FC2ブログ
マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
===================
長期で引きこもっていますと、

うつや神経症(不安症)などの心の病も
セットでやってくる事が多いかと思います。

===================


今回は、そんな状態からの脱却について
書いていこうと思います。

よろしくお願いいたします。



『まず目標(ゴール)設定をします』
~どうなりたいか?どうしていくのが賢明か?~


無目的にずっと引きこもっていますと、
どんどん心の闇は深くなり、
うつ・不安症は悪化していきます。



「目標(ゴール)設定の段取り」

軽く自己分析してみます。


例:

・自分はWeタイプか?
Meタイプか?の分析。

We(ウィー)タイプ

皆と一緒に何かをしたい。
人といるのが好きで、
グループでいると安心するタイプ。

Me(ミー)タイプ

特定の限られた人
(伴侶・パートナー・親友など)といるのは良いが、

不特定多数のグループで、
皆で一緒にワイワイ何かをするのを好まず、
「己一人で何かをしていきたい」タイプ。



例えば、自分のタイプに合った、

少しでも自分が出来そうな仕事に
就労するのを目標設定とする。


Weタイプ:
接客業、大きな組織での労働など

Meタイプ:
会社でも一人作業が多い業務や、
職人芸・個人芸、また個人事業など



そのために何をすればよいだろう?

免許・資格、関連の本を読んだり。



他にも様々な
目標設定があると思います。


もう一つ。
若い子向けの例ですと「婚活・恋活」

Weタイプならば、
合コンや、各種出会いイベントなどの集団戦。

Meタイプならば、
ネット婚活や知人の紹介などの個人戦。


そしてそれが成就するための
心理学・仏教学・瞑想などの勉強。

もしも見た目が自信が無ければ
こころで勝負。


好かれる女子・男子になるには?
相手に重たく思われないための心得。

心理学・哲学・思想・自己啓発・お稽古事など
心を耕していきます。


心を耕す作業をせず、

あの人はなぜ私を愛してくれない?
なぜ私はウザがられるの?
なぜあの人は私に冷たく当たるの?

などはNGかと思います。

受け身の態勢では
物事は成就しない事が多いかと思います。


様々な学習・お稽古をし、
問題点を洗い出し、改善のアクションをしていく。

そして恋活・婚活に当たっていきます。



いろいろ例を挙げましたが、


まず自分がどうなっていきたいか?
目標(ゴール)設定をしていきます

健全な目標ならば、なんでもよいです。



いろいろ学習したり、お稽古したりしていますと、
もう「鬱になっているヒマが無くなっていきます」


ただし、これらを考えるだけで、
何も行動しませんと、

「人は基本的に
ネガティブな事を考える習性」があります。



これはうつ病のせい・・ではなく、
健常の人も「誰しも」そうです。


考えるだけで、ずっと動きませんと、
人間の心と脳の習性上、

基本的にネガティブな事・不安な事を
考えるようになっています。

これは、うつ病や
神経症(不安症)のせいではありません。


================
意欲があるから行動するのではなく、
行動するから意欲がでます

================


意欲というものは基本的に
待っていてもやってきません。

それどころか、ずっと行動せず寝て待っていると、
どんどん億劫になり、不安になっていきます。
底なし沼にハマっていきます。


対してスッと行動しますと、
「意欲」は犬のしっぽみたいに後からついてきます。


完璧に出来なくてよいと思います。
てきとーでもよいので、スッと行動してしまいます。

こんなてきとーな作業でも心理療法になります。

↓(やり方:ほうきを使ったマインドフルネス瞑想)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1354.html


人間の脳の進化は「行動が先」です。
行動することにより、
脳の進化は後からついてきました。



ただ、今回のお話。

「それは分かっちゃいるけど、
それがすんなり出来たら、
何年も引きこもっていませんよ・・・(笑)」


仰る通りです。

これらの内容は、よくありがちな自己啓発本にも
書かれていると思います。


世にある自己啓発本に書かれている事は
真理ですが・・・これを一人でホイホイできる人は
あまりいないと思います。

それが普通です。

それが一人で、ホイホイ出来るならば
はじめから引きこもっていませんね。。


「ではどうするか?」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・利害関係の無い「第三者」

・もしくは普段の日常とは
全く関わりの無い「第三者」についてもらう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


親や兄弟、友達などですと、
どうしても客観的な視点に立てず、

特定のバイアス(色メガネ)が
かかってしまいます。


またそういった人が、引きこもり支援のために
真剣にやってくれる事は、あまり無いと思います。

さらに、そういった人達は専門家ではないので、
素人の生兵法的なアドバイスしかできないと思います。


ゆえにコーチ(コーチング)や、
心理カウンセラー、心理療法家など、

全く普段の日常と関係のない、
異世界(?)の第三者がおすすめです。

なおかつ。
心理療法などの専門家で。



一人で目標設定や、
具体的行動・・・と言っても。。

まず「分かっちゃいるけど やらない
と思いますので、

専門家など第三者についてもらいます。


ただし、そういった専門家の先生でも、
あなたの人生の「肩代わり」までは出来ませんので、

具体的アクションを起こすための
支援・専門的アドバイスという位置づけと、
とらえてください。

引きこもりから脱し、人生を豊かにしていくのは
専門家の先生の仕事ではなく「自分の仕事・自分の人生


そういった認識でないと、専門家におんぶに抱っこ、
単なる「依存」になってしまい、
余計問題がこじれてしまう事もあります。


また一人でやっていると、
モチベーションが下がり、ヤル気が無くなっていくと思います。

これはうつ病のせいではなく、
普通の人「誰しも」そうです。

人は一人でやっていると「誰しも」ヤル気が無くなり、
モチベーションが下がります。


もちろん一人でモクモクと目標実現する人も、
まれにいますが、

そんな鉄人のような精神の持ち主は、ごく限られた人で、
そんな人はすでに社会の変革者・偉人になっています。

私達は、そういった鉄人や天才ではなく
「普通の人」です。


普通の人が壮大な目標
(長年の引きこもりからの脱却)を実現するには、

専門家の力を借りた方が近道かと思います。


こういった事は社会心理学では
ホーソン効果」と言い、

人は誰かから
気にかけてもらっているという環境の方が

モチベーションが上がり、生産性が高くなるという
心理学の研究結果です。


これはホーソン効果?という
専門的な言葉で、難しく考えなくても

例えば、資格取得・趣味の技術修得などの
「通信講座」で、教材が送られてきて・・

はじめはモノ珍しさにやりますが、
1~2週間くらいすると飽きてきて、やる気が無くなってきて、

その通信教材は「押入れ行き・・」という体験を
皆さん、体験された方は多いかと思います。


一人でやっていますと、ほとんどの場合、
ヤル気がなくなっていきます。
(これはうつ病のせいではなく、誰しもそうです)

かといって誰かに依存的になるのも
よろしくありませんので、

「軌道に乗るまでは」
「一人でやっていける技術(メンタルスキル)と
自信がつくまでは」

専門家についてもらう
という解釈がよいかと思います。



コーチや心理療法家
(心理カウンセラーなど)についてもらい、

1、
心理療法の訓練。

社会へ出ても過剰なストレス反応しないように。
社会へ出ても、ある程度タフネスに生きていけるように、
「メンタルスキル」のお稽古。


2、
目標実現のためのディスカッション。

現在の引きこもり生活から抜け出すための、
具体的計画・議論。
専門的視点からのアドバイス。


3、
日常の雑談。笑い話。

一見、ふざけているように見えますが、
案外これ大切。コミュニケーション術になります。


これら1~3は
第三者についてもらわないと出来ません。



=====================
注:
ただし今回のお話。

大うつ病性障害などの重篤なもので、
急性期~回復期前期までは、

今回のような事は考えずに、
病院のお薬と休養で、ゆっくりしていてください。

↓(大うつ病: 急性期~回復期~維持期とは)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-5.html


今回のお話は、

うつ病等が薬物療法などで数ヵ月し、
だいぶ落ち着いた、回復期後期~維持期の方。

または、それほど重篤な状態ではない
非定型うつ病。

重くはないが、微妙なうつ状態が続くような、
気分変調症・抑うつ神経症などに向けたお話です。

=====================






「まとめ」


~引きこもりからの脱却計画~


1、具体的目標を立てる。


2、そのために何ができるか
自己分析、具体的行動計画を立てる。


3、「行動(恐怖)突入」(森田療法)

心理療法(心理技術)を使い、サッと行動し、
忙しくて「鬱々してられない」状況を作ってしまう。


うつになっているヒマが無い
状況・環境を作ってしまう。

すると「メンタルマッスル」が鍛えられてきます。
↓(メンタルマッスルとは?脳とコーチングの視点)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1421.html


人はヒマで時間があり、一人でじっとしていて
やることがないと
基本「ネガティブな事、不安な事」を考えてしまいます。

これは、うつや神経症(不安症)のせいではなく、
一般の人でも普通そうなります。誰しもそうなります。


進化の過程で、人間の脳は
そういったシステムで出来ております。
(外敵から守るためになど、様々な理由があります)


*ただし日々の
マインドフルネス仏式瞑想に関しましては、
家で一人でじっとしていますが、

これは、社会に出ていったとき、
過剰なストレス反応をしないための
メンタルスキルの具体的お稽古となります。



4、
とは言っても、1~3は「言うは易し」で、

分かっちゃいるけど、一人でやっていくのは
難しいと思いますので、


専門家(心理療法家・コーチ・心理カウンセラーなど)の力を借り、

一人でやっていける自信と
メンタルスキルが身に付くまで。

軌道に乗るまでは・・
専門家についてもらう事を推奨いたします。



こういったようなアクションを起こしていきませんと、
うつや神経症は、どんどん悪化していくと思います。

つまり、うつ病や神経症に
「なるべくして」なっていくと思います。


こういった根本的な問題は、
薬物療法(抗うつ薬や抗不安薬)で
どうのこうの・・・という話ではなく

「薬では解決しない問題」かと思います。


*実際・現実の話。
精神薬を何年、何十年飲んでいても
治っていない人がほとんどでしょうに。

それが現実の話です。
薬ではこの問題は解決しません。

現代精神医学も、こういった問題に
薄々気付いてきているのではないでしょうか。






~おわりに~


引きこもり期間を
「ただ漠然と、なんとなく」過ごすのではなく、

心理療法などを修練し、
目的意識を持って過ごしますと、

その引きこもりは、人生の中で
「とても大切な引きこもりとなります」

自分を深く見つめ直す
とても大切な期間。

↓(私自身、昔うつ病患者だった頃の引きこもり体験談)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1321.html



「引きこもりだからこそ学べる事もあります」


この引きこもり期間を
上手に過ごしてまいりますと
道は開けていきます。







ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2018/10/03 11:07】 | ひきこもり
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック