マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
うつ病=「頑張らないで」


このお約束の方程式・・
一度おかしな常識とやらを疑ってみましょう。

このお約束の文言は「一部正しい」です。
あくまでも「一部」です。


また、
こういった世界に詳しくない方々が
これを誇張するので

マスコミも煽りたて
いつの間にかおかしなお約束になっています。


物事は鵜呑みにする前に
一度疑い検証してみましょう。

それで間違いない!と判断したら
受け入れましょう。



頑張らなくてよい方は
「うつ病急性期、回復期」の方です。

この時期の方は
「本当に頑張らないでください」


モデル例をいいますと、

ドラマ「ツレがうつになりまして」の旦那さん。

IT企業に勤めるご主人さん。
激務と強烈なストレス。
物語の前半で突然うつになったシーン
あそこから「うつ病急性期」です。


あと「フリーター家を買う」のお母さん。

ある日突然、人が変わったみたいに
どん底の鬱状態になったところ。
あれも「うつ病急性期の典型例」です。


ただし、あのタイプの鬱病は
非定型うつ病ではなく
ノーマルタイプの
いわゆる「大うつ病」です。


うつ病回復期・・・

一見よくなったようにみえますが
ここで変に頑張ると、ぶり返します。
頑張らないでください。

お薬を飲んでゆっくり休養してください。




ここからは
「なんでもかんでも頑張らなくていいよ・・」ではなく
少し頑張った方がよい方の説明です。


さて、こんな問いかけをします。

うつ病が「頑張らなくて良い」のならば
何年、何十年「頑張らず」引きこもり
治らない人が多いのは何故でしょうか?
(社会現象にもなってますね)

また
何年、何十年、精神薬を飲み続けて
「治らない」方が多いのは何故でしょうか?



うつ病
「回復期後期あたりから、慢性期、寛解期」

あと「非定型うつ病」(新型うつ)


この方に
「頑張らないで寝ていてください」は間違い。

「少し頑張ってください」


ただし誤解のないように。
フルスロットルで頑張らないでください。
「少し」頑張るんです。
「少し」努力するんです。

一気にやらず
「コツコツ」やるんです。

じゃあ、どう頑張ればいいの?
は、当ブログのカテゴリー「うつ病」をご覧ください。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-5.html



マスコミなどに洗脳されないでください。
例えば


「うつ病の人は頑張らないでいいですよ~」


あぁ・・

なんてステキな言葉・・

甘美な言葉・・

頑張らなくて寝てていいんだ・・

あぁ・・

うっとり・・・


↑こういった方はマスコミに洗脳されてます。


目を覚ましましょう。



ただし何度も言いますが
うつ病、急性期、回復期は
お薬を服用し休養していてください。

この時期は本当に「頑張らないで」ください。


それ以外の鬱病の時期、あるいは
非定型うつ病の方。
心理療法などで少し頑張ってください。


何の具体策もなく
永遠に大量の薬を服用し続けるのは
不健全です。

処方薬依存症になってしまいましたら
各県にあります「ダルク」に行ってください。



とりあえず薬を出して
なんでもかんでも「頑張らないで、休養してください」という病院。
診察も5分診察、流れ作業。。

こういったところは
一度疑ってみて、適切かどうか検証してみましょう。



最近は心理臨床の世界でもこういった、
なんでもかんでも

「頑張らないで・・」「薬を一生飲んでいて・・」
非常識になりつつあります。


気付くの遅すぎですね。

この遅れのせいで
処方薬依存症になった方、
ODなどで尊い命がどれだけ失われたか・・

無意味な大量処方薬の副作用で苦しんだ方
事故を起こされた方・・
どれだけいるんでしょうか・・


これから間違いなく
薬一本主義は非常識、
時代遅れになっていきますので・・
時代の流れは、もうすでに動いてます。


そして
知識を身につけ、
自分の身は自分で守りましょう。



私は患者時代
うつ病が慢性化し始めた時に

「どんぶり一杯の処方薬・・そして
なんの策もない・・
これちょっとおかしいんじゃないの?」


これらの矛盾に気付いてました。



【2011/01/12 13:56】 | 非定型うつ病 「薬が効きにくい鬱病」
トラックバック(0) |


トマシーナ
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

何度かコメントしたくなったんですが、
バタバタしていて読み逃げしてました<(_ _)>

私もまったく同感です。
今はムリしなくていいよ!という時期と、
すこぉーし頑張ってみようか!という時期があるのに、
『頑張らなくていい』という言葉を真に受けてしまっているケース、
多々あると思います。

非定型うつの方がこの言葉を武器にして、
周囲の方をうつにしてしまったという例も多いそうですし。

今日もいいお話をありがとうございます!

Re: トマシーナさんへ
ショウセイ
明けましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたしますm(__)m

まったくその通りですね。
マスコミ、情報メディアの言う事は
良く選択して受け入れる事です。

頑張らなくていい時と
少し頑張る時の「仕分け作業」が大切です。

そして全て医者任せにしないように・・という事です。

最終的には「自分自身の問題」ですので。
それを指導しない病院もどうかと思いますが・・・

そして多くの病院が薬を出す以外、何もしないところが
多いですね。
(中には良い病院もあるかと思いますが)

管理人のみ閲覧できます
-



カッキー
ショウセイさん(*^_^*)
ご無沙汰をしてしまいました!
失礼しました(*- -)(*_ _)。

昨年は大変お世話になりありがとうございました。
本年もどうぞ96-BARを
よろしくお願いいたします(*^_^*)
今日はひとまず、ご挨拶だけで失礼します。

Re: カッキーさんへ
ショウセイ
おお!
カッキーさんi-179
お久しぶりです。

明けましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたしますm(__)m



Re: 鍵コメさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

全くその通りですね。

物事は「本音」と「建前」があります。

「建前」ばかりじゃなく「本音」もよくみることです。

建前と本音を「両方平等」にみて
「これは良いものだ」と判断しましたら受け入れると良いです。

良いコメントありがとうございましたi-179

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

何度かコメントしたくなったんですが、
バタバタしていて読み逃げしてました<(_ _)>

私もまったく同感です。
今はムリしなくていいよ!という時期と、
すこぉーし頑張ってみようか!という時期があるのに、
『頑張らなくていい』という言葉を真に受けてしまっているケース、
多々あると思います。

非定型うつの方がこの言葉を武器にして、
周囲の方をうつにしてしまったという例も多いそうですし。

今日もいいお話をありがとうございます!
2011/01/12(Wed) 15:40 | URL  | トマシーナ #-[ 編集]
Re: トマシーナさんへ
明けましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたしますm(__)m

まったくその通りですね。
マスコミ、情報メディアの言う事は
良く選択して受け入れる事です。

頑張らなくていい時と
少し頑張る時の「仕分け作業」が大切です。

そして全て医者任せにしないように・・という事です。

最終的には「自分自身の問題」ですので。
それを指導しない病院もどうかと思いますが・・・

そして多くの病院が薬を出す以外、何もしないところが
多いですね。
(中には良い病院もあるかと思いますが)
2011/01/12(Wed) 15:59 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/12(Wed) 16:10 |   |  #[ 編集]
ショウセイさん(*^_^*)
ご無沙汰をしてしまいました!
失礼しました(*- -)(*_ _)。

昨年は大変お世話になりありがとうございました。
本年もどうぞ96-BARを
よろしくお願いいたします(*^_^*)
今日はひとまず、ご挨拶だけで失礼します。
2011/01/12(Wed) 16:26 | URL  | カッキー #-[ 編集]
Re: カッキーさんへ
おお!
カッキーさんi-179
お久しぶりです。

明けましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたしますm(__)m

2011/01/12(Wed) 17:03 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
Re: 鍵コメさんへ
コメントありがとうございます。

全くその通りですね。

物事は「本音」と「建前」があります。

「建前」ばかりじゃなく「本音」もよくみることです。

建前と本音を「両方平等」にみて
「これは良いものだ」と判断しましたら受け入れると良いです。

良いコメントありがとうございましたi-179
2011/01/12(Wed) 17:09 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック