FC2ブログ
マインドフルネス仏式瞑想・森田療法を使った「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング) 
確証バイアス」・・・
それゆえに物事が正しく見えなくなる。

それは、心の病を治していくに当たって
大きな障壁となります。

逆に言うと、この深層心理のトリックを見破れると
心の病回復は早くなる。




今回は心理学で言う
確証バイアス」という

「特殊なタイプの認知の歪み」について
論じてまいります。

よろしくお願いいたします。




それは・・・

人は我(エゴ)の都合のよいように

「歪んで情報を取捨選択」してしまう
という深層心理の働きです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
たとえば、

・間違っている情報、
人生のためにならない情報ですが、
自分の我(エゴ)を満たしてくれる情報

「良い情報・美しい情報・素晴らしい情報・
参考になる情報」


・たとえ ”正しい・真実の情報 ” でも
自分の我(エゴ)にとって、都合の悪い情報、
我を満たしてくれない情報、

「悪い情報・汚い情報・誤った情報・
参考にならない情報」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


・・・と、なっていないか?

脳内に情報を入力する前に、
このチェックを入れます。




=====================

~具体例を出します~


・ケース1、

うつ子さんは、
「〇〇ダイエット法」の理論が気に入りました。

(A)『〇〇ダイエット法に関する
「肯定的意見」をネットなどで拾い上げ』


〇〇ダイエット法の素晴らしさを
友人たちに大いに語り、
ダイエット生活を始めました。


・・・ですが数週間して、

煩悩に負けてしまい
続かず断念。。


今度は手のひらを返したように

うつ子さんは、友人たちに
〇〇ダイエット法は、

・芸能人の〇〇さんが体調を崩した

・あの医師が、
この〇〇ダイエット法は危険だ!と仰っている。

などなど。

(B)『様々な「否定的意見」を
ネットなどで拾い上げ』



だから私は
〇〇ダイエットを止めたんです。

あぁ。止めてよかった。


・・・と。

*(そしてリバウンドする・・
いつもダイエット失敗します)



・ケース2、

うつ子さんは、
ある心理療法のサイトに出会い、

(A)『その〇〇心理療法の、理論の素晴らしさなど、
「肯定的意見」を探し拾い上げ』


ご家族など、周囲の人達に
高らかにその心理療法の素晴らしさを語り、

カウンセリングを申し込み、
心理療法生活を始める。


・・・が、しかし。

煩悩に負けてしまい、
面倒くさくなり数週間で断念。。


その後、うつ子さんは、

その〇〇心理療法が出来ない理由、
断念した人達の意見のサイトなどに行き、

(B)『〇〇心理療法に対する
否定的な歪んだ情報を拾い上げ』



私は、これのせいで・・
〇〇という理由で止めました。

「ほら。皆さんも止めた方がよいって
言っているでしょう!?」
「あぁ。止めておいて正解だった」

・・・と。

*(長年の心の病を治そうとしますが、
このように、いつも中途半端で終わる)



・ケース3、

うつ子さんは、
ある人と交際を始めました。

交際を始める時、周囲の人に
(あるいは自身の心の中で)

(A)『その人に対する素晴らしさや、
肯定的な意見を述べていましたが』



関係を続け、自分の我(エゴ)にとって
都合が悪くなってきたら、


周囲の人に(あるいは自分の心の中で)

(B)『その人に関するネガティブな情報を
これでもか!・・というほど見つけ、拾ってきて』



「私は、この人のせいで辛いんです!
それは、〇〇の理由からです」

・・・と。

(いつもお付き合いが続かない)

======================



上記(A)(B)の個所が

心理学で言うところの
「確証バイアス」です。



*さらに、これらケースのような心理は
心理防衛機制の一種「合理化」ともいいます。

精神分析学では
低次元の(稚拙な)心理防衛とされています。

(つまり、いつも煩悩に負けてしまう
脆弱な自分を守っている)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*ワンポイント

~「確証バイアス」~

簡単に言うと人は、
自分の我(エゴ)の都合のよいように、
情報を捻じ曲げて取り込んでしまう心理のこと。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



・・・ただ、
ここで問題があります。


人はこれを
意識的に・・・ではなく、

「” 無意識(深層心理・潜在意識)レベル ”」で
やってしまっている事が多いものです。

ほとんどの場合、
本人もやっている事に気付いていません。



人の表層意識と無意識(潜在意識)は
「時に裏腹」な事があります。
意識、無意識


普段の表層意識レベルでは
そう主張していても、

無意識(深層心理)レベルでは、
実は「違った意図」があったりします。


その意識と無意識の
「ちぐはぐ・アベコベ」が強ければ強いほど

脳の情報処理が困難になり、

なにか頭がスッキリしない。
なにか毎日が悶々とする・・

こんな状態になります。


脳的に言いますと、
「脳内情報処理できていない状態 = ストレス」
ともとらえる事ができます。


心理療法の立場から言いますと、

心理カウンセラーなど
専門家との対話の中で、

「無意識レベル」のものを
「意識化」していく事により、

脳の情報処理(特に感情に関する)を
円滑にしていきます。


これを心理学では
無意識の意識化」といいます。

*(無意識レベルでやっていることを
意識レベルに上げてあげる)


当プログラムでは様々な手法を使い、

無意識の領域に
「気づき」のメスを入れていき、


コツコツ・淡々と
無意識領域を意識化していきます。

意識と無意識の
「アベコベ・ちぐはぐ」を解消していきます。
意識、無意識


・・・すると、


やがて、脳内情報処理が円滑になり、
脳内情報(特に感情に関する)がサクサク処理され、

頭と心が軽くなっていきます。

それに連動し、憑き物が取れたように
身体も・そして人生も軽くなっていきます。


ここの部分は、心療内科等の「薬物療法」では
出来ない領域かと思います。
心理療法のみがこれを可能にします。


また当ブログ・メルマガで学習をするのも
無意識を意識化しやすくなります。

(学習することにより、脳内の未処理な情報を
処理しやすくなります)


もし意識・無意識・・と聞くと
オカルトっぽく聴こえる方は、

意識:
大脳新皮質などの働き、
意識レベルで管理出来る領域。
理性・客観的な視点。

無意識:
原始脳(大脳旧・古皮質など)
感情などの原始的・本能的な部分。
意識しづらい領域。
脳の中で未処理な情報。

と、とらえると
科学的かもしれませんね。




ただ、今回のお話。

私達は聖者ではありません。
私達は普通の、煩悩多き凡人です。

誰だって認知の歪みはありますし、
今回のお話のようなことを
してしまう事があります。


ですが、以下のようなフィルターが
かかっていないか?を
客観的にチェックしますと、

脳内におかしな情報入力することを
少しでも防げると思います。


=====================
A、
”間違っている情報・
ためにならない情報 ” ですが、

自分の我(エゴ)を満たしてくれる情報

「良い情報・美しい情報・素晴らしい情報・
参考になる情報」


B、
たとえ ”正しい・真実の情報・
ためになる情報 ” でも

自分の我(エゴ)にとって都合の悪い情報
我を満たしてくれない情報

「悪い情報・汚い情報・誤った情報・
参考にならない情報」


・・・と、なっていないか?

脳内に情報を入力する前に、
このチェックを入れます。
=====================



-----------------------------------------------------
我(エゴ)を基軸に
情報を取捨選択しますと、

「歪んだ情報」が入りやすくなり
「認知の歪み」が起きやすくなります。

物事の「ほんとうの姿」が見えなくなります。

-----------------------------------------------------



例えば、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
うつ病は回復期後期からは、
「頑張らない」ではなく、心理学的に理にかなった
適切な「頑張り」(心理療法の訓練など)は必要ですよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


・・・と、
聞いた途端、瞬間的に


1、
「ギャー!うつ病の人に頑張れって言った!
この悪魔!鬼!悪い情報!!」・・という人と。

(そういった人の深層心理では、実は・・・
自身の心の中の「ほんとう」を炙り出してみてください)


2、
「なるほど。そうですね。
うつ病、発症したての急性期~回復期前期は、
頑張らなくてよいと思いますが、

回復期後期くらいからは、急性期のノリで
「頑張らず」ずっと薬を飲んで、一日中寝ていたら
円滑な社会復帰は出来ないでしょうね。

仮にそれで社会復帰しても、
またストレスイベントに遭遇すると
再発すると思います。

この意見は理にかなっていると思います」


*言うまでも無いと思いますが、
「1」の人は、マスコミ等に洗脳され続け、
ずっと治らないケースの典型でしょう。



「うつ病は頑張らないで・・」
「あなたはあなたでいいのよ・・」

・・・は、一見、耳ざわりがよく、
とろけるような
甘美な言葉のように聞こえますが、

実は甘いもの(煩悩)は、
糖尿病のように、知らぬ間に
人生を蝕んでいる事もあります。




もう一例。
新型(現代型)うつ病によくあるケース。


例えば

~~~~~~~~~~~~~~~~~
・うつ病の人は思いやりがあり、
とてもいい人が多い・・

「うんうん。その通り。私の事だ」


・責任感が強く、真面目で・・

「その通り!まさに私の事だ!
この情報は私の全てを見通しているようだ」


・頑張りすぎてうつ病になった、

「素晴らしい情報だ!その通り。
私はいい人で、頑張りすぎてうつ病になった。
私は悪くない。社会が悪い。周りが悪い。
この情報は素晴らしい!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~


・・・と、

これも「確証バイアス」の
典型中の典型
ですが、

(我・エゴを満たしてくれる情報を
良い情報ととらえる)

ただ本人は確証バイアスをしている事に
「全く気づいておらず」
無意識的にやってしまっています。


確かに定型うつ病の人は、
真面目で優しく、思いやりがあって・・
という人はいますが。。
(特にメランコリー親和型性格)


===================
自分で自分の事を
「真面目とか、いい人とか、
思いやりがある」などと言っている人ほど、
怪しいと洞察してください。

===================



本物のメランコリー親和型
(鬱的な人)は、

自分で自分の事を
「真面目・頑張り屋・いい人」などと言いません。


本物のメランコリー親和型」の方は、
「自虐的・内省的」で、


自分の事を
「怠け者だとか、根性が無い、
いつも人に迷惑をかけている。自分は悪い人だ。
いつも職場に迷惑をかけてしまっている」などと

「真剣に」思っているケースが多い。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ですが、こういった人が本当は、
「真面目・優しく、
いい人・頑張り屋さん」かと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*ちなみに新型うつ病は、
「自己愛性パーソナリティ障害」的なものが
ベースにあるケースが多いものです。

→そして社会との軋轢が多く→
慢性的ストレス脳になり→
抑うつ状態になっている。
(厳密に言いますと、うつ病ではありません)

ベースにパーソナリティ障害的なものがあって
「鬱は副次的に」出ています。
当然、このケースは薬では治りません。

根底にあるのは、
心理学的な問題(こころの問題)ですので。


*参考記事
(新型うつ病、なぜこの人達はいつも
「〇〇のせい」なのだろうか?その深層心理)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1048.html




今回は
確証バイアスについてのお話でしたが

私達は日常の中で
ついつい、こういったことを
やってしまう事があります。


ですが、そういった情報の
とらえ方をしそうなとき、

===================
「あ・今私は、確証バイアス的に
情報をとらえていなかったか??」

===================

・・と、
客観的「気づき」を入れます。




すると脳内に
精度の高い人生を富ます、良質な情報が
入ってきやすくなるかと思います。

*この作業こそが、

無意識でやってしまう事を
意識レベルに上げる
「無意識の意識化」にもなります。


こころや脳内の情報処理が
スッキリしてきますと、

どこの病院でも治らなかった、
謎の身体的症状、
謎の心理的症状が緩んで楽になってきます。



今回は、
少し厳しいお話でしたが

ここまでお読みくださった、
読者様の勇気に敬礼いたします。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「今回のポイント・まとめ」


―――――――――――――――――――――――
「確証バイアス」

A、
”間違っている情報・
ためにならない情報 ” ですが、

自分の我(エゴ)を満たしてくれる情報

「良い情報・美しい情報・素晴らしい情報・
参考になる情報」


B、
たとえ ”正しい・真実の情報・
ためになる情報 ” でも

自分の我(エゴ)にとって都合の悪い情報
我を満たしてくれない情報

「悪い情報・汚い情報・誤った情報・
参考にならない情報」


・・・と、なっていないか?

自身が思った事、
また、脳内に情報を入力する前に、
このチェックを入れます。

―――――――――――――――――――――――


・今、自分が思った事は、
「確証バイアス的に」とらえていなかっただろうか?

自分で自分にツッコミを入れてみる。


*確証バイアス的にとらえると、
自分の心や、
自分を取り巻く世界が正確にみれなくなる。

モノのとらえ方が歪んでくる→「認知の歪み」


・情報の歪みが多くなると、
脳内・心に未処理な情報が溜まっていく。

*脳内情報処理できない状態が→ストレス


・それが続くと、慢性的ストレス脳になっていき、
様々な謎の精神的症状、
また、謎の身体的症状が出やすくなる。

それがさらに続くと
「うつ病や神経症など」各種心の病になっていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~











☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。