マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
カウンセリング、
レッスンでいつも言う事があります。

教わったことを家で練習し、
例えうまく集中できなくても
悲観的になる必要はありません。


例えるなら
メジャーリーグで
三割打てれば大したものでしょう?



そうです、
レッスンも打率3割と同じで
10回やって3、4回くらい
良い感じを体感できればOK。
大したものです。

世の稽古事もこんな感覚でやられると
長続きするかもしれませんね。



私自身も一応指導する立場ですので
中途半端な事は出来ません。
毎日やっております。
ですが10打数10安打は、さすがにムリです。


3回の良い感じ。
その感覚をよく覚えておいてください。
その成功体験をよく焼き付けておいてください。

その感覚が
日常生活において後で役に立ちますから。


それが心の病から回復する
きっかけになります!





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

【2010/10/31 14:03】 | マインドフルネス心理療法とは?     (技術編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック