マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
不安はよりよく生きたい
(健全な生の欲望)の裏返し。

不安を消そうとすることは、
生の欲望をも消すことになります。



人が持つ「生の欲望」
それがあるから生きてるんですね。
そして「生の欲望と不安」
二つで一つ、セットです。

何か事を起こす前に
「不安はあっていけないんだ!」「不安をどうにかしなくちゃ!」と
もがけばもがくほど不安は強くなります。


不安を排除しようとするその行為が、
ますます不安を増長します。



クモの巣に引っ掛かった獲物のように、
もがけばもがくほど、
糸でがんじがらめになり逃げられなくなります。

クモの糸(不安)を
なんとかしようとするのではなく、
飛び立つ事(行動)に専念する。
そうすると案外クモの巣から脱出できます。


不安を何とかしようとする
「はからい」「強迫観念的な儀式」が余計不安を強くします。
前にお話しましたが強迫観念的な儀式とは、

「何かをする前にドアのノブを
6秒間触らなければ失敗する確立が85%・・」

(その人にとっては8秒じゃダメなんです。
あくまでも6秒触らなければダメなんです)

などの本人はおかしいと分かってるのだけど、
やらざるを得ない事です。


不安→はからい

不安→はからい

不安→はからい


どんどん強くなっていきます。
このことを「精神交互作用」といいます。
悪循環を断ちましょう。


精神交互作用をわかりやすく言いますと、
子供の頃想い浮かべてください。

叱られて泣きそうな時、
「泣かないの!」と周りから言われると
余計泣きたくなった経験ありませんか?

あと緊張しないように・・
と思いこむと余計とらわれて緊張してしまうとか。。


不安は不安のままに
緊張は緊張のままに

それをどうにかしようとするのではなく

まずは小さな事から
行動に突入してみる。

不安があるということは、
あなたの「一生懸命ちゃんとやりたい」という
健全な欲求の表れなんですから。


不安はあっていいんです。不安OK。
不安はあなたが一生懸命生きてる証拠ですよ。



当ブログで何度も言いますが、
頭の理論だけでは役に立ちませんから

当カウンセリングでは、心理学的理論に適った、
「具体的な」練習(行動療法)で、
実際日常で使えるようにしていきます。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html





FC2blog テーマ:強迫性障害・強迫神経症 - ジャンル:心と身体

【2010/10/13 09:05】 | 神経症(不安障害) 「克服のヒント」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメさんへ
ショウセイ
相談の件、了解です。

少々お待ちを。。
後ほど訪問させていただきます。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/13(Wed) 15:58 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメさんへ
相談の件、了解です。

少々お待ちを。。
後ほど訪問させていただきます。
2010/10/14(Thu) 05:36 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック