マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
今回は当プログラム受講生さんの
よくありがちな質問に対し、

お答えするような感じで
進めてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
Q、
マインドフルネス仏式瞑想生活を
してきましたが、
今、ひどく迷いの渦中にあります。

瞑想しても、煩悩(ぼんのう)まみれで、
今私はどうしたらいいかわかりません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~


はい。まず最初に。

~完璧な無我になれなくてよい。
いや。なれません~


私達は山でカスミを食べて生きている、
仙人や聖者ではありません。

誰でも我(エゴ)・我欲からでる
煩悩はあります。

それゆえに悩み苦しみ、
道に迷います。


私達は聖者や
仙人じゃあるまいし、

完璧に煩悩は無くなりません。
『それでいいんです』


・・そして、あなたにも煩悩があるように、
他者も煩悩で苦しみ悩んでいます。

そんな視点でいますと、
他者の愚行・煩悩も
いくぶん許せるのではないかと思います。

(ただし犯罪的なものは、然るべき対処をします)



私達は在俗に生きる
煩悩まみれの人間です。

煩悩があって当たり前です。


いっそ煩悩を認め、受容しますと
抜群に生きるのが楽になってきます。
(煩悩の受容)

煩悩は無くなりませんが、
煩悩との関わり方」を上手にしていきます。

するとなお、自由になり、
抜群に生きるのが楽になっていくと思います。




前置きはさておき、


今回のご相談は、
自身の煩悩で迷い、

どうしたらいいか分からない
・・・という事ですね。


では、今の瞑想レベルで
最大限出来ること、
やれることを行えばよいかと思います。

背伸びする必要はありません。

今の瞑想レベルで
最大限出来ること、やれることを行います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Q、
「できません!
私はどうしたらいいか分かりません」

「正しい答えが分かりません!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


A、
いえいえ。違います。

あなたは今の瞑想力、
今のレベル「以上」の事を
完璧にやろうとしていませんか?

それはあなたが仰るように
出来ませんよ。



そうではなく、
今の瞑想力、今の自分のレベルで
出来る事を選択します。

それが今のあなたにとって
現時点で、正しい答えです

何も迷う事はありません。


そしてその選択をしますと、
次の結果がでます。

その結果が、吉と出るか、
凶と出るかは分かりません。


ですが、その出た結果に
不平不満・愚痴を言わず、

今の瞑想力、今の自分のレベルで
出来る事を選択します。

それが今のあなたにとって
現時点で、正しい答えです」
何も後悔する事はありません。


そしてその
選択に対する結果が出ます。

また同じように
今の瞑想力、今の自分のレベルで
出来る事を選択します。

それが今のあなたにとって
現時点で、正しい答えです


このサイクルを
淡々と繰り返してまいりますと、

やがて然るべき人生の場所に
たどり着くと思います。


==============
ただし、迷った時ほど、
「普段の3倍の真剣さで」

マインドフルネス仏式瞑想を
日々修練すること。

今回のお話の大前提です。
==============


現時点のあなたの瞑想力、
それに伴う、今の自分のレベルで
選択した答えは

全て正しい答えです


その選択に、
何も迷う事はありませんし、
何も後悔する必要はありません。


今の瞑想力、今のレベル「以上」の事を
完璧にやろうとしますと、
迷いとブレが生じますよ。

パーフェクトな無我を悟った仙人でしか
出来ない選択を選ぼうとするから
迷いとブレが生じます。


私達は一般の俗人です。
完璧な無我は不可能です。

そうではなく、

「現時点の」あなたの瞑想力、
それに伴う、今の自分のレベルで
選択した答えが

現時点では、
全て正しい答えです



迷いが晴れましたでしょうか?



~~~~~~~~~~~~~~~
Q、
いいえ!まだ迷いが晴れません。
私には恐れがあります。

それは、選択した結果が
「凶(失敗)」と出てしまった場合は、
どうすればいいのですか?

それが怖くて、前に進めません!
後悔するのが怖いんです!
~~~~~~~~~~~~~~~


A、
・・・なるほど。

そもそも、
吉や凶と「分別」すること自体
ナンセンスなのではないでしょうか?


なぜなら、今「凶」(失敗)と出ている事も、
近視眼的に、視野が狭く観ると

確かに「凶」(失敗)に
みえるかもしれませんが・・


「今世の人生全体のスパン」で観ると、
凶だと思っていたことが、
数年・数十年後「吉」だったこともあります。

*例えば、あの時不幸だったからこそ、
あの回り道があったからこそ、この幸福に出会えた。
(などなど・・そういった例はたくさんありますね)

するとあの時の不幸・失敗(凶)は
「吉」だったのではないでしょうか?


「直近的・短絡的・近視眼的な視点」で、

現在出た結果は「吉や凶」と
「決めつけること」は出来ない思います。



背伸びしなくてよいです。

現時点のあなたの瞑想力、
それに伴う現在の自分のレベルで
選択した答えが

現時点では、
全て正しい答えです



それにより出た答え、結果を
現在の視点で

吉と出ようが
凶と出ようが

ありがたくちょうだいする」という
とらえ方で行ってみてください。


その出た結果が
吉?なのか
凶?なのか

現在直近の視点では分かりません。


その吉や凶は、
今世の人生全体のスパンで俯瞰すると

それが本当に吉なのか
凶なのか、

今の時点では
厳密には分からないと思います。


ただ今、私達に出来る事は、
その出た結果に対し、

智慧のある関わり方」をしていくこと。


*「智慧ある関わり方とは?」
当プログラムの受講生でしたらば、
当プログラムで、今までお稽古してきた

伝統仏教瞑想
(マインドフルネス仏式瞑想)の技術でもって、
智慧のある関わり方をしていってください。

授業中とったノートや
6週間の受講中、
お送りしました各種テキストなどを
もう一度読み返してください。



背伸びしなくてよいですし、
何も迷う事はありません。


現時点のあなたの瞑想力、
それに伴う現在の自分のレベルで
選択した答えが

” 現時点では ”
あなたにとって 全て正しい答え です




ただ、動かずに
妄想ばかりしていますと、

人はどんどんネガティブな思考に
巻き込まれていきます。

具体的に動いてみてください。
すると具体的な結果が出ます。


Q、
「では、私の今の生活の問題に、
具体的な行動は
どうすればいいのですか?」


A、
それは少し言葉キツイですが、

自分で選択してください。
あなたの人生です。

そこは他者に、
おんぶに抱っこ的な思考ではダメです。

それは依存的な
依頼心というものです。

自分で出した考えと行動に
自分で責任をとります。

そのために瞑想と
仏教哲学のお勉強を
しているのではないかと思います。



・・そして、具体的な行動をしますと、
具体的な結果がでます。

その結果に、
智慧ある関わり方をしていきます。




ただし繰り返して述べますが、

特に現在、人生の苦難、
迷いの渦中にある時は、

普段の3倍の真剣さで、
マインドフルネス仏式瞑想を
修練していってください。


現在の事象に
智慧ある関わり方をしていきますと、

必ず今の苦難は過ぎ去り、
平安な人生にたどり着きます。



今までのあなたの人生は、
うつ・神経症的な
大変な人生を歩んできました。

本当に生き辛く大変でした。


これからの人生は
瞑想的な人生を送ってみてください。


それにより、朗らかで楽しく、
幸福な人生になっていきますと、

長年のうつ病・神経症は
完璧に消滅します。

(再発の危険性を孕んだ、
あいまいな寛解ではなく、「根治」になります)


================
人生幸福な人に
うつ病患者はいないでしょう?

================






「おまけコラム」

~現代精神医療の根本的な問題点~


うつ病は、脳の問題も
たしかにありますが、

本当の問題は、
「人生の問題(人生の病気)」


*精神医学会・心理学会は、
「科学」の立場なので、
いまだにこの問題に踏み込めずにいます。

ですが私達、在野の心理療法家は、
その本質的問題にサッと踏み込みます。



このマインドフルネス仏式瞑想や
森田療法といった、東洋の心理療法は、

①人生が平安で
幸福になっていく事によって、

②その「結果」
脳が安定していき、

その「結果」
いわゆる脳科学的効果により
脳の病気も治っていき、

その「結果」
うつ病や神経症が
「根治」していきます。


西洋的な心理療法は、
これと逆な立場が多いかと思います。


西洋的な心理療法の方法論は、
②「脳の効果が先」

人生の幸福が後。
もしくは人生の幸福の問題は
「タッチしない」

という方法論を
とるものが多いです。




このマインドフルネス仏式瞑想や
森田療法といった、「東洋の心理療法」は、

~~~~~~~~~~~~~
幸福が先。
脳の効果は後からついてくる

~~~~~~~~~~~~~

という方法論をとります。



「人生幸福な人に
うつ病患者はいませんね」


今流行りの
脳科学的効果!
心理学的効果!・・・と、

局所的に、
近視眼的にみるのではなく、

「人生全体をケア」していくのが、


マインドフルネス仏式瞑想や
森田療法など

東洋の
伝統的心理療法の立場です。

これが本当の「根治への道」
なのではないかと思います。



もちろん、今流行りの、
脳や心理学的効果!も

大変よいと思いますし、
とても大切な事です。

*実際当プログラムでも、
脳や心理学理論・技術も
並行してお勉強していきます。



ですが、今流行りの
脳・心理学効果!を

いろいろ遍歴してきて
「治らなかった人たち」は

アプローチ法を変えてみた方が
よいのではないかと思います。




最後に、
こんなお話を一つ。


木を見て森を見ず
ということわざがあります。

目の前の木が
なぜ病んでいるのか?


目の前の木(脳や心理)ばかりを
「局所的に凝視」するのではなく、

背景にある「森」
(人生全体・人生の問題)を
ケアしていきませんと、

目の前の木は
本当の意味で治りません。


仮に今流行りの、
心理学・脳科学効果!で、

目の前の木が治っても
背景ある森が病んだままだったら、

また時間が経ちますと、
目の前の木は病んできます。



今流行りの論説。
「うつ病=脳の病気である!」

もしくは
「うつ病は抗うつ薬で!」

はいいのですが・・


それだけでは、
治ってもすぐ再発します。



本当のうつ病(人生病)のケアには
何が必要か?

を洞察出来ますと、
根治への道に繋がっていくと思います。




ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。





当心理カウンセリング、
心理療法(マインドフルネス仏式瞑想・森田療法)

お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


*「当心理相談所、
13年運営のポリシー」*

・当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありませんし、
一切関係ありません。

・またサプリや霊感グッズなど、
おかしな物品販売・勧誘等も一切ありません。

・悪質な自己啓発セミナーのように、
個別にしつこく勧誘・
セールスすることも一切ありません。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。






【2017/11/30 02:58】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック