マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「うつ病と姿勢の関係」
~うつ病の方は姿勢が悪いケースが多い~


イネイト・インテリジェンス
(先天的治癒力)


*先天的知能ともいいます。


これは
生体恒常性(ホメオスタシス)に繋がります。


脳からの指令は背骨を伝わり
末梢神経など、各身体の器官に伝達されます。


姿勢が悪かったりしますと
正常な神経伝達が滞り、身体がダルくなったりします。


当カウンセリング・お稽古で
いつも言う事があります。

「まず姿勢を正すこと」
「背筋をスッと正す事」


これはこういった理論からきています。


またこういった言葉があります。

「外相整えば、内相おのずから熟す」


まず「型」から入るのも一つの入り方。


それは、
養いたい性質を身体で表現し(姿勢を正す)
自分の心に対しメッセージを送る」



型から心に良いアクセスをする方法。

姿勢を正すことによって、
背骨をまっすぐにし、
イネイト・インテリジェンス(先天的治癒力)
働かせるというものです。


*ただし病的な背骨の歪みは
整形外科やカイロプラクティックに行ってください。

普通の人はスッと姿勢を正す事に
気をつけていればOKです。


うつ病に苦しむ方は、
よく観察してみてください。

私が今までカウンセリングしてきて思う事は

大抵の鬱病の方は姿勢が悪いケースが多いです。


結果、イネイト・インテリジェンスを阻害され

身体のダルさに拍車をかけます

よけい億劫になってきます。



また姿勢が悪い事は、内臓にも負担をかけます。
百害あって一利なし。



普通の方も姿勢に気をつけられますと
案外ネガティブ思考が弱まるかもしれませんね。


それでは
今日のお話はこの辺で。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

【2011/01/25 14:03】 | うつ病と姿勢
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック