マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
当心理相談所にいらっしゃる方々は
基本的に、ブログ・メルマガの
読者の方が多いかと思います。

引き寄せられるように
マインドフルネス仏式瞑想、森田療法、
仏教哲学に「自ら」関心を持ち、


====================
「長年のうつ病・神経症・生き辛さ。
自殺しか道は無いと思っていた人生・・」

「よし。人生この道で行こう!」 と
自ら決意・選択された方々です。


人生 切羽詰まって、真剣にやり直そうと
取り組む人達が多いです。
====================

こういった人は歓迎し、
プログラム期間中、全力で応援いたします。
頑張りましょう。



当心理相談所がお断りするケースは、
例えば親御さん・ご家族の方が、

お子さん(あるいは旦那さん・奥さん)を
無理やり引っ張ってきて
「先生。お願いします!」というケース。

このパターンは
全てお断りしております。



あるいは裏で
お母さんが指示していて

お子さんが、いやいや
当プログラムに申し込むケース。

これもすぐ分かります。
心理学の目で
文章読んでいると分かります。

このパターンも
残念ながら全てお断りしております。



この仏式瞑想や森田療法、
仏教学の学習は義務でやっても
辛いだけだからです。

まず続きません。

ずっと坐って瞑想するのは、
拷問に近いものかと思います。


お金と時間の無駄になりますし、
かえって連れてこられた方が
傷つくだけです。

こういったクライエントさんの
ためにならない依頼は、

いくらお金を積まれても
お断りいたしております。


ではお母さん。

私が「この(やりたくもない)勉強しなさい!
ここで坐って(やりたくもない)瞑想しなさい!」

と言われたら、勉強しますか?
楽しいですか?
そんな心でやって身につきますか?

お母さんだってイヤでしょう。

自分がイヤな事を
子供に強要しないようにします。


当プログラムは、
かなり特殊な方法論ですので、

他人に強要されて行っても
何も身につきませんし、無意味です。

貴重な時間とお金の無駄になります。



お子さんの問題行動など、
こういった他者を
なんとかしたいケースは、

お子さん(もしくはパートナー)を
変えようとするより、

お母さんが、
この心理療法(マインドフルネス仏式瞑想)で
変わりますと

お子さんも変わるかもしれません。


お子さんは、親のエゴ(我)に
反発しているかもしれません。

それがお子さんの問題行動の
根源の場合もあります。

他者(お子さん)を変えたくば、
自分(お母さん)が変わるのが
近道かもしれません。


=================
人は無理やり押し付けても変わらない。
むしろ反発が強くなるだけです。

お子さん、旦那さん、奥さんなど・・
他者を変えたくば、

自分が変わると
他人が変わる事もあります。

他者を変える近道かと思います。

=================

*ただし急迫切迫したもの。
暴力・DVなどは、然るべき専門機関の介入や
法的措置をとってください。誤解のないように。


そんな感じで自分が変わると、
その問題の他者も
「ん!?」何が起こったのだ??

・・と、このマインドフルネス仏式瞑想や
森田療法に関心を持ち始める事があります。


心理療法というものは、
メロンと同じで「食べ時」があります。

機縁」(きえん:仏語)が熟していませんと
この伝統的な心理療法を行っても

「何も効果がありませんでした」
「退屈なだけでした」で終わってしまいます。


と、いうわけで、

無理やり引っ張って連れてこられるケースは
残念ながらお断りしております。

このケースがたまにありますので
ブログに書いておきました。


「機縁」が熟すまでお待ちしております。

*ブログを丹念に読んでいますと
機縁が熟す方もみえます。

また機縁は待っていても起こりません。
自分で作ります。


機縁が熟していらっしゃり、
このマインドフルネス仏式瞑想を始めますと、

まるで鍵と鍵穴がガチン!とハマるように、

何かがひらめいたように、
本当に人生が変わっていきます。


ここの部分は薬物療法では、
到達することができません。

長年のうつ病・神経症・生き辛さ・・

根底から変わる、根治する」は
心理療法にしかできない境地です。





ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。


【2017/05/28 18:24】 | マインドフルネス瞑想が「上手くいかない典型例」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック