FC2ブログ
マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
===================
Q、
マインドフルネスを、言われた通り
〇日間やりましたが、効果がありません。
治りません。どうすればよいですか?
===================



今回は少し厳しいお話をいたします。
(きちんと正しい方法で
治ってもらいたいがためです。ご了承ください)


今回のお話は少し長いですし、
少し厳しいお話ですが、これを完全に理解しますと、

マインドフルネス(仏式瞑想)により、
長年のうつ病・神経症・生き辛さなどが
「劇的に」治っていきます。



注意:
今回のお話は、マインドフルネス仏式瞑想により
すでにうつ・神経症から回復された

中~上級の方々は
「何を当たり前の話をしているのだろうか」と思うでしょうが、

あくまで今回のお話は「初級者向け」のお話です。
あしからず。



「1」

さて、本題に入ります。

まずこの仏教の瞑想法を、正しく理解してください。

「認識」を変えますと、今までとは全く違った
マインドフルネスになっていきます。



それでは今回のご質問の
お答えをいたします。

最初に、たとえ話をいたします。


あるピアノ初心者が、
ピアノを弾けるようになりたいとします。

音楽教室で先生についてもらい、
ピアノとは何たるか?ピアノの弾き方、概要を
徹底的に「数日間」学びました。

憧れだったシューベルトのアヴェ・マリアの
弾き方も教えてくれました。


さて数日、徹底的に学びましたよね。

ではアヴェ・マリアを両手で
滑らかに美しく弾いてみてください。弾けますか?


『え!?私はまだピアノを習い始めて数日ですよ。
まだ弾けるわけがありません!』


おお。よくお分かりじゃないですか。




もう一つ。

全く泳げないカナヅチの人が
水泳に憧れて、カッコよく泳げるようになりたいとします。

ではAm〇zonで、水泳の有名選手が書いた
「よくわかる水泳入門&DVDセット」を購入し、
完璧に理解しました。

また水泳教室へ行って、
コーチについてもらい「数日間」練習しました。


はい。水泳入門の本・DVDをみて水泳を勉強しましたね。
水泳教室で「数日間」教えてもらい練習しましたよね。

では今から憧れだったバタフライで50メートル
美しいフォームで泳いでみてください。


『え!何を言っているのですか?
私はまだ水泳はじめて数日ですよ!

最低でも数ヵ月~数年くらい正しく練習しないと、
美しく泳げるわけがないでしょう!』


素晴らしい。
よくお分かりじゃないですか!




これらのたとえは何が言いたいかといいますと、
およそお稽古事 「技」 というものは

数日やっただけでは、身につかないということです。
当たり前のことですが。


ピアノ初心者が、両手弾きを
きちんと出来るようになるには、

水泳やったことがない人が、
バタフライできちんと50メートル泳げるようになるには、

最低でも数ヵ月~数年やりこまないと
出来ませんし、技は身につかないでしょう?


このマインドフルネス仏式瞑想というものは
「お稽古事、スポーツと同じ」
と、とらえてみてください。

「技」を身につけに来ております。


それは、うつ病・神経症の修羅場が来た時、
それを対処する「技」

頭の中でストレス思考の嵐がやってきたとき、
それを上手に扱っていく「技」



----------------------------------------------
先ほどのピアノ両手弾き、
バタフライで50メートルと同じで、

技術を身につけるのに、
習って数日で出来ないでしょう?
----------------------------------------------


技術を身につけるには、
それを教わって、自分で日々鬼のように修練し、

それが実践で使えるように、
日常生活で使えるように工夫し、正しく修練し、

「数日」ではなく、数ヵ月~1、2年くらい
技術を磨いていきませんと、使えるものになりません。




講義を受けただけ。
教えてもらっただけ。。ではなく、

それを日常で数ヵ月~数年修練し
教えてもらった技術を一生懸命、
自分の血肉にしていかないと、「技」は身につきません。


ましてや、マインドフルネスというものは、
ピアノや水泳よりも大変な
人生を生きていく技」を身につけようとしています。


ですが、これを修得しますと、
長年、生き辛さを抱えてきた人が、

今後の人生「余計なストレスを抱えることなく」
楽しく朗らかな人生が送れます。


・ 一生、うつ・神経症、
生き辛さの十字架を背負って生きるのと、


・ 少し大変ですが、今から1~2年くらい
「人生の投資」だと思い、

このマインドフルネス仏式瞑想の技を修練し、
朗らかで楽しい、
余計なストレスを抱え込まない技術を身につけると・・


今後の人生全体で考えて

「経済効果」
(今後の人生、仕事がはかどりますし、
余計な医療費が かからなくなる・ 特に心療内科など)」

また「健康面」「人生の幸福」などの
お金では買えない、たくさんの恩恵を受けられます。

どちらが得か?」を考察してみます。







2、
「もう一つの視点」


===================
Q、
マインドフルネスをやりましたが、
効果がありません・・・
===================


よくありがちな、
この意見について解説していきます。

今まで、こういった人達のお話を
ヒアリングしておりますと、ある特徴 があります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
言われた通り「漠然と」やっていれば、

何か「効果」みたいなものが
やってきたり、現れたりして、治っていくのだろう・・・と。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


残念ながら、こういった「発想」の人は、
瞑想をやっても何の効果もありません。


こういった発想のまま、何十年やっても
効果はありませんので、時間の無駄になってしまいます。

それならば「今まで通り、漠然と薬を飲んでいた方が」
楽ですし、よいかと思います。



「効果」の認識を変えてみましょう。


てきとーにやって待っていれば
不思議な効果がやってくる・・・のではなく、

===================
「効果」は自分でつかみ取りにいくもの。
「効果」は自分で作り出していくもの。

===================

と、認識してみます。


日々、漠然と瞑想するのではなく、

・「これを日常でどう活かそうか」

・「まてよ。このストレスシーンで、
あの瞑想技術が使えるのでは?
使えるようになるようやってみよう」

・「今までの人生、こうとらえていて不幸だったが、
その思想(考え方)は一旦捨てて、
瞑想的な考え方で人生をとらえてみよう」

などなど。


実際、当プログラムでも、治る人を観察していますと、
「治る人」は皆このパターンですね。


効果は漠然と待っていても
やってきませんので、

「自分で効果を作り出し、つかみ取っていく」


「発想」の転換。
発想力も鍛えていきます。



これは別に心理療法(瞑想)だけでなく、
仕事や世の習いごと、
全てにおいて同じかと思います。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ただ少しフォローを入れますと、

昨今ブームになっている、
欧米式のマインドフルネスが

「〇日、マインドフルネスをやると
こんな脳科学的効果が!」

・・・のようなことを
大げさに謳っておりまして、

(書店にある、いわゆるマインドフルネス本の
ほとんどがこれですね)


それを鵜呑みにしてしまった人達が、

「マインドフルネスを〇日やりましたが
効果がありません」

という発想の人達を量産してしまったのも
あるかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




さらに脳の視点から
他のたとえ話をいたします。



ガリガリに痩せている人が、
ボディビルダーになりたいとします。

では有名な名門ジムに行って、
数日~数週間、名コーチについてもらい
トレーニングしました。


その人は言いました。

「〇日、有名なコーチにトレーニングしてもらいましたが
ボディビルダーのようになりません。効果はない!」・・・と。


いえいえ。
何か勘違いされているようです。

どんな優れたコーチについてもらっても、
自身で数ヵ月~数年、きちんとトレーニングしないと、
ボディビルダーのようになりません。

数日やっただけでは何の効果もないし、
筋肉もつきません。




瞑想も同じ。
~瞑想脳(ストレス耐性のある脳)~


たとえば「脳神経の新しい回路」
(脳神経のシナプス結合)が出来上がり、

それが長期増強され、その回路が固定されるまで、
1~2年くらいかかると言われております。


「新しい脳神経回路=新しい思考・行動パターン」が
固定されるまで、

毎日毎日、その回路に
電気信号(インパルス)を流し、

数ヵ月~数年繰り返しますと、
その脳神経回路は固定されます。


そうやって瞑想脳
(ストレス耐性のある脳)が作られていきます。


脳も先ほどのたとえ。
「筋肉と同じ」と考えますと、分かりやすいと思います。

例えば腕立て伏せも、
数日やっただけではマッチョになりません。

数ヵ月~数年、正しい作法で腕立て伏せして
初めてマッチョになります。


脳も使わないと退化しますし、
使えば使うほど、その脳部位は強化されます。

これを「脳の可塑性」といいます。




=======================

「ここまでのまとめ」


・マインドフルネス瞑想は「数日」やっただけでは
何の効果もありませんし、治りません。

瞑想はスポーツやお稽古事と同じと
とらえてみましょう。

スポーツでも技を身につけるには、日々正しく修練し
数ヵ月~数年かかるでしょう。

瞑想の各技術もスポーツの技と同じ。


・効果は漠然とやって、待っていても
現れませんし、やってきません。

「効果」は自分でつかみ取りにいくもの。
「効果」は自分で作り出していくもの。



・教わった技術を漠然とやるのではなく、
自分で日常で活かしていきませんと
何十年やっても何の効果もありません。


・「発想の転換」「発想力」を鍛えていきます。


・「脳の可塑性」
脳は筋肉と同じ。使わないと退化しますし、

使えば使うほど
(正しい作法で鍛えれば鍛えるほど)
その脳部位は強化されます。

ストレス耐性の強い脳になっていく。

=======================




もう一つたとえ話をいたします。
(たとえ話中毒になってしまいますね(笑))



たとえば野球初心者の方が、
ピッチャーに憧れて、
フォークボールを投げたいとします。


「私はフォークボールが投げたいのです。
どうかコーチしてください!」

分かりました。
フォークボールは、ボールをこう握って、
手首をこうやってスナップをきかせて、
このように投げてください。


「できません。
どうかフォークボール投げさしてください」


いえいえ。

それは自分で毎日、鬼のように修練し、
自分で身につけるものですよ。

コーチにできる事は、
投げ方、日々の訓練の仕方をお教えするだけです。
やるのは自分です。




瞑想も同じ。

ストレス思考が出た時、
ストレスイベントに遭遇した時の
心の扱い方、サバき方をお教えします。

そして日々のトレーニング法もお教えします。

ですがその技術を
一生懸命修練し身につけるのはあなたです。


この世の誰も、
あなたの人生の肩代わりは出来ません。

辛い人生は、
誰も変わってさしあげる事はできません。


自分で一生懸命修練し、
生きていく技(メンタルスキル)を身につけていく。


少し厳しいお話ですが、
「これ以外、道はない・・・」と理解しますと、

深層心理に引っ掛かっている
依頼心・依存心」「他力本願な心」が消滅していき、

本気で技術を習得していこう
という腹が決まります。

*依頼心=「誰かが何とかしてくれるだろう」などの
いわば、お客様気分の心。



===================
いやいや。それでも納得がいきません。

私は数ヵ月マインドフルネスをやりました。
治りません。
===================


瞑想はこのように
とらえてみてください。

「認識(モノのとらえ方)」が変わると
世界は変わります。


たとえば、ある武道の道場に
10名の入門者が入りました。

はじめは皆、白帯。
初心者ですね。


3年後・・

10名の内、
5人は黒帯(初段)になっていました。

他の5名は茶帯、緑帯、まだ白帯の人、
途中でやめてしまった人もいます。


10名全員が全員、3年やったからといって、
全員が黒帯にはなれないでしょう?


それぞれの「能力」
(A・理解力、B・センス、C・努力量、D・本気度)があり、
「黒帯がとれる期間」が違いますね。



A~Dにより、早い人は早いですし、
遅い人は遅いです。

これは世のどんな習いごとも、
この瞑想も同じ。

(瞑想により心の病が治っていく時間が違います。
それぞれの能力による)


ですがこの瞑想は、上記で言う
「D(本気度)」が高いと、A~Cは後からついてきます。


*本気度 = 潜在意識からの、
今までの自分を捨てて、生まれ変わるというつもりで
「本気で」治したいという心。





それでもまだ
=================
「瞑想しましたが治りません。
効果が現れません!もう無理です」
=================


・・・と、

どうしても、
そういった考え方(発想)しかできない方は、

ずっと心療内科の
(気休め程度の)抗うつ薬、抗不安薬を
飲んでいた方が楽ですし、よいかと思います。


また、こういった発想の人は、
他の心理療法に行っても、

こういった「ノリ」で、
やってしまう可能性が高いと思います。

(心理療法・カウンセリング遍歴を、
果てしなく続けるパターン)



そして何年・何十年、
心療内科の薬を飲み続け、心理療法遍歴を続け・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・「薬を一生飲み続けることの虚しさ」

・「とっかえひっかえ心理療法を変えても、
根本の「本気で治したい!」が無いと、
どんな方法も効果は無いのかも」

・「これでは人生、本当にダメになる。
本気で治したい。本気で学びたい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


・・・という心が、
深層心理から出てきましたら、

またマインドフルネス仏式瞑想の道(根治への道)を
検討されてみてもよいかと思います。




はい。長くなりました。

今回は当たり前のお話ですが、
これが真に腑に落ち、理解できますと、

「マインドフルネスで治らなかった方が」
マインドフルネス瞑想法で「劇的に」治っていきます。

この伝統瞑想法の理論と技術の
本当のすごさが分かってくると思います。





~最後に~


私も正直、
今回のようなお話は、あまりしたくありませんが、

ここの部分を隠して
単なる営利主義に走ってしまいますと、

受講する方々の
「人生の貴重なお時間」と
「料金」が無駄になってしまいます。


*単なる営利主義とは?

「今流行りのマインドフルネス!!
瞑想するだけでうつが治る!」

「うつが〇日で楽して治る奇跡の方法!」

「ただCDを聴くだけでうつが治る!」 などなど。
巷でよくみかけますね・・



業務ですので営利を考えるのは
当然なのですが、

「受ける方々の、人生の
本当のベネフィット(恩恵)も考えます」


ゆえに今回、こういった少し厳しいお話も
包み隠さず説明いたしました。

きちんと治ってもらいたいがためです。
ご了承くださいませ。








ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。
当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。




【2018/08/22 12:26】 | 決意のススメ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック