マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
私が重い病気を患い、
苦しくて死を意識した時
(奇跡的な復活をしたのですが)

病院のベッドの脇に右に2人、左に1人
金色に輝く子供のようなもの?が見えました。
その金色の子供?は
じーっと私を見守っているようでした。

そしてお腹の上、40cmくらいのところに
濃い黄色に近い「金色の玉」(直径50cmくらい)
が浮かんでいました。
キーンキーンという心地よい音をたてて。


そこからですね。
心臓移植しか助からないかも・・
と言われたものが回復したのは。
(一応現在落ち着いていますが闘病中です)

現在の担当医もデータをみて
「んんん!?理解不能状態です(笑)」


潜在意識を学んでいますと、
不思議な事がよく起こるものです。


ただ
「不思議な事」ばかりフォーカスするのは間違いです。
「不思議な事」は単なる副産物です。


あとよくある一例ですが、
「あの人、今頃何してるのかな・・」と思案していますと
その人から電話がかかってきたり。

私が危険な状態で入院した時、
実家で私に良くなつく猫が
突然失踪しました。

その猫は室内の猫で、
2年間一度も外に出た事がない猫でした。
私が入院した三日後に突然失踪です。

そして私が復活し、三か月後に退院した時、
その猫もひょっこり帰ってきました。

その猫ちゃん。
私の膝の上で満面の笑みを浮かべてゴロゴロいってました
猫の恩返し!?(笑)


その他もっと不思議な事がありましたが、
ブログで書けない事ですので
この辺にしておきます。


これらは分析心理学(ユング説)では
シンクロニシティ(共時性)といいます。
シンクロニシティに関しては
オカルトっぽくなってしまいますので、
これ以上触れませんが


最初のお話。
病床で私が見た「金色の子供達」に関して、

「いわゆる霊現象」
脳や心理学的視点から解説いたします。


<続く>




FC2blog テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2010/11/17 05:47】 | 分析心理学の視点 「ユング心理学」
トラックバック(0) |

こんばんは
風の卵
風の卵です。
続き、明日を待っていますね。


Re: 風の卵さんへ
ショウセイ
ありがとうございますi-260


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
風の卵です。
続き、明日を待っていますね。
2010/11/17(Wed) 22:07 | URL  | 風の卵 #-[ 編集]
Re: 風の卵さんへ
ありがとうございますi-260
2010/11/18(Thu) 05:52 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック