FC2ブログ
マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「質問その2」

なるほど。前回の答えよくわかりました。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1397.html


うつ病・神経症に対し、薬物療法とは違った
心理療法(マインドフルネス瞑想)的アプローチ。


非常に興味があります!


ただ一つ疑問があります。
マインドフルネス仏式瞑想を身につけますと、

「無我」のような、聖者や仙人のように
なってしまうのですか?

それはちょっと・・・




A、
あはは。なりません(笑)


では私達、
一般人の無我のとらえ方について。

当カウンセラーが提唱いたしております、
「プチ無我」について、考察してまいりましょう。


確かに「我」(自我・わたくし)に固執しますと、
生き辛くなり、挙句の果てには
心の病になってしまうのは事実でしょう。

日本古来の心理療法である
森田療法では、神経症は
我執の病理」とも言われております。


*それは、我(自我)に「とらわれすぎて」
生きるのが、ぎこちなくなった病気。


↓(1:心の病は「わたし」に病的に執着する病気)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1378.html

↓(2:神経症になり、歩けなくなったムカデさんの話)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-14.html



・・・ですが、

私達は山でカスミを食べて生きる
仙人や聖者ではありません。

普通の一般人です。
(ちなみに私も普通の、煩悩多き俗人です)

完璧に無我・無私になってしまったら、
仕事や社会生活が出来ないでしょうに。


もちろん完璧な悟りを目指すならば、
頭を剃り、出家し、
ヒマラヤ山中にでも籠った方がよいです。

ですが、私達は会社・家庭・学校など
「社会生活」があります。

それは出来ないですし、現実的ではありません。
出来ない事はやらない方がよいです。


そうではなく、一般人・俗人として
出来る範囲の事をやればよいかと思います。

確かに、当心理療法プログラムは、
「仏教の修養法をベース」にした心理療法ですが、

別に悟りを目指すものではなく、
聖者「もどき」になるものでもなく・・・


ここで目指すものは、

「この世を朗らかに、心の病にならず、
楽しく生きていく事」が目的
です。


何度も言いますが、
もし崇高なる、悟りみたいなものを目指すのならば、

世を捨て、
お寺にでも出家した方がよいかと思います。

もちろんそれも否定はしません。

*しかし私達、
俗人・一般人はそれが出来ないでしょう?
無理なことはやらなくてよいです。



確かに「無我」を目指す事は、
素晴らしい事です。

ですが、聖者でもない
具足煩悩(ぐそくぼんのう)の私達が、

完璧な無我・無私は、まず不可能ですので、
こうとらえてください。


=================
「プチ無我」

各人、それぞれ
心の病が治るレベルまで、
「我」を緩めていく、

各人、それぞれ、
生き辛さが解消するレベルまで、
我執を緩めていく。
=================


我にこびりついていたとしても、
我執が残っていたとしても、

瞑想により、その人が

「心の病が治るレベル」
「生き辛さが解消するレベル」になれば、
それでOKです。



ここで目指すものは(提供しているものは)
あくまで「心理療法」です。

~~~~~~~~~~~~~~
各人、それぞれが、
心の病が治り、生き辛さが解消し、

一生朗らかに、
楽しく生きていく事ができれば、
それがゴールです。
~~~~~~~~~~~~~~

完璧な無我ではなく、
「プチ無我」でよいのではないでしょうか。



「聖者に会社をやらしたら、
会社はたちまち潰れてしまう」

松下幸之助さんの言葉です。



聖者にならなくてもよい。
「朗らかで楽しい俗人」でよいと思います。

聖者ヅラした聖者もどきより、
こちらの方が
よほど功徳のある生き方かと思います。


==================

うつ病で人生 辛くても自殺せず、
きちんと人生、全うすること。

別に完璧にキレイに生きなくてもよい。

心理療法
(マインドフルネス仏式瞑想)を身につけ、
うつ病や神経症と無縁の生活になり、

朗らかで楽しく
人生を送れるようになる。

==================


それだけで最高の功徳です。



これよくご質問があるのですが、
私は聖者でもなければ、仙人でもありません。

上記☆印を身につけた、単なる俗人です。



仏式瞑想は、ごく一部の
修行者のものではなく、

俗世で、うつ病・神経症の
地獄の業火に苦しむ
私達「俗人」のためのものです。


SnapCrab_NoName_2016-8-31_12-24-23_No-00.png
(白隠禅師の書)


坊さんのように、
清浄なる場所で100日の瞑想より、

俗世で「うつ病・神経症の地獄」の中でする、
「1日」の瞑想の方が、はるかに功徳があります。





長くなりましたので、最後にまとめますと、

ご質問の答えは、


マインドフルネス仏式瞑想生活しても、
別に聖者や仙人のようになりません。

むしろ明るく楽しい人になります。

頭も柔らかくなって、
ジョークの分かる人になります(笑)


実際、世界の高名な瞑想の師達は
頭の固い頑固者のイメージがありますが、

案外、ジョークの面白い、
気さくな人が多いんですよ。



うつ病や神経症、
生き辛さに苦しむ人々


マインドフルネス仏式瞑想生活を
はじめますと、


日常で遭遇する
様々なストレスイベントに対し、

「病的なストレス反応」を
しなくなっていきます。

(健全なレベルのストレス反応になっていきます)

ゆえに人生を朗らかに
生きていく事が出来るようになりますよ。


こういった人が
社会に増えていきますと、

社会はどんどん
明るくなっていくのではないでしょうか。



・・・という事で、
今回のコラムを終わります。

ご質問ありがとうございました。





ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当心理カウンセリング、
心理療法(マインドフルネス仏式瞑想・森田療法)

お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。
(申し込みフォーム)
http://mindfulness-arugamama.com/mail




当心理療法プログラムの詳しい説明
↓(オンライン対応)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html


 無料メルマガをどうぞ。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html


新コース、メールカウンセリングコースはこちら

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1396.html



*「当活動・心理相談所、
14年運営のポリシー」*

・当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありませんし、
一切関係ありません。

・またサプリや霊感グッズなど、
おかしな物品販売・勧誘等も一切ありません。

・悪質な自己啓発セミナーのように、
個別にしつこく勧誘・
セールスすることも一切ありません。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページ・音声などは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。





【2018/03/08 02:26】 | 自我(我)ってなあに?
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可