マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
-----------------------------------------------------------
2016年6月15日(水)
朝10時30分から

うつ病・神経症(不安障害)に対する、
マインドフルネス・森田療法

「スカイプグループ講義」を行います。

-----------------------------------------------------------


・現在プログラムを受講中、または
以前学んでいました、元受講生の方々も
是非ご参加ください。

・たまにお稽古を受けた方が、
自己流・間違った解釈になるのを防止し、
正しい道を歩んで行く道標になります。

・グループ講義は、個別セッションと違い、
他の方々の体験談などが聴けて
非常に参考になると思います。



=======================

「内容:時間割」

1、うつ病・神経症(不安障害)に対する、
マインドフルネス仏式瞑想や森田療法の講話

~心の病の根底にあるものとは?~

(30分~50分ほど)


2、質疑応答

一人、1~2個質問を送っていただき、
当日それにお答えいたします。

尚、質問はプライバシーを考慮し、
誰の質問かは公表しません。

他の方々の質問を、我が身の質問と思い
お聴きくださいますと、非常に勉強になるかと思います。

(1時間~1時間30分くらい)


<ここでトイレ休憩>


3、みんなで
マインドフルネス仏式瞑想をします。

当カウンセラーが、
瞑想のインストラクションを行います。
(1時間ほど)


4、その後、座談会
(自由解散)

これは任意です。
お時間に余裕のある方は
よろしければ参加してみてください。

他の方々が、どのように瞑想しているか、
また諸先輩方は、どのように
うつ病・神経症を克服されたか・・など
貴重な話が聴けると思います。

=======================



・参加費:6800円

・飲み物・筆記用具をご用意ください。

・瞑想に使う座布団など、
座具をご用意ください。

・邪魔が入らず、一人閑(静)かに
受講できる環境を整えておいてください。

・スマホ・スカイプアプリの場合「イヤホン着用」
・PCスカイプの場合「スカイプ用ヘッドセット着用」

・受講前にトイレ、
食事は済ませておいてください。


・もし、スカイプ上で本名を出すのが不可の場合、
ニックネームでも可。
(配慮しますので、その際は事前にご連絡ください)



『参加条件』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 参加条件は
現クライエント(受講生)さんと
元クライエント(受講生)さん「のみ」とします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・心の病を治そうと、
真剣に学びにいらっしゃる皆様が集まります。

クレーマーのような
集団の和を乱すような人のご参加は
お断りします。


・インターネット上の交流と言えど
リアルの社交の場と同じです。

挨拶などもしっかり行い。
みんなで気持ちよく交流できるよう
行っていきます。


・他の受講生と交流する際は、
社会人として節度ある社交でお願いします。


・現在、他の瞑想法を行っている方は
受講をお断りします。



========================
☆ お申し込みは

①いつものメールにご連絡。

②下記のリンク「メールフォーム」にご連絡。

http://mindfulness-arugamama.com/mail

「①か②のどちらかに
ご連絡お待ちしております」

========================


マンツーマンの
個別カウンセリングと違い、

いつもと違った雰囲気での
講義になります。


それでは当日、皆さんにお会い出来るのを
楽しみにしております。

ご参加お待ちしております。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「善き友をもつこと、善き仲間のいること、
善き人々に取り巻かれていることは、清浄行の全体である」

(原始仏教経典:サンユッタニカーヤ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


心理カウンセラー
山中紹聖







☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。


【2016/06/09 05:06】 | マインドフルネス「短期合宿」 参加者募集
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック