マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
人間関係の「ストレスが激減する」
~プチ心理テクニック~



職場、ママ友のサークル、
地域の集まり・・・

この世のストレスの多くは
対人関係です。


やたら対人ストレスの多い方は、

新しい「モノのとらえ方・心理パターン」
訓練で身につけて行く事を推奨します。


今回はそのための
ブログ版プチ心理テクニックを
書こうと思います。

読者の皆様もやっていきましょう。


========================

~『課題の分離ワーク』~


その1、
「他者の課題」


例えば、
うつや不安障害の方は、

「私はあの人に
嫌われているのでは?」

「嫌われたらどうしよう・・」

と、毎日不安になります。


他人が自分を嫌おうが、好こうが
どう評価しようが、「他者の課題」である。
他人が決める事です。

他人が自分をどう評価しようと、
それは「他人の自由」であり
「他人の権利」です。


それを自分の思い通りの
評価にさせたい・・・とすることから、
ストレスが生じます。

(当然、他人は思い通りになりません)


*仏教心理学では「卑下慢」といいます。
一見他者の顔色をうかがうようで
ビクビクして、卑屈にみえますが、

実は深層心理では
「他者を我(エゴ)の思い通りの評価にさせたい」という、
傲慢さの裏返し。
そして思い通りにならず・・落ち込みます。


自分の事を
好きや嫌いの評価をするのは
「他者の課題」です。

「自分の課題」ではありません。


他者の課題に介入するのは
とんでもないエゴです。


=======================

その2
「自分の課題」


☆たとえば
「他人が自分に向かって、
何かネガティブな発言をした」


その発言に対し
以下の①~⑤まで選択肢を作る。


①ギャー!ストレス!
あなたのせいで傷ついた!
被害を受けた!


(これ、ストレスを抱えがちの方が
いつもやっている典型パターンですね)


②ギャー!ではなく・・・
他のとらえ方はないだろうか?

ここで自分が怒りの反応で返すと、
ストレスホルモンが出て、
脳神経や身体によくないから、

当カウンセリングで、
脳の学習をしている方ならば

この人がこういった
ネガティブな発言をしている時、
この人の脳の、どの部分が暴走しているのだろうか。

相手の脳の「観察実験」をしよう。
(脳的な分析)


③あぁ。今この人は、脳内で扁桃体が暴走し
ストレスホルモンを出しまくり、
自身の脳や体を破壊している。

そして悪いカルマ(業)を
自ら作っている。

憐れみ(カルナー)と
慈しみ(メッタ)の心で、
悪いカルマを作り続ける相手を観察。
(仏教学的分析)


④よし!相手の発言に
ストレス反応をしないための
絶好の訓練が出来る。案外チャンスかも。

カウンセリングで学んだ
心理訓練を今こそ実験しよう!
(行動療法の実施)


⑤よし、相手の声を瞑想の材料にし
「観察瞑想のワークをしよう」
(マインドフルネス仏式瞑想者の場合)


などなど・・・

他にもたくさん
様々なとらえ方ができます。


あくまでこの例は、
当カウンセリングの
クライエントさんの場合です。

一般の人も、
様々な選択肢を作るお稽古をします。

*(一つの精神的アクションに対し、
最低でも3つのとらえ方(選択肢)を作る。
そして好きなものを選択してください。
選択権は自分にある。自分の課題


慢性的な不幸感を持つ、
心の病の方は
「選択肢が①しかありません」


(選択肢のボキャブラリーが1個しかない・・)


他者の発言に対し、

上記で言いますと①~⑤の選択で
どれがいいか選択するのは
「自分の課題」です。

そしてその選択した事に
責任を持つのも「自分の課題」です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
上記図式の選択肢
①~⑤のうち、

わざわざ「①」
(ギャー!ストレス!傷ついた!)を選択し、


ストレスホルモンをだくだく出して
脳神経をズタズタに破壊し、
血管はボロボロになり、肌は荒れて老化を早め、
自律神経は乱れ、
海馬は委縮し、うつ病を悪化させ・・・

「わざわざ①を選択するのは」
よほどモノ好きな人です。

損をするのは自分です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


①~⑤のうち「どれを」選択した方が

自分の脳や心に・・人生にとって良いかは
自分で判断し選択します。

つまり「自分の課題」です。

(これは他人が
やってくれません「自分の課題」です)


この「自分の選択権を放棄」すると

①しか選択肢が無い
「他人の奴隷」のような人生になります。


一生他人に振り回され

「あの人のせいで!」
「あいつにあんな事言われたせいで!」
「環境のせいで!」
「自分の生い立ちのせいで!」
「上司のせいで!親のせいで!会社のせいで!」
「〇〇のせいで!」

・・・のような、
被害者根性の人生になります。

一生抗うつ薬のお世話になります。


========================


心理学で言う、

「他人の課題」と
「自分の課題」を述べましたが

今、自身が遭遇している
(抱えなくてもいい)余計なストレスは

「他人の課題」か?
「自分の課題」か?

しっかり仕分け
分析をしていきます。


*もちろん誤解の無いように
犯罪レベルの事
(悪質な名誉棄損。
不当に残業代が支払われない、
暴行を受けた・・・など)は、

「本当に他人や環境が悪い」
そういった問題は然るべき対処をします。



今回のお話は

慢性的な不幸感を持つ、
うつ・神経症的な

抱えなくてもいい
余計なストレスの話です。


この「課題の分離」
しっかり出来てきますと

プレゼンやスピーチなどで、
病的な緊張が緩んでいき、

また対人関係に異常におびえる事は
無くなっていきます。


ただこれらを、
頭の理屈で分かるより、

実際、
当心理プログラムを受け、

専門家に
マンツーマンで付いてもらい、

身体で「具体的に」分かっていった方が
話は早いと思います。


あと巷でよくありがちなのは
テキスト(PDFファイルやDVD教材など)をみて

「後は、自分で勝手にやってね。。」
というものでは身につきません。


ちゃんと専門家(プロの心理療法家)に
ついてもらい、「マンツーマン」で
行う事を推奨します。

(心の問題は、きちんと「生身の人間」に
ついてもらうこと)




「まとめ」


今遭遇していること、
これは「誰の課題」なのか?


他人の自分への評価
「他者の課題」

ここは操作不可能なので
触らなくてもよい。

いや。逆に
あまり触ってはいけないところです。


*ヒトラーなど歴史上の独裁者は、
ここ(自分への評価)を
自分の思い通りに操作しようとします。

ですが独裁者たちの悲しい末路は
皆さんご存知の通りです。。



自分の脳内の事は
「自分の課題」

自分の脳内の事は
「自分で責任を持ち選択する」


この脳内の選択権を
放棄した時から、

選択肢が「ギャー!ストレス!傷ついた!」しか
出来なくなり、不幸(心の病)は始まります。


何でもかんでも
「ギャー!あなたのせいで傷ついた!」は
もうやめます。


今後の人生でも、何でもかんでも
こういったとらえ方する人は
どこの会社でも煙たがられると思います。

損するのは自分です。

人生は誰も助けてくれません。
最終的には、自分で治すしかありません。
自分の課題(人生)です。



五官から入る情報を

どうとらえ、どう解釈するかで、
幸・不幸かが変わります。


天国や地獄は
あの世にあるものではなく、

この世、自身の
心の中(認識・認知)にあります。



脳的に言いますと、

たとえば、AさんとBさんが
同じ体験をしても、

その人の認識・認知により、
脳内ホルモンの種類が変わります。


ある人は、こういうとらえ方をして
ハッピーホルモン
(βエンドルフィンやセロトニンなど)が出て、

ある人は、こういったとらえ方をして、
ストレスホルモン
(コルチゾールなど)を出し、地獄の世界になる。


どちらが人生得するか?です。

どうせなら
ハッピーホルモンを出しましょう。


後天的学習(心理訓練)次第で
悲観脳は変えられる。



「人生は変えられる」



ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
固くお断りします。


【2016/05/06 02:08】 | うつ病、神経症の 「傷つきやすさの心理学的分析」
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


Re: Oさんへ
ショウセイ
Oさん。コメント拝見いたしました。
個人情報(本名とメールアドレス)が入っておりましたので、
個人情報保護のためクローズコメントにいたします。


> ちょうど課題としていたことがタイムリーに記事になっていてすごく為になりました。
> うつの症状に対して義母の理解が浅い発言に、言い返したい衝動にかられていました。
> でもそれをどうにかするのはエゴだと思っていましたが、この記事を読んで、より納得しました。他者の課題なんですね。
> なるほど、なるほど!です。
> 思わずコメントしてしまいました、ありがとうございます。


そうでしたか。よかったです。

Oさんに対する評価をどうするかは、お義母様の課題です。
Oさんは「自分の課題」を淡々と、マインドフルネス的にこなしてみてください。

*自分の課題→ 本ブログのように①~⑤の選択ワークでもよいですし、
(わざわざ①を選択する必要はありませんが)
もしくは、自分が今日やるべき課題(お仕事や家事)を淡々とこなします。


また他人の評価や理解は、求めるものではなく、
後からついてくるものかと思います。

マインドフルネスや森田療法的な生き方をしていき
「自分の課題」を淡々とこなしていきます。

結果、お義母様から、よい評価だろうが悪い評価だろうが、
どうでもよい事かと思います。
「自分の人生の課題」を淡々とこなすだけですので。


それでは精進をしてまいりましょう。
またいつかスカイプカウンセリングでお会いしましょう。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/05/10(Tue) 11:41 |   |  #[ 編集]
Re: Oさんへ
Oさん。コメント拝見いたしました。
個人情報(本名とメールアドレス)が入っておりましたので、
個人情報保護のためクローズコメントにいたします。


> ちょうど課題としていたことがタイムリーに記事になっていてすごく為になりました。
> うつの症状に対して義母の理解が浅い発言に、言い返したい衝動にかられていました。
> でもそれをどうにかするのはエゴだと思っていましたが、この記事を読んで、より納得しました。他者の課題なんですね。
> なるほど、なるほど!です。
> 思わずコメントしてしまいました、ありがとうございます。


そうでしたか。よかったです。

Oさんに対する評価をどうするかは、お義母様の課題です。
Oさんは「自分の課題」を淡々と、マインドフルネス的にこなしてみてください。

*自分の課題→ 本ブログのように①~⑤の選択ワークでもよいですし、
(わざわざ①を選択する必要はありませんが)
もしくは、自分が今日やるべき課題(お仕事や家事)を淡々とこなします。


また他人の評価や理解は、求めるものではなく、
後からついてくるものかと思います。

マインドフルネスや森田療法的な生き方をしていき
「自分の課題」を淡々とこなしていきます。

結果、お義母様から、よい評価だろうが悪い評価だろうが、
どうでもよい事かと思います。
「自分の人生の課題」を淡々とこなすだけですので。


それでは精進をしてまいりましょう。
またいつかスカイプカウンセリングでお会いしましょう。
2016/05/10(Tue) 14:53 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック