FC2ブログ
マインドフルネス仏式瞑想・森田療法を使った「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング) 
識(しき・ヴィンニャーナ)」について。

~何でもかんでもネガティブ(ストレス)に
とらえてしまう心理グセを直すには?~



今回はマインドフルネス仏式瞑想的な

「幸・不幸の正体」
そして「こころの病が本当の意味で治るとは?」について
語ってまいります。


長年のうつ病・神経症(不安障害)・
生き辛さに苦しむ人々が
何かの参考になれば、筆者は幸いに思います。

中~後半は少し難しいお話になりますが、
どうぞよろしくお願いいたします。




まずはこんなお話からいたします。

たとえば
今、雨が降っているとします


A、
真夏に何日も雨が降らず、
ダムの水ガメが干上がっているとします。

このまま熱波が続けば、断水どころか、
深刻な被害が出そうだ。

雨が降った→ 恵みの雨。救われた。非常にラッキー

(Aの人は、雨が降った→ 救われた・ラッキー)



B、
OLのうつ子さんは、
今日、彼氏と遊園地にデートする約束。

そのために前々から会社にシフト調整し、
無理言って休みを確保していました。

楽しみにしていたデートの日。
雨・雨・雨・・・大雨

うつ子
「なんでやねん!最悪!
本当に私はツイていない!私の人生はいつもこうだ!
せっかく休みをとったのに。
楽しみにしていたのに・・(泣)絶望」

(Bの人は雨が降った→ 絶望)



もしくはこんなパターン。


A、
雨が降っているとします。

なんだ。今日は外で遊ぶ予定だったのに!

まぁいいや。予定変更で
今日は図書館で読みたかった本を読もう。

普段忙しいので、じっくり本を読み
知的スキルを身につけるのは
なんて「贅沢な時間」なんだ。ラッキーかも。

(Aの人は雨が降った→ 贅沢な時間)



B、
雨が降っている

なんだ。今日は出かける予定だったのに!

最悪!私はなんてツイていない人間だ。
私の人生はいつも雨だ。

昨日も会社でイヤな事があったし、
私の人生いつも悪天候。本当にイヤになる。。
天気すらも私の人生の邪魔をしようとする。

そしてイライラし
謎の身体症状&精神症状。
疲れ果てて、いつもの精神薬。

(Bの人、雨が降った→ 天気は私の人生の邪魔をしようとしている)




・・・さて、雨が降っています。

ただそこに「雨が降っている」という
現象(事実)
があるわけですね。


ですがその純然たる現象に対し、
AとBの人の「識(しき:認知・モノのとらえ方)」により、

幸か不幸か決まってしまいます。



つまり雨が降っているから
不幸なのではなく、

その人の「識(認知・認識)」の仕方によって
幸・不幸が決まります。

環境のせいではありません。



*うつ子さんのケースは少しかわいそうですが、
視点を変えると、スッと機転を利かし、

インドアのデートに
変更すればよいのではないかと思います。

かえってインドアの方が
恋人と心通わせる事が出来る事もありますね。

昨今はスマホなど便利なものがありますので、
食べログなど見たりして、すぐに
新たなデートコースも作れると思います。




はい。話を戻します。


そこにはただ、無色透明な自然現象・
汚れの無い事実


『雨が降っている』という
自然現象があるだけ
なのに、

その人の識(認識)次第で
白か黒に染まってしまいます。


*もっとも、地球・大宇宙にとっては
雨が降っているという現象は
一つの自然現象であって、どうだっていいことなんですが。



~全ては「識」である~


幸せ・不幸。ツイている・ツイていない。
ラッキー・アンラッキーは、
その人の「識(しき・認識)」が決めます。

現象は同じなんですが、

その人がどう認知するかで、
ラッキーかラッキーでないかが決まります。


人生何やっても、
たとえどんなひどい環境でも幸福な人、

うつ病・神経症になりにくい人は
「識」を上手に扱える人



識を上手に扱えるようになりますと、
それが生化学的な
物理現象としても現れるようになります。


物事をどう認識するかによって、

その人の脳内ではハッピーホルモン
(セロトニン・ドーパミン・もっといくとβエンドルフィンなど)
が出せるようになりますし、

逆に、不幸なとらえ方をしますと、
瞬間的にコルチゾールやアドレナリンなどの
ストレスホルモンを出すようになります。


形のない世界(精神現象)から、
形ある世界(ホルモン)に
変換される時間は一瞬のことです。

「認識確定した瞬間」、すぐホルモンが分泌されます。


~形ない世界は、形ある世界に現れる。
逆に、形ある世界は、形ない世界に影響を与える。
それは相互リンクしています~

「色即是空・空即是色・受想行識・亦復如是」
(般若心経より)




・・・ただ、
ここまでの話で、


「なるほど。モノのとらえ方を上手にしていくと
ハッピーになれるんだな。納得!」

という人はよいのですが、


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・「それは分かっちゃいるけど、
それが出来ないから困っているんですよ!!」


・これでは、肩をポンとたたいて、
「ポジティブに考えようね!」・・はい。おしまい。

という、世にある薄っぺらい精神論と同じじゃないですか。。
納得いきません」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


という方は、お付き合いいたします。

ではもっと深く学習しましょう。
そして心理療法のお稽古することを
おすすめいたします。



ではもう少し掘り下げましょうか。

心理療法(マインドフルネス仏式瞑想など)は
何をするのか?


~理論編~
(ここから少し話が難しくなります)


1、
まず私達の心の構造は
「五蘊(ごうん)」で出来ております。

色:ルーパ
(物理世界:肉体)
(冒頭の例ですと、雨が降るなどの現象)

受:ヴェーダナー
(五官がそれら情報をキャッチし、入力)
*この時点では、原始的な苦や楽などの感覚。

想:サンニャー
(既有知識:人生で蓄えてきた頭の中の知識・概念・その人独特の心の構え)

行:サンカーラ
(反応反発のエネルギーが生じる・心の衝動)

そして今回のテーマの
識:ヴィンニャーナ
(認識確定)になります。


もっと詳しい専門的なお話は
当講義で学習しますので、ここでは割愛しますが。

*(たとえば、識・認識確定されてしまいますと、
次の心の流れに、またそれが影響されてしまう・・など)



2、
「うーん。難しいです。よく分かりません」
という方に、
上記図式をもう少し簡単に言いますと、

私達は認識確定するまでに
プロセス」があるということ。


まず、
目(視覚)や耳(聴覚)・鼻(嗅覚)・舌(味覚)・触覚。
物事を五官(五感・五根)がとらえますね。

そして五官が情報をキャッチしましたら、
電気的信号(インパルス)に変わり、

聴覚野、視覚野など
脳内の各部位にその信号が伝達され
五感情報を認知します。

こころ・脳内で認識に至る過程』があります。




3、
「すみません。まだ難しいです。分かりません!」
という方に、

ではもう少し噛み砕きましょう。


あなたの目や耳がありますね?

映像や音をキャッチしたら、それが脳内で
「この音は何なのか?どう感じ、どう思うのか?」などの

その人独特の「認識」に変わるでしょう?



========================
☆ 「その認識に変わっていくプロセス・過程」に
上手に手を加えていきます

心理作業をしていきます。

(ただし心理療法家についてもらい、専門的訓練が必要)
========================




「六根清浄」(ろっこんしょうじょう)
(四国のお遍路さんで有名な言葉ですね)


こんな作業を日々行っていますと、
やがて五官(五根)から入力される情報。

また脳内の情報に対し、
(五根+こころ・脳内情報→ 六根)


上手な智慧ある関わり方・
扱いが出来るようになっていきます。

さらに続けますと、
それが良い「クセ」になっていきます。


対人関係・世の中・物事に対し、

朗らかで楽しい、
ポジティブで建設的な考え方・とらえ方が
自然に出来るようになっていきます。
(六根清浄)




「結論」


うつ病や神経症傾向の方々は、
五感情報、頭の中の情報に対し、

何でもかんでも
ネガティブにとらえてしまう

「独特の認識パターン」のクセが
あると思います。 うつ子さんのように。

(これを心理学では
「認知の歪み」といいます)

*仏教心理学では、お金や環境よりも、
この状態が「不幸」と定義します。



仏教心理学という学問・アプローチ法では、
(マインドフルネス仏式瞑想)
そのネガティブな認識パターンを

具体的な心理学・脳科学的な方法で、
修正していく技術を身につけていきます。



認識パターンが変われば、

脳内ホルモンや脳内血流の流れ、
電気信号パターンも変わり、

脳の病気も治っていき、
心の病も治っていくどころか・・・


その根底にある
心の病の方々が、大抵抱えています
生き辛さ」も直っていく
と思います。

*こころの病の方々の根底にあるもの

生き辛さ

これは抗うつ薬では治りません。

化学薬品うんぬん・・の問題ではなく、
哲学的な(こころの)問題です。




そして究極を言いますと、

「人生、幸せな人に
うつ病患者はいないでしょう?」


そうです。
幸せになればいいだけの話です。



ただ、これだけですと、

具体策の無い、
単なる脳天気な抽象論に
なってしまいますので、

そのための具体的・脳科学・心理学的
方法論・お稽古法が
「マインドフルネス仏式瞑想」です。




うつ・神経症の方々は、
今までの人生辛かったと思います。


うつ病・神経症と
診断(発症)されてから苦しくなったのではなくて・・・

実を言うと、昔から「生き辛さ」を
抱えていたのではないでしょうか?

(私も元うつ病・
元強迫神経症患者として、これは痛感しております)


================
今までいっぱい苦しんだ分、
今後の人生は、
いっぱい幸せになっていきましょう。
================


そのために現状の殻を破り、

一歩踏み出してみることを
おすすめいたします。

心理療法を取り入れた生活をしてみます。

具体的に動くと、
具体的に状況は変わっていきます。




すべては「識」
すべては、あなたの心が作り出した世界



こころで何を作るか。
何を作っていくかも自分次第。

幸せや、心の病の回復は
外部からやってくるものではなく、

誰かに与えられるのを待つのではなく、
自分が作っていくもの かと思います。


どうぞお幸せでありますように。




p.s
今年も終わりですね。
良いお年をお迎えくださいませ。
来年もよろしくお願いいたします。



山中心理相談所
・心理カウンセラー
・マインドフルネス仏式瞑想インストラクター

山中紹聖






よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。






 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。





【2018/12/26 13:52】 | マインドフルネス「理論基礎講座」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック