マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
うつ病の方に多いのは
自己犠牲、几帳面タイプです。


うつ病を患う方は、
「いい人」が多い。

自分の事は置いておいて100%他人の幸せ・・
これは大変美しい事ですが、
やらなくて良いと思います。



もちろん出来る人は、
大いにやっていただければ良いのですが。。
それはそれで素晴らしい事です。


ちなみに
マザーテレサは24時間全てを投げうって、
本当に貧しい人達に奉仕されました。
行動で示されました。
大変な功徳だと思います。

しかし、我々は凡人です。
みんながみんなテレサのように
出来るのでしょうか。

凡人が家庭も仕事も全て投げ捨てて
奉仕はできますか?


お釈迦様の場合、少し視点を変えます。
自分の能力の範囲で、
出来る事をムリせずやるという事です。


「自利利他」という言葉があります。


これは
「半ば自分の幸せを、半ば他人の幸せを」

「自分に利がある事は、即、他人に利があること」



これが一般人ができる、
ムリの無い慈悲です。

お釈迦様の教えは非常に、
うつ病、神経症に優しい教えです。
一般人が出来る事しか説きません。


100%自己犠牲の優しさは、
美しいのですが少し盲点があります。



それは「自分を粗末にしすぎています」


本当の優しさは「自分も含めた」
みんなへの優しさが健全な慈悲です。

自分を本当の意味で大切に出来ない人は、
他人を大切にする事も出来ません。


もっと自分にも優しくしてあげてください。

自分の「いのち」を粗末にする人は私は嫌いです。
次はあなたが幸せになる番です。

100%自己犠牲は
必ずしも愛ではありません。


我々は聖者ではありません。
背伸びしなくて良いです。
出来る範囲でやればいいのです。

もちろん自分の事ばっかりもNGです。
逆に他人の事ばっかりもNGです。


自分も他人も平等に優しくする事が
ムリの無い優しさかと思います。





↓ランキング参加しております。よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
3クリックしていただいた方へ・・・ご支援ありがとうございました。

【2010/11/27 20:28】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |

はじめまして。
カンナ
私はうつ病ではなく、摂食障害からの慢性的な抑うつ状態に悩んでいる者ですが、最近、貴方様のブログを拝読するようになって、癒されることが多いです。 よろしければ、貴方様の知識の中の「摂食障害というこころ」を時々、記事にしてくださいませんか。
もしよろしければ、お願いします。

Re: カンナさんへ
ショウセイ
カンナさん。コメントありがとうございます。

摂食障害でお困りの方、過去に少し対応した事があります。
その時に感じた事を踏まえて、
機会がありましたら少し語らせていただきますね。
(その他の心理の事で書く事がたくさんありますゆえ、いつになるかは未定です)


当カウンセリングでは、摂食障害対応ワークも行っております。
もちろん全部が全部成功する訳ではありませんが。

後ほどブログにお邪魔させていただきますねi-260
それでは。



ハッチ
私は以前、キリスト教の影響をかなり受けていたので、自分を犠牲にしすぎる傾向がありました。
自分を粗末にしてしまった時期もありました。

最近はキリスト教や西洋的思考法に限界を感じているので、これからは仏教を学んでゆきたいと思います。お釈迦様の自利利他の教えは具体的で無理がなくていいですね。心が楽になります。

Re: ハッチさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。
お返事遅れました。

そうですね。仏教式啓発法はまず自分がしっかり幸せになることです。
そして
周りに対し、ムリのない優しさを実践出来る人になりましょう。


例えば日常で職場や取引先の人に、微笑みと和やかな雰囲気で接してあげる。
これも立派な慈悲です。

寂しそうにしてる人に、優しく接してあげる・・これも慈悲です。

悲しそうにしてる人に、寄り添ってあげる・・これも慈悲です。

自分の能力の範囲で「利他行」をする。

そして自分では手に負えない・・と思ったらやらなくて良いです。
それでもやろうとすると潜在意識的に「抑圧」になります。
うつ病になります。

これが私達一般人が出来る慈悲です。

でも自分も幸せになる事、忘れないでくださいね。


今日から良い種をまいていきましょう。
その種はやがてハッチさんの幸せの花になりますよi-179


山中紹聖i-260

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
私はうつ病ではなく、摂食障害からの慢性的な抑うつ状態に悩んでいる者ですが、最近、貴方様のブログを拝読するようになって、癒されることが多いです。 よろしければ、貴方様の知識の中の「摂食障害というこころ」を時々、記事にしてくださいませんか。
もしよろしければ、お願いします。
2010/11/29(Mon) 11:13 | URL  | カンナ #-[ 編集]
Re: カンナさんへ
カンナさん。コメントありがとうございます。

摂食障害でお困りの方、過去に少し対応した事があります。
その時に感じた事を踏まえて、
機会がありましたら少し語らせていただきますね。
(その他の心理の事で書く事がたくさんありますゆえ、いつになるかは未定です)


当カウンセリングでは、摂食障害対応ワークも行っております。
もちろん全部が全部成功する訳ではありませんが。

後ほどブログにお邪魔させていただきますねi-260
それでは。
2010/11/29(Mon) 16:18 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
私は以前、キリスト教の影響をかなり受けていたので、自分を犠牲にしすぎる傾向がありました。
自分を粗末にしてしまった時期もありました。

最近はキリスト教や西洋的思考法に限界を感じているので、これからは仏教を学んでゆきたいと思います。お釈迦様の自利利他の教えは具体的で無理がなくていいですね。心が楽になります。
2010/11/29(Mon) 18:39 | URL  | ハッチ #-[ 編集]
Re: ハッチさんへ
コメントありがとうございます。
お返事遅れました。

そうですね。仏教式啓発法はまず自分がしっかり幸せになることです。
そして
周りに対し、ムリのない優しさを実践出来る人になりましょう。


例えば日常で職場や取引先の人に、微笑みと和やかな雰囲気で接してあげる。
これも立派な慈悲です。

寂しそうにしてる人に、優しく接してあげる・・これも慈悲です。

悲しそうにしてる人に、寄り添ってあげる・・これも慈悲です。

自分の能力の範囲で「利他行」をする。

そして自分では手に負えない・・と思ったらやらなくて良いです。
それでもやろうとすると潜在意識的に「抑圧」になります。
うつ病になります。

これが私達一般人が出来る慈悲です。

でも自分も幸せになる事、忘れないでくださいね。


今日から良い種をまいていきましょう。
その種はやがてハッチさんの幸せの花になりますよi-179


山中紹聖i-260
2010/11/30(Tue) 08:01 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック