マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「うつ病急性期」


うつ病が治っていく
標準的モデルを書いていきます。

まず、
「うつ病急性期」のお話からしていきます。

その前に当ブログの特徴です。


当心理カウンセラーのスタンスは

①心理臨床の教科書的なものを中心に

②かつての自分の
鬱病・神経症(強迫性障害)患者体験

③当時の患者仲間達の分析

④約12年、心理カウンセラーとしての
現場の視点
(2016年現在)

四段構えの視点から語ります。


そして効果的な
心理カウンセラー(心理療法)の
介入タイミングについても語っていきます。


薬物療法にプラスして、

心理カウンセリングや、
心理療法を併用しますと、

もっと効果的に
回復に向かう可能性が高いと思います。





さて、本題に入ります。

「うつ病、急性期の過ごし方」

*これはうつ病だけでなく、
神経症(不安障害)
同様にとらえてください。



急性期とは、うつ病や神経症、
発症したての「どん底の状態」

特にひどい方ですと、
自殺念慮があったりする
命の危険な状態

(私が昔、患者時代そうでした)


思考が鈍くなったり、
病的な倦怠感、物忘れ、

過眠または不眠、
過食または拒食・・様々な症状。


私の場合ですと、
うつ病急性期は

例えば、風邪をひいて
40度くらいの熱があり

身体が重くダルく
動かないような状態でした
(もちろん熱はありませんが)

これは鬱病の特徴の一つ
「鉛様麻痺」といいます。


よく鉛様麻痺は非定型うつ病の
典型症状と言いますが、

今までの
心理カウンセリング現場の視点+
リアル患者の視点から言いますと

ノーマルなうつ病でも
訴える方が多いです。

*鉛様麻痺について詳しい説明は
こちらをご覧ください。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-20.html



うつ病、急性期は
「どうやってこの世から消えようか・・」
そんな思考の毎日。


ですが鬱病は
適切な対応をすれば治る病気です。

*(薬物療法と、回復期からの心理療法の合わせ技。
これは次回から詳しく述べます)


私自身も回復し
今、こうして元気にここにいます。

(しかも私の場合、
強迫性障害も併発していました。
それでもちゃんと治ります)

また、今まで当カウンセリングを受けられた
クライエントさん達も
復活された方、多々みえます。



さて急性期、

この時期はムリに
精神力で治そうとか、

気合いが足りないとか
考えなくて良いと思います。


まずポイントは
「現在の症状になりきる事」


現在こういった症状が起きてるのだから、
これが現実・事実です。

ジタバタせず
その症状に身をゆだねてください。


症状があるんだからしょうがない。

うつ病なんだからしょうがない・・と、
むしろ開き直ってください。


まず、この現実を認める事。
これはむしろ自然な事。

*特に日本男児のサムライは
自分がうつ病という事実を
認められない方が多い。

私も最初そうでした(笑)


================
まず「急性期」
病院へ行ってください。
================

そして薬物療法を行ってください。

薬を飲んで2~3週間くらいすると
ボチボチ効き始めます。

(個人差あり。薬に関しては
病院の指示に従ってください)


急性期は
煩わしい俗世の事は忘れ、

ゆっくり休み、
エネルギーを充電してください。


診断書をいただき、
休職を推奨します。

仕事より
「あなたの命の方が大事です」



================
「春の来ない冬はない」
================


数週間は辛いですが、

必ず次の段階
「回復期(前期)」に入りますので。

それは自然法則的に入ります。


この「急性期」に関しては、
心理カウンセラーの出番は、ほとんどありません。

心理療法も
やらない方が良いと思います。


薬を服用した→敗北・・とか
考えなくて良いです。
誰でも病気になったら薬を飲むでしょうに。

風邪をひいたら薬を飲むのと同じように
当たり前の事です。


そして鬱というものは、
人間という生命体にとって自然な事。



後で克服した時、
気付く方が多いです。

うつ病から学ばされる事が
多いと思います。

うつ病があったからこそ
より良く生きられるんです。


・・でもこの章(急性期)では
あまり哲学的なお話はしません。

「今は難しい事考えず、
お休みする時」

お薬を定められた通り服用し
ゆっくりお休みしてください。


*ちなみに、このブログ全体(900ページ超)が
リアルうつ病克服者の生の体験談です。

(元うつ病・神経症患者である私自身+
今まで12年の心理カウンセラーとしての現場の視点)


尚、「克服(根治)」と
「寛解(かんかい)」は違います。

これについては、別項目で詳しく語っております。
当ブログでは「克服」について語っていきます。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-24.html



日本男児・サムライは

自分がうつ病であることを
認めたがりませんが

(その点、女性は柔軟な発想の方が多い。
ゆえに、うつ病への対処も早い)

そのまま放置しておりますと、
どんどん悪化して

取り返しのつかないことに
なります。


別にうつ病に
なったからといって
負けじゃない

うつ病は
ウインドウズの
バージョンアップのように

心と脳のバージョンアップの
過渡期ととらえてください。


正しいセオリーで
うつ病を克服したとき

「バージョンアップしたあなた」が
誕生します。


大丈夫です。

まず心療内科などの
薬物療法から始めましょう。



さて、次回は
「回復期前期」のお話をいたします。



<続く>


ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail




☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
固くお断りします。


【2010/05/10 05:20】 | うつ病
トラックバック(0) |


あい
http://www.youtube.com/watch?v=ghU-Lme8o8Q

疲れたときに

きいたことあったらごめんなさい

Re: あいさんへ
ショウセイ
素敵な曲をありがとうございます。
「さくら」癒されますねv-410

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントUさんへ
ショウセイ
> 先生のブログを拝見致しますとホッと致します。
> 当方、どうやら逆戻りの様相ですが、瞑想は続けております。始めたばかりで現実に留まる事の難しさを実感する毎日ですが、きっとできると信じて日々精進を続けたいと思います。一進一退、でも気持ちだけは前進です。


コメントありがとうございます。
はい。回復するという事は、
カウンセリングでもお話ししましたが「波」です。

マインドフルネスを行っていきますと、まず少し軽くなります。
ですが、またうつ状態になるときがあります。
しかし以前よりは「落ち加減」が軽いかと思います。
そしてその状態は移り変わり、また良い感じになります。
ですが、また落ちます。ですが先ほど同様「落ち加減」が軽くなります。

・・・そんな感じを長いスパンで繰り返し、
やがて波は平行線になり「そもそも、そういった事どうでもよくなってきます」
その状態が回復であり克服と言ってもよいかと思います。
その時、自分が今まで障害と思っていたことは「無害」であることに気付きます。

大切なのは「落ちた」「よくなった」に『とらわれず』
日々淡々とマインドフルネスを行っていく事です。
「気分本位ではなく目的本位」ですね。

それでは精進を続けてまいりましょうね。
応援してますよv-410



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
http://www.youtube.com/watch?v=ghU-Lme8o8Q

疲れたときに

きいたことあったらごめんなさい
2013/06/08(Sat) 14:18 | URL  | あい #-[ 編集]
Re: あいさんへ
素敵な曲をありがとうございます。
「さくら」癒されますねv-410
2013/06/08(Sat) 22:36 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/09(Sun) 23:32 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントUさんへ
> 先生のブログを拝見致しますとホッと致します。
> 当方、どうやら逆戻りの様相ですが、瞑想は続けております。始めたばかりで現実に留まる事の難しさを実感する毎日ですが、きっとできると信じて日々精進を続けたいと思います。一進一退、でも気持ちだけは前進です。


コメントありがとうございます。
はい。回復するという事は、
カウンセリングでもお話ししましたが「波」です。

マインドフルネスを行っていきますと、まず少し軽くなります。
ですが、またうつ状態になるときがあります。
しかし以前よりは「落ち加減」が軽いかと思います。
そしてその状態は移り変わり、また良い感じになります。
ですが、また落ちます。ですが先ほど同様「落ち加減」が軽くなります。

・・・そんな感じを長いスパンで繰り返し、
やがて波は平行線になり「そもそも、そういった事どうでもよくなってきます」
その状態が回復であり克服と言ってもよいかと思います。
その時、自分が今まで障害と思っていたことは「無害」であることに気付きます。

大切なのは「落ちた」「よくなった」に『とらわれず』
日々淡々とマインドフルネスを行っていく事です。
「気分本位ではなく目的本位」ですね。

それでは精進を続けてまいりましょうね。
応援してますよv-410

2013/06/10(Mon) 10:11 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック