マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「カラーセラピーと黒」


カラーセラピーをされるセラピストさんは
主に二つに分かれます。

一つはファッションやコーディネート系に行く方。
もう一つはメンタル系に行く方。

ちなみに私は
完全にメンタル系に特化してます。



さて、今日のお話は黒について。

カラーセラピーでは
はタブーとするセラピストさんもみえます。
理由は黒はダークな意味合いが強く、
メリットがあまり無い・・という論もあります。

これは賛否両論です。


私は時に黒OKかと思います。

あくまでも「時に」です。
無意識的に黒を選ぶことは、
その人の潜在意識は
黒が必要だというメッセージなんです。


例えば、うつ病などで塞ぎこんでる時
あまりキンキラキンな色は、
かえってストレスになる場合が多いんですね。

普通の方でも、こういったケースはあるのですが、
うつ病はもっと重たくなる。
危険なレベルになるくらい。


一旦今の気持ちの毒出しが必要。
それは濃い紫深い青などに
感情を投影させるんです。



よくブルーな気持ちっていいますよね。
鬱な気持ちの投影です。

そして感情が落ち着いてきた頃に
徐々に明るい色に誘導していく。

そうすると案外、
明るい色を受容しやすいんですね。



カウンセリングもそうです。
鬱病でどん底の方に
キンキラキンに明るく接するのはKYです。

空気読めてません。
鬱病の人は本当にイライラしてきます。


ですのでカラー理論のように、
最初は同化してあげると良いかと思います。

少しトーンを落として、
少しダークな色を出します。

あんまりダークすぎますと
クライエントさんが引いてしまいますので(笑)
ほど良くダークです。

ポジティブなんですけど少し哀しいオーラ・・・
そんな感じで共感してあげると良いです。

そして回を重ねるごとに、
徐々に明るい方へ導いていきます。



<続く>



【2010/10/28 06:27】 | カラーセラピーの視点
トラックバック(0) |

こんにちは!
kimataka
私は物心ついた頃から一貫して
濃い紫が大好きなんですけど、
これはどういう意味なんですかね?

ちなみに紫でも濃くないとダメなんですw


空花
いつも楽しく読ませていただいています。
ためになります。

私の写真に青や紫が多い理由が、
自分でも分かったように思います(笑)。

そう!『毒出し』をしていたんですね!!
きっとショウセイさんはお見通しだったんですかね?

Re: kimatakaさんへ
ショウセイ
はい。なるほど。
よくあるパターンです。

今から仕事がありますので、今晩か明日メールカウンセリングしますi-234
おたのしみにe-420


Re: 空花さんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

空花さんのお写真は深い青や紫が多いのですが、「希望の種」がみえます。
ですので空花さんのお写真好きですよe-420

そうかもしれませんね。
写真に蓄積された感情を投影して、自身の心を客観視していたのかもしれませんね。

自身を受容してる作業中です。

今が空花さんにとって大切で貴重な時間なんですよi-260


心理学的な解釈はさておき、空花さんのお写真は作品として素晴らしいと思います。
いつも素敵なお写真をみせていただいてありがとうございます。



つばめとそら
ショウセイさん、こんばんは。

色の選択にもそんな考えがあるのですね。
私もメンタルの調子がよかったころはお気に入りのわりとカラフルなシャツに派手めなネクタイを選んだものでした。
でもメンタル面が低調になってくると、なんとなく地味めな選択をする自分に気付きます。
派手目なチョイスをするときにはメンタル的に調子がいいなというバロメーターになっています。
そうはいいつつ、私は生まれてこの方ずっと空の色、青い色が好きです。
中でも地上10,000mを飛ぶ飛行機からさらに見上げる成層圏の空の色は本当に素晴らしいと思います。

Re: つばめとそらさんへ
ショウセイ
つばめとそらさん。コメントありがとうございます。
はい。これらは色彩心理学に基づいたカウンセリング手法です。

そうですね。服装や身につけるものなど。。
カラーは今の精神状態をダイレクトに表します。
そうして私達は自然に自我の安定を図ってるんですね。

成層圏の空の色・・イメージできますよ。
すがすがしいカラーですね。
青にも黒の要素が強い青。
白の要素が強い青があります。
きっと白の輝かしい青なんでしょうね。

その大空のさわやかな青は、つばめとそらさんの一生の素晴らしいテーマかもしれません。
もしお嫌いでなければ、そこに少しの「赤系の色」を入れられるともっとパワーが出るかもしれません。

それではまたいらしてくださいね。


山中紹聖i-260


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
私は物心ついた頃から一貫して
濃い紫が大好きなんですけど、
これはどういう意味なんですかね?

ちなみに紫でも濃くないとダメなんですw
2010/10/28(Thu) 14:11 | URL  | kimataka #-[ 編集]
いつも楽しく読ませていただいています。
ためになります。

私の写真に青や紫が多い理由が、
自分でも分かったように思います(笑)。

そう!『毒出し』をしていたんですね!!
きっとショウセイさんはお見通しだったんですかね?
2010/10/28(Thu) 14:41 | URL  | 空花 #-[ 編集]
Re: kimatakaさんへ
はい。なるほど。
よくあるパターンです。

今から仕事がありますので、今晩か明日メールカウンセリングしますi-234
おたのしみにe-420
2010/10/28(Thu) 14:45 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
Re: 空花さんへ
コメントありがとうございます。

空花さんのお写真は深い青や紫が多いのですが、「希望の種」がみえます。
ですので空花さんのお写真好きですよe-420

そうかもしれませんね。
写真に蓄積された感情を投影して、自身の心を客観視していたのかもしれませんね。

自身を受容してる作業中です。

今が空花さんにとって大切で貴重な時間なんですよi-260


心理学的な解釈はさておき、空花さんのお写真は作品として素晴らしいと思います。
いつも素敵なお写真をみせていただいてありがとうございます。
2010/10/28(Thu) 15:01 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
ショウセイさん、こんばんは。

色の選択にもそんな考えがあるのですね。
私もメンタルの調子がよかったころはお気に入りのわりとカラフルなシャツに派手めなネクタイを選んだものでした。
でもメンタル面が低調になってくると、なんとなく地味めな選択をする自分に気付きます。
派手目なチョイスをするときにはメンタル的に調子がいいなというバロメーターになっています。
そうはいいつつ、私は生まれてこの方ずっと空の色、青い色が好きです。
中でも地上10,000mを飛ぶ飛行機からさらに見上げる成層圏の空の色は本当に素晴らしいと思います。
2010/10/28(Thu) 23:50 | URL  | つばめとそら #-[ 編集]
Re: つばめとそらさんへ
つばめとそらさん。コメントありがとうございます。
はい。これらは色彩心理学に基づいたカウンセリング手法です。

そうですね。服装や身につけるものなど。。
カラーは今の精神状態をダイレクトに表します。
そうして私達は自然に自我の安定を図ってるんですね。

成層圏の空の色・・イメージできますよ。
すがすがしいカラーですね。
青にも黒の要素が強い青。
白の要素が強い青があります。
きっと白の輝かしい青なんでしょうね。

その大空のさわやかな青は、つばめとそらさんの一生の素晴らしいテーマかもしれません。
もしお嫌いでなければ、そこに少しの「赤系の色」を入れられるともっとパワーが出るかもしれません。

それではまたいらしてくださいね。


山中紹聖i-260
2010/10/29(Fri) 03:20 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック