マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
Q、
抗うつ薬を長年服用しているのですが、
副作用ばかり出てあまり良くならないような気がします。
本当に良くなるんでしょうか?
薬物療法とカウンセリングについて教えてください。


A、
はい。私も鬱病患者の時、同じ想いをしました。
ただ私は薬は否定はしませんが、
いつまでも依存的に服用し続けるのは、
いかがなものかと思います・・・


もちろん当ブログでいつも言っておりますが、
急性期、回復期は薬は必要かと思います。

例えばどん底に塞ぎこんで自殺念慮の強い方、
錯乱状態の方など本当に危ない方に
心理療法やポジティブシンキング的なこと言ってもムリです。

余計に悪くなる可能性があります。
効果は期待できません。

一旦、薬物療法でモチベーションを上げてから
心理療法に入るのが王道です。

薬物療法も一つの見方としてアリだと思います。


うつ病など心の病は
「生物学的要因」と「心理的要因」
もしくは、その「複合系」です。


生物学的要因は、主に脳の神経伝達物質異常などです。
これは薬物療法などでセロトニンやノルアドレナリンなどの
神経伝達物質の分泌異常、あるいは伝達異常を改善すれば治るでしょう。

実際これで良くなってるパターンも多々あります。
そういった人は何の問題もないです。


ただ薬を使っていつまで経っても良くならない
ご質問のようなパターン、
それは「心理的要因」の可能性が高いです。
(こういった方も多いのが現実)

ここで心理カウンセラーの出番です。

心理カウンセラーは
「心理学的な見地」から問題に切り込んでいきます。

そしてその人が抱える
「認知の歪み」「心の反応パターン」などが改善されれば
それに伴って脳内の神経伝達物質の異常も
徐々に改善される可能性があります。



「軽度の鬱病」や「抑うつ状態」、「慢性期に入っている鬱病」など・・・

「依存的な」薬の服用は私は賛成出来ませんが、
薬をどうされるかは、
あくまでご本人様の意志を主治医に伝えて判断してください。

ただし本当に患者の将来の事を考えてくれる
「良心的な病院」限定で・・


薬を大量に出すしか「策」がない病院は
よく洞察してください。
そして病院側の裏事情もありますので・・

↑あくまでこういった病院があるかも・・という事です。
世の精神系の病院は、良心的な病院が多いと思います。


ただ誤解のないように何度も言いますが、自殺念慮の強い
急性期や回復期の危ない人は
緊急避難的に病院の薬物療法をおすすめします。


↓急性期、回復期、慢性期について(参考過去記事)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-5.html



【2010/11/06 11:23】 | Q&Aコーナー
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック