マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
読者さん(プログラム受講生)のご質問で
よいご質問がありましたので
お答えいたします。


今回の例は「恋活」ですが、
神経症(不安障害)の方々の

対人緊張にも応用できると思います。


*ご本人様承諾の上、
個人情報は伏せ
概要だけ掲載いたします。


===================
Q、
先日某インターネットのサイトにて
女性と仲良くなりました。

メールでやりとりしていたのですが、
今度デートすることになりました。

僕は見た目も、
話術も自身がありません。

また会う時、非常に緊張します。

恋を実らせるのによい
脳や心理学的テクニックをご指導ください。
===================



はい。現代では
こういった出会いは
多いのではないでしょうか?

現代的でよいと思います。

当カウンセリング・コーチングは
若い子も多くみえますので、
こういった恋バナ系の相談も多いですね。


では「策」を伝授いたしますが、
絶対ではありませんので、
あくまで参考までにしておいてください。


まずこういった出会いは、
脳や心理学的に言いますと、

文章→いきなりリアル

でいきますと、脳が情報処理できず
現実を受け入れられず、
失敗に終わる可能性が高いかと思います。


分かりやすく言いますと、

たとえば元お兄さん、
元お姉さん世代(笑)ですと、
文通した経験がある方。

文通では盛り上がったが、
リアルで会ってみて冷めた・・・
という経験がありませんか?


文章→いきなりリアル

ですと、
脳は情報処理しづらいものです。
(受け入れられない)


ゆえに、脳の情報処理を
楽にしてあげましょう


~~~~~~~~~~~~~~~
☆それは
1、文章(文脈情報)

2、電話・LINE通話
(聴覚情報)

3、リアル情報
(実際に会う、
リアルな視覚・五感情報)

~~~~~~~~~~~~~~~


なるべく間に
「2」の聴覚情報を経由してから

リアルで会いますと、
彼女の脳も
情報を受け入れやすくなります。


もちろん
文章→リアルで会う

もよいのですが、
よほどイケメンで人格者したら(笑)
その技も使えます。


想像以上のイケメンが来た!
女の子の目は
ハートマークになるわけですが、

ですが、普通の人の多くは、
イケメンではありません。


あるいはイケメンでなくても
人格者のような
話術があればよいのですが、

残念ながら私達は具足煩悩の身。
普通の凡人です。


ゆえに、文通(メル友)の
素晴らしすぎるイメージを

リアル・現実に近づけるよう

情報を噛み砕いてあげますと、
相手の脳は情報を処理しやすくなります。


この相談のケースで、大切なのは
メールなどの非現実・
イメージで結ばれるのではなく・・

===============
現実・リアルで
結ばれる事が目的なのですから。

===============



*<今回の策の解説>

心理学ではメラビアンの法則と言って
やはり哀しいかな・・「視覚効果」は大きい。
視覚情報55%、聴覚情報38%、言語情報7%


今回の策、お気づきになりましたか?

これはメラビアンの法則の
逆から入っていき
「受け入れにくいもの」から先に
事前に工作し、受け入れられるようにしていきます。

すると実際会った時、心と脳が
スムーズな受け入れ態勢」が出来ております。

話し方など聴覚情報(38%)+言語情報(7%)=「45%」の
受け入れ態勢が事前に出来ておりますので

もし仮に、見た目に自信がなくても・・
ある程度カバーできます。


また本当に大切なのは

=========================
君の見た目(55%)より、
「人格・思想・心(45%)・中身の部分」を受け入れてもらい
結ばれるのが最大の目的ですから。

=========================


孫氏の兵法では
「戦とは、戦う前から勝っている状態を作る事」

今回の恋活。
成功することを祈る。




オマケとして、
こんな疑問が出るかもしれません。

Q、
「ですがどうしても
電話は苦手でしたくない」

と言われた場合、
どうすればよいですか?


A、
はい。ネット社会の現代人に
よくありがちです。

SNS・ネットの文章では雄弁ですが、
実際話してみると何も話せなくなる人。


このケースは難しい。
電話を強要することはできませんので、

会う前の文章で、
現実に近づけるようにします。


例えば、文通でお互い、
あまりにも良いイメージに
なってしまっているケースは

自分のダメなところも
面白おかしく出してみる。

自分の失敗談もジョークにしてみます。

(ただしドン引きされない程度に。
不潔なもの、下品なものは避ける)



~~~~~~~~~~~~~
Q、
「実際会う時、緊張します。
どうすればよいですか?」
~~~~~~~~~~~~~


A、
当講義2時限目でお勉強した

あの「特殊な瞑想」を念じてから
待ち合わせ場所に行ってください。

自分に対する構え、
相手に対する構えが緩み、
緊張はほぐれてきます。

またデート中、ヤバいと思ったら
当講義でお稽古した
各種マインドフルネス仏式瞑想の
テクニックを使ってください。


緊張しがちの方は、
こうとらえてください。

初デートに臨むは
瞑想のお稽古」と思って行きますと、

緊張やとらわれが、いくぶん緩み、
自然体でデートが出来ると思います。


「デートを絶対成功させよう!!」
と、ガチガチの人より、

人生諸事、瞑想のお稽古だ」・・・と、
自然体の方が、
かえって魅力的にみえるものですよ。

これはデートだけじゃなく
会社の面接なども同じかと思います。



最後に締めくくりとして

今回のお話以外に、他にも様々な
心理学的なテクニックはありますが、
長くなるので今回は割愛します。

ですが、
小手先のテクニックより大切なのは

「愛(欲)ではなく、慈しみで恋する」と
よいかと思います。


仏教心理学では、
愛(欲)はエゴ・煩悩ですので、

最初は燃え上がるかもしれませんが、
長続きしませんし、
トラブルになりがちです。

(若いうちは、こういったもので
痛い経験するのも勉強かもしれませんが)


愛(欲)は自分が満たされたいから

愛という言葉を盾にして、
相手を思い通りにしようと縛ろうとします。

そして思い通りにならなければ
愛(欲)が転じて
「破壊的な瞋恚」(怒り・嫌悪)になります。



愛欲ではなく、(なるべく)慈しみで恋すると
末永く、お互いよい関係が築けると思います。

*エゴが入っているのが愛(欲)
エゴが入っていないのが慈しみ


もちろん私達は
悟りを開いた聖者ではありませんので

分かっちゃいるけど男女の事は
愛欲になってしまいがちですが・・

「なるべく慈しみ」「プチ慈しみ」で
よいと思います。


これは男女間だけでなく、
友情も同じですね。


はい。今回は当ブログのテーマとは
少し離れましたが、

恋が成就するとよいですね。
お幸せに




ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2017/04/15 18:48】 | うつ病・神経症 「コーチングのススメ」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック