FC2ブログ
マインドフルネス仏式瞑想・森田療法を使った「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング) 
「悪人正機」


「善人でも救われるんだから、
悪人が救われるのは当然だよね?」



親鸞(しんらん)聖人の言葉です。

原文は
「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」


考えさせられますね・・・
ん!?逆じゃないの?って思うかもしれませんが、


ここで言う「善人」
自分の事を善人と思いこんでる人です。

一方「悪人」とは。
自分のいたらなさ、
醜さを本当の意味で分かってる人
です。


そういった「いわゆる善人」は

やたら自分は正しい・・とか、
正義を主張します。

ですが、
やたら正義を主張する者を
まず疑ってみましょう。

本当に絶対的に正しくて、
絶対的な正義なのか・・・?と、


心理学的に見ても、
やたら正義や善を主張する人は

コンプレックスの裏返しともみれます。

自分の中のズルさが
客観的に見えていない人。


本当は自分が脆弱ゆえに、
絶対的な善や正義という概念に
強烈に注意を向け、上手に目をそらし

強引に自分を納得させ、
弱い自分を守っている。


そういった冷静な目が無い人は
「正義の名のもとに」暴走します。

正義の名のもと、
カルト宗教の勧誘などを熱心にされている方は
こんな感じではないでしょうか?

*ま、そんな弱い人でも
しっかり仏教瞑想などを修練すれば
救われるということです。


--------------------------------------------------------
逆に『自分の「みにくさ」を分かってる人は
もう醜くありません。心のキレイな人です』

--------------------------------------------------------

そういう人が
ほんとうに強く美しい人だと思います。




FC2blog テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

【2010/05/30 09:15】 | ひとりごと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



通りすがり
他人の醜さも、自分の醜さにも耐えきれず、同じ醜い依存行動を繰り返してしまうのは美しくはないですよね…
私はきっと軽い反社会性人格障害です。
そんな自罰や他罰の連鎖もマインドフルネスで治していけるんですか?


Re: 通りすがりさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> そんな自罰や他罰の連鎖もマインドフルネスで治していけるんですか?

私のところは、パーソナリティ障害は専門外ですが、
自罰や他罰も根本は、自我(我)への執着が引っかかっているかと思います。
(我執の病理です)

*自罰=理想の自分と、現実の自分の解離に苦しみ、
理想の自分じゃない自分を罰してしまう。

*他罰=自我(我)の思い通りにならない他人を
過度に攻撃してしまう。

両方の共通項は、自我という幻想への執着です。

自我は脳内で作ったイメージ上の自分で、元々無いものを勝手に作り
それに執着して苦しむのが心の病の一側面です。

マインドフルネス仏式瞑想により、我(自我・エゴ)への執着が緩んできますと、
楽になっていき、心の病(人生の重荷)から解放されていくと思います。

もちろん私達は聖者(出家者)ではなく、
在俗の者ですので、完璧な「無我」は不可能ですが、

それぞれ個人個人の、
心の病が発動しないレベルまで、「我」を緩めていく事は可能です。

私達在俗は、「完璧な無我」ではなく
「プチ無我」くらいでちょうど良いです。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/30(Sun) 11:27 |   |  #[ 編集]
他人の醜さも、自分の醜さにも耐えきれず、同じ醜い依存行動を繰り返してしまうのは美しくはないですよね…
私はきっと軽い反社会性人格障害です。
そんな自罰や他罰の連鎖もマインドフルネスで治していけるんですか?
2015/07/21(Tue) 10:49 | URL  | 通りすがり #-[ 編集]
Re: 通りすがりさんへ
コメントありがとうございます。

> そんな自罰や他罰の連鎖もマインドフルネスで治していけるんですか?

私のところは、パーソナリティ障害は専門外ですが、
自罰や他罰も根本は、自我(我)への執着が引っかかっているかと思います。
(我執の病理です)

*自罰=理想の自分と、現実の自分の解離に苦しみ、
理想の自分じゃない自分を罰してしまう。

*他罰=自我(我)の思い通りにならない他人を
過度に攻撃してしまう。

両方の共通項は、自我という幻想への執着です。

自我は脳内で作ったイメージ上の自分で、元々無いものを勝手に作り
それに執着して苦しむのが心の病の一側面です。

マインドフルネス仏式瞑想により、我(自我・エゴ)への執着が緩んできますと、
楽になっていき、心の病(人生の重荷)から解放されていくと思います。

もちろん私達は聖者(出家者)ではなく、
在俗の者ですので、完璧な「無我」は不可能ですが、

それぞれ個人個人の、
心の病が発動しないレベルまで、「我」を緩めていく事は可能です。

私達在俗は、「完璧な無我」ではなく
「プチ無我」くらいでちょうど良いです。

2015/07/22(Wed) 23:51 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック