マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
Q、マインドフルネス瞑想を、てきとーにやっていれば、
勝手に奇跡が起こり、不思議な力でうつ病や神経症が治って、
人生にも奇跡が起こるのですか?


A、残念ながら、こういった発想の人は
瞑想やらない方がよいと思います。

たぶんこういった人は、
何年瞑想やっていても

何も得られるものはありませんし、
時間の無駄になってしまうからです。


こんな例え話をします。

たとえば
「伝説の剣」があったとしましょう。

その剣は、
人生を切り開く力を秘めています。


しかし、その剣を
ただポケーっと持っているだけ・・

あるいは、
その剣を一生懸命努力して
使わなければ

その伝説の剣は
「ただの鉄クズ・ガラクタ」です。


何の役にも立ちません。
持っているだけ無駄です。


そうではなく、
熟練した指導者についてもらい、

その剣の効果的な
使い方
をマスターし、

なおかつ、その剣を
日々努力して
きちんと使わなければ

何も変わりません。


このたとえの、「伝説の剣」とは
マインドフルネス仏式瞑想です。

この剣(瞑想法)は
実際に仏陀の時代から

2500年受け継がれている
まさしく伝説の剣です。


ですが、これを
効果的な使い方もお稽古せず
ただ漠然と、ポケーッと
義務的に行っていても・・・


何も変わりませんし、奇跡も起きません。
うつ病・神経症(不安障害)など、
心の病も治りません。


=============
そもそも
奇跡ってなんですか?

=============

奇跡は待っていても起きません。

自分で「伝説の剣」を使い、
前に進んで行き、
「起こすもの」です。


奇跡は「待つもの」ではなく、

自分で前に進んで行き
「起こすもの」です。



「1」
このマインドフルネス仏式瞑想法を
正しく正確に、日々真剣に
努力・修練していきますと、

扁桃体の血流が落ち着き、
前頭前野がパワーアップし、

海馬神経が元気になり、

ニューロン(脳神経細胞)の
新しいネットワーク
(ストレスに強い思考・心のパターン)が
形成されていき・・・

(他にも脳に与える恩恵は
たくさんあります。
これら脳の可塑性といいます)


数年し
気がつけば、振り返れば

抗うつ薬・抗不安薬が
要らなくなっていて、

いつしか精神科も
行かなくなっていた。。


そして、日々の修練により、
モノのとらえ方・心の反応パターン、

考え方・視点が変わっていて
生きるのが楽になっていて、

「結果」幸せな日々になっていた・・・

=================
これが「奇跡」
なのではないでしょうか?

=================



「2」
奇跡とは、

教祖(詐欺師)が現れて
不思議な力を放ったり、

または〇〇をするだけで、
不思議な力が起こり、短期間で
勝手にうつ病・不安障害が治って・・・は

「奇跡ではありません」
それは「妄想」です。


(人間が長年刻み込んできた
心と脳のパターンを修正するのに
「短期間」で変わる事はありえません

(詐欺師のよく使うキャッチコピー
「努力は不要!ただ〇〇をするだけで!」
「うつ病が〇週間で治る!」は、
科学的に言ってありえませんので)


もう大人なのですから
「おとぎ話」
信じるのは止めます。

(と、さんざん言っても昨今、
こういったもの(霊感商法など)に
騙される方が多い。騙される方にも
問題があるかと思います)




・・・ただ、この
伝説の剣(マインドフルネス瞑想)を
しっかり使い

実際、現実に
人生に「奇跡」を起こす人は
多々います。

人生の9回裏。
大逆転ホームランを起こす人。

-------------------------------------------
それは上記「1」の人達です。
-------------------------------------------


したがって、冒頭の回答は
2の発想の人は、この
伝説の剣(マインドフルネス)でも治りませんし、

ちょっと厳しい話ですが、

たぶん、他の心理療法や
カウンセリング、
また精神科にかかっても

「そういった(2の)発想」でやりますので、
たぶん治らないと思います。


ゆえに「2」の発想の人に
ならないようにしましょう。

「1」の人になって、ちゃんと
----------------------------------------------
「”科学的に地に足着いた奇跡”」
起こしましょう。
----------------------------------------------

伝説の剣「のみ」では
何も変わりません。

かといって、
丸腰で鬱病や神経症に
立ち向かっていけば必ずやられます。


ちゃんと武器を装備してください。


ゆえに、伝説の剣
(マインドフルネス仏式瞑想)を装備し、

「正しくしっかり使い、真剣に努力し」
はじめて奇跡は起こります。


11年間、今まで
当カウンセリングにいらっしゃった方々。

うつ病や神経症が治り、
(その後、再発も無し)

幸せを掴み、巣立っていった人達
たくさんみてきました。


ただ「2」の発想の方は

どんなゴッドハンドの精神科医も、
名カウンセラーでも、
どうしようもできません。

「2」の発想の人に
ならないようにしましょう。



===================
奇跡とは
「待つもの・誰かにしてもらうもの」ではなく、

ちゃんと地に足着いた
現実的な方法で
「起こすもの」です。
===================



うつ病・神経症という
魔王は強敵です。

ですが勇者は
伝説の剣(マインドフルネス)を持って
立ち向かっていきましょう。


魔王の最大の弱点
「日々少しでもよいから
コツコツ努力すること」

これをやられると魔王は
力を失います。

(ただし、めちゃくちゃな
意味不明な努力ではなく、
心理学・脳科学的に理に適った努力)


必ずあなたは勝利します。




ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
固くお断りします。



【2015/12/26 12:39】 | マインドフルネス瞑想が「上手くいかない典型例」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック