FC2ブログ
マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「うつ病・神経症(不安症)に対する
マインドフルネス森田療法的アプローチ」



~序章~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
神経症(不安症)の根源には

潜在意識に強烈に抑圧された、
生存本能存在欲)があります

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それが普段・日常の
「表層意識レベル」に顔を出した状態が
うつ・神経症などの、いわゆる心の病。

意識、無意識3




~第1章(理論編)~


もう少し分かりやすく説明しましょう。


たとえば、
神経症(不安症)の諸症状。

====================
人前で異常な緊張・赤面・震え。

外出時、異常なほどの鍵かけ確認。

過呼吸発作(パニック症)。

何かをする前に過剰な不安に駆り立たれる。
などなど・・・がありますね。
====================



森田療法やマインドフルネスを使った
仏式カウンセリングでは、

これらの源泉は「存在欲」ととらえます。
森田療法では「生の欲望」といいます



例えば、上記の例ですと、

私という個体を守りたいから
緊張し身構え、

私の財産を守りたいから
異常なほど鍵かけ確認、ガスの元栓確認。

私の存在を過剰に維持したいから、
過剰な呼吸(過呼吸発作)

私の存在が危険にさらされたくないから、
過剰な不安。



これら「存在欲(生の欲望)」が
潜在意識・深層心理の中で暴走しています。

存在欲が強いと
「わたし(我)への過剰な執着」が生じます。

これを森田療法では「我執」といいます。
(神経症は→我執の病理)



この存在欲・わたしへの執着。

・・これは
「では存在欲を消して死んでください」と
言っているわけではありません。


何でもモノは加減で、
存在欲(我執)が異常なレベルになると
病気になるということです。

加減の問題。


森田療法やマインドフルネス仏式瞑想
(仏式カウンセリング)は、

この加減を
「いい湯加減」に調整していきます。

社会生活に支障がないレベルに
加減調整していくということです。




たとえば、仏式カウンセリングでは
「空(くう)」のとらえ方

学習→ そしてそれを、マインドフルネス仏式瞑想を使い
身体(潜在意識)に染みこませていきます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Q、
よくお墓参りなどで、お経(般若心経)で、
「色即是空 空即是色」など耳にしますが、

「空(くう)」って何なのですか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



A、
はい。たとえば
「コップに入った一杯の水」

これを「あなた」だとします。


このコップの水を、海に注ぎます。
コップの水は無くなったのですか?


いいえ。一見無くなったかのように見えますが、
一杯の水は、大海に注がれ、全体に広がり、

ある時は波になり、ある時は潮の流れになり、
ある時は蒸発して雲になり、

「あなた(一杯の水)」は、
無くなったと言えば無くなったし、あると言えばあります。


私達人間は
およそ40~60兆の細胞の集合体。

細胞は原子・分子の集合体。

原子や分子は「素粒子」の集合体。


--------------------------------------------
そう。消えては現れる
粒子であり、さざ波。

それが科学の最小単位
「素粒子」


*仏教心理学では素粒子の事を
「カラーパ」といいます。
--------------------------------------------


「私達は素粒子のあぶくの集合体」


この地球も厳密に言いますと
「素粒子」のエネルギーの集合体。

素粒子の大海原の中の、
小波のようなものが私達人間。


コップの一杯の水が、
地球という大海原に注がれたようなもの。


「わたし」はあると言えばあるし、
無いと言えば無い。

これが空(くう)や、無我の一つのとらえ方。


色即是空 空即是色

色(形あるもの・わたし)は空であり、
空の中のわたし・物体(色)





~第2章~

*こういったとらえ方を
日常生活に浸透させていきます。

それにより「我執」が
社会生活に支障のないレベルに緩まっていく。



「観見二眼」
~観の目つよく、見の目よわく~


・・・ですが、私達は悟りを開いた
聖者や仙人ではありません。

「空」・・・とは言っても、私達は俗人。
日常の雑事に困惑し、振り回されます。


=================
ゆえに「空」の大きな視点(観の目)の
背景の中で、

日常の雑事(見の目)をこなしていく。

(*観の目つよく、見の目よわく)

・・という認識でいきます。
=================

*もう少し詳しく「観見二眼とは?」:宮本武蔵「五輪書」より

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1269.html



私達は僧侶ではないので、
そんな感じで会社・学校・主婦業など
社会生活を送っていきます。



日々のマインドフルネス仏式瞑想や、
森田療法の学習により、


空(くう)の学習を頭の理屈ではなく、
身体に、日常に、人生に染みこませていきますと、

「わたし」に対する執着が
緩やかになっていきます。


病的な我執(わたしへのとらわれ)が、
よい加減に緩んでいく

存在欲(過剰な生存本能・生の欲望)が
社会生活に支障がないレベルに緩み

もう守るべき「わたし」が緩いから

緊張も不安も・・
神経症の諸症状が消滅していきます。


「わたし(我執)」という
手かせ足かせ、重荷が外れますので、

人生・毎日が、軽やかになり、

「生き辛さ」も緩和され、
安穏で朗らか。幸福になっていきます。


世界中のどんな薬(抗うつ薬・抗不安薬)でも
根治しなかった心の病が、完全に消滅していきます。




今回のお話。

あまりに思想・哲学的で、
ピンとこない現代人には

存在欲・生の欲望を

「原始脳」の過剰な働き。


と、とらえますと
科学的かと思います。


大脳辺縁系をはじめとする、脳の古い部分

それは、私達が進化の過程で
爬虫類・ケダモノだった頃のなごりの部分。

そこの脳部位の暴走

・・・と、とらえると、
現代人は納得がいくのではないでしょうか?


実際、うつや神経症の方々の脳内では、

扁桃体などに、異常な血流・
電気的信号の偏り(暴走)が確認できます。


では空のとらえ方は?

かなり抽象度の上がった視点。物事を俯瞰する力は
前頭前野の仕事。

前頭前野は高次脳。人間の最も進化した脳部位。
物事を冷静に俯瞰してとらえる理性脳


仏教哲学を学習することで、
前頭前野(高次脳・理性脳)を鍛え、

脳の古い部分(大脳古皮質など)を
上手に制御し、バランスをとっていく。


マインドフルネスなど心理療法で、
うつ・神経症が治った人の脳内では、

原始脳の暴走が治まり、理想的な脳バランスを
確認することができると言われております。


仏式瞑想により、
仏教哲学的な生き方・生活をしていきますと、
やがて脳の病気も治っていくという事。

つまり、

古代仏教哲学と脳科学が矛盾なく、
「完全にリンク」していきます。


こうとらえますと、
仏教哲学って「科学的」でしょう?


心理療法は、心の病に対し、
薬物療法の理論とは
全く違うアプローチをしていきます。



ただ単に脳の病気が
解消していくだけでなく・・

こころの問題も解消していき、
人生が幸福になっていくというオマケつき。


??

これは順番が逆かもしれませんね。。


こころの問題・生き辛さが解消し
人生が幸福になっていくことで、

「オマケで」脳の病気(うつ病・神経症)が治っていく

・・・と、とらえた方が仏教的です。


===============
人生幸福な人に
うつ病患者はいないでしょう?
===============


うつ病・神経症は
脳の病気以前に→「こころの病」です。

こころが病だと、副次的に
脳も病気になっていきます。


現代精神医学とは真逆のアプローチ。

現代精神医学は、脳の病気を薬で何とかしようとして、
心の病を治していこうと試みます。


仏教心理学は
こころの病を解消することにより、
副次的に脳の病気が治っていきます。


どちらが良くて、どちらが悪いではなく、

薬物療法と心理療法。
お互いの良いところ・メリットを生かした方法論が
よいかと思います。





「まとめ」


・神経症の源泉は、
強烈な生存本能(存在欲・生の欲望)があります。

それによる我執の病理
(わたしへの過剰なとらわれ)

そして、それによる日常生活への支障
(神経症の諸症状) 「生き辛さ」


~~~~~~~~~~~~~~~
*うつの場合は少し角度が違い、

(深層心理の中で)
「我」が満たされないから、

自暴自棄・自己破壊的になり、

無気力になります。
~~~~~~~~~~~~~~~


ですが現代では、うつと神経症の「混合型」
多いのではないかと思います。

(抑うつ神経症・非定型うつ病など)



・存在欲・生の欲望

あえて、脳科学的に言うならば、
原始脳(大脳旧・古皮質などの古い部分)の暴走。


・仏教哲学的な生き方・考え方を
取り入れた生活をしていく。(空の思想など)

理性脳=前頭前野を鍛える事になります。

それにより、原始脳と高次脳(前頭前野)の
バランスがとれてきます。



・それをアタマのリクツではなく、
実際日々の仏式瞑想により
身体に潜在意識に染みこませていく。

(ただし長年の心の問題を治していくには、
努力が要ります)


これらにより、世界中のどんな薬物療法、
心理療法、カウンセリングでも治らなかった心の病が

完全、かつ根本的に
治っていく事もあります。




心療内科等の薬物療法を数年続けて、
「何の進展も無い場合」は、

心理療法(マインドフルネス・森田療法など)を
取り入れてみます。

道は開けていくと思います。



それでは今回はこの辺で。

心の病に苦しむ人々が、
苦しみから解放されていきますように。







ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。




【2018/10/10 08:30】 | マインドフルネス心理療法とは?     (入門編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック