マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「森田療法」



気分本位ではなく
「目的本位」で行きましょう。



本題に入る前に「森田療法とは何ぞや?」

森田療法は森田正馬(1874-1938)が
大正時代に創始した、日本に古くからある心理療法です。
メイドインジャパンの心理療法です。


主に神経症に対して行われるものですが、
うつ病にも適応されることもあります。

昔は入院、絶対臥褥などが基本でしたが
最近では森田療法はかなりマイルドになり
現代カウンセリング風に様変わりしています。


日本古来からある様々な心理療法は
時代の流れに淘汰されたのですが、

森田療法が21世紀まで残ったのは、
それなりの効果が期待されてるからです。


そして私の専門分野である
「マインドフルネス・仏教哲学」と
「森田療法」
は非常に相性が良い。

当カウンセリングは
森田療法とマインドフルネスを融合します。




さて、冒頭の
「気分本位ではなく目的本位」

例えば、うつ病や神経症の方は事を起こす前に
「面倒くさいなぁ・・」「ダルいなぁ・・」
「人前であがったらどうしよう・・」
など気分本位に考え、
ネガティブになり
行動が出来なくなるというカラクリ(悪循環)があります。


もちろんこのようなものは
誰しもあるものなんですが、

うつ病や神経症の方は
日常生活に支障をきたすレベルです。


そして不安、不快な気分や感情を
どうにかしようとすればするほど

さらにネガティブになり、
観念にがんじがらめにされます。

これを「精神交互作用」といいます。


不安、不快な気分のままで良いので、
気分を操作しようとせず、
サッと行動に移すよう促すのが、この療法の特徴です。



物事は案外やってみると、
何でもなかったりすることが多いですね。

気分や感情は
一旦横に置いといて「目的本位」


不安は不安のまま
不快は不快のまま

うつ気分は
うつ気分のまま

執着せず
あるがまま





【2010/09/25 07:11】 | 神経症(不安障害) 「克服のヒント」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/26(Sun) 17:35 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/26(Sun) 19:51 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック