FC2ブログ
マインドフルネス仏式瞑想・森田療法を使った「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング) 
血液型と性格は関係ある!?
心理学的視点


~ラベリング(レッテル)効果の
よい使い方、悪い使い方~





え!?
血液型と性格は関係ないのでは?



・・と言われそうですが、

血液型と性格の因果関係。

心理学の視点から、
切り込ませていただきます。


血液型と性格の関連性の概念

アジア圏、特に日本と韓国では
盛んと言われております。

(欧米は血液型と性格の
関連性の概念があまりありません)

*生物学的には現段階の科学では、
性格と血液型の因果関係は
無いという説が有力です。



・・・が、しかし、
心理学的にはちょっと待った。


日本で生活していく上で、
幼少の頃より少なからず、

「あなたは○型だから、
○○な性格的傾向なんだよ」

「きみは〇型だから、
〇〇っぽいところがあるよね」など

こういった言葉のシャワーを浴びて
育ってきたと思います。


特に血液型信仰の強い家庭では
この言葉のシャワーを
たくさん聞かされて育ったと思います。

そうでない家庭でも、外部からこの情報が、
いくたびも耳に入っていたと思います。



特に幼少の時は
意識と潜在意識を隔てるフィルターが薄く
(脳的に言うと、まだ理性脳が育っていない)

言われたことをそのままダイレクトに
潜在意識に、すり込まれやすいんですね。

意識、無意識


ちなみに余談ですが
心理学では0~3歳くらいまで、
コア・アイデンティティ」といいまして、

この頃に「すり込まれたもの」は、
生涯影響する可能性が高いと言われてます。


例えばこの頃に、
何らかの愛情(心理)トラブルなどがあると、

大人になって
影響が出たりすると言われてます。

よく「三つ子の魂、百まで・・」と言いますね。
あれ心理学的にみて理にかなっています。


・・で、血液型は

幼少~大人になるまで、
「すり込まれてきた言葉のシャワー」により、

「私は○型だから、
○○な性格的傾向なんだ・・」という概念が

多くの日本人の
潜在意識に刻みこまれていて、

本当にそういった血液型による
思考・行動パターンになってしまう傾向が
あるかと思います。


普段の意識では、
特に意識していなくても

潜在意識(深層心理)の奥底に
「こびりついている」人は影響が出ます。


これらことを心理学では
ラベリング(レッテル)効果」と言います。


・・と心理学的に考えると、

血液型と性格の因果関係は
少なからず、あると思いませんか?



=========================
☆ワンポイント

「自我は自己イメージ?」

自分はこういった特性を持った人間である。

あるいは他者からみて、
自分はこう思われているんだろうな。。

という概念・思い込みが
自我を形成していきます。


*自身による「強固な思い込み」や、
「外部からの刷り込み」によって形成されていきます。

本当にそのような特性を持った人格になっていきます。
=========================





ここからは応用技


では「ラベリング効果」を
生活の中で活用してみましょう。

(よい例と、悪い例を挙げます)


これは職場や家庭でも使えます。

例えば、旦那さんに
「あなたは人に対して優しい面があるよね」と、

さりげなく要所要所に
言葉のシャワーを浴びせてみてください。

「わざとらしく」はダメですよ(笑)
さりげなくです。


そのうち、そういったラベリングを
貼られ続けますと・・
いつしか旦那さんの潜在意識に浸透していき、

本当に旦那さんは、
親切で思いやりのある行動が
とれるようになってきたり。


職場で、大ざっぱでいい加減な部下が、
たまたま、きちんと書類を提出した時にチャンス。

「君は書類を几帳面に、
いい感じにまとめてくれるよね。
本当に助かる。ありがとう」

と要所要所、言葉で潜在意識にすり込んでいきますと、
やがてそのような行動パターンになってきます。




逆に
「絶対使っちゃダメな」悪い例は、

お子さんに
・「あなたは何をやっても出来ない子ね!」
・「あなたなんか産まなきゃよかった!」などと

レッテルを貼り続けると、
潜在意識(深層心理)に刻みこまれ、


―――――――――――――――――――――――
・行く先々の人生、
本当に何をやってもダメになるよう、
潜在意識が働き出したり、

・思春期くらいになって
「私なんか生まれてこなけりゃよかった・・」

―――――――――――――――――――――――

・・・と、


「本人は無自覚」なんだけど、なぜかそういった思考や
行動パターンになっていき、


(深層心理レベルのものですので、本人も気づかず、
なぜかそういった、うつ的思考になってしまう)

将来うつ病や神経症に
なってしまう可能性もあります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
こういった言葉(ラベリング)は、
お子さんに絶対言わない方がよいです。
(大人にも言わない方がよい)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こういった親に育てられた子供は
悲劇以外なんでもない。

何度もいいますが、
大人になって社会との不調和や、
心の病を発症する可能性が非常に高い。

*しかも、このタイプの(心理学的要因の)
うつ病・神経症は、薬が効かないので、
治すのが非常に困難になります。


(心理学的要因の心の病は
心理療法が有効です)


お子さんは
意識と潜在意識を隔てるフィルターが薄いですので、
(脳的に言うと、理性脳がまだ育っていない)

言葉のシャワーを浴びせ続けると、
ダイレクトに潜在意識に入りやすいんです。

意識、無意識




少しネガティブな例を挙げましたが、

これとは逆で、先ほどのようにポジティブな
「ラベリング効果」はとても役に立ちます。

・「あなたは優しい気遣いのできる人ね」
・「君って、知的なところがあるよね」
・「ここいつも片づけてくれるから助かるよ。ありがとう」
などなど。


ただ、ポジティブ系ラベリングは、
最初、相手の潜在意識が抵抗してくることもあります。

そう言われると「わざと反対の事をやろうとしたりする」
あまのじゃくなケースもあります。

『ですが、それは
きちんと潜在意識が反応している証拠です』


そういったあまのじゃくケースも、
数年かけてコツコツ・淡々と、

ところどころ上手に刷り込んでいきますと
変わっていきます。

人の心と脳はすぐには変わりません。
長いスパン、腰を据えてとらえていきます。


*何度もいいますが、
わざとらしくやると不快ですので、
上手にさりげなく行います。




今回のお話、恋人や友人、
家族にも使えると思います。

「理想の相手は、
お互い作っていくものかもしれません」

お互い、よいラベリングを
貼り合う人生って素敵ですよね。







FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2010/12/15 12:11】 | 潜在意識活用法! ヒプノセラピー
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

では申し込みの前に
少しメールカウンセリングをいたしますのでよろしくお願いします。

後ほどメールいたします。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/04(Fri) 21:37 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントさんへ
コメントありがとうございます。

では申し込みの前に
少しメールカウンセリングをいたしますのでよろしくお願いします。

後ほどメールいたします。

2011/03/05(Sat) 06:09 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック