さが悪い!みたいな「認知の歪み」が特徴的』


参考になりました。

Re: なべ酒造さんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

私自身も鬱病の時そうでしたが、自己批判が暴走しますよね。
ほどよい自己批判は良いと思いますが、なんでもモノは加減なんです。

たまには前に進んでいる自分をほめてあげましょうねi-179

モノのとらえ方を変えると楽になりますi-260

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
なるほど~
こんにちは。

この説明、分かりやすいです。
さすがでございます。

まさしく、自分の心の中を見られているようですね。。。

特に『うつ病の方は、全て自分一人の責任だ!
私の能力の無さが悪い!みたいな「認知の歪み」が特徴的』


参考になりました。
2011/02/12(Sat) 15:42 | URL  | なべ酒造 #-[ 編集]
Re: なべ酒造さんへ
コメントありがとうございます。

私自身も鬱病の時そうでしたが、自己批判が暴走しますよね。
ほどよい自己批判は良いと思いますが、なんでもモノは加減なんです。

たまには前に進んでいる自分をほめてあげましょうねi-179

モノのとらえ方を変えると楽になりますi-260
2011/02/12(Sat) 17:32 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック