マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
現代は、
モノやサービスが溢れかえり

そして、教育では
過剰に「個」を大切にされ育ち、


現代人の自我(我:が)は
どんどん肥大し、

愛されて「当たり前」
サービスされて「当たり前」
モノがあって「当たり前」の
世の中になりました。


普段、当たり前のように
幸せに取り囲まれていて、

幸せ中毒になり、
感覚がマヒして

幸せを感じ取るセンサーが
壊れてしまい、


幸せがあっても分からない、

人から親切にされても
「当たり前」すぎて、
ありがたみが分からない、

それどころか、
もっともっとよいサービスがほしい、
もっともっと愛されたい、
もっともっとほしい、

もっともっと!


よいサービスを受けられなかったら、
たちまち怒りがこみ上げ、

愛されなかったら、たちまち絶望し、

良い評価が受けられなかったら
極度に落ち込み、うつになる。。


現代型(新型)うつ病
(ディスチミア型、未熟型、逃避型など)

その典型です。


まず、ノーマルタイプ、
従来型の定型うつ病は、

几帳面・真面目、心優しく、
自虐性・内省型が目立ちます。

→(私のせいでみんなに迷惑をかけている・・
私が生きていてごめんなさい・・・のような自虐性。
定型うつ病によくあるケース)


対して、現代型(新型)うつ病は、

それほど几帳面・真面目ではなく、
なおかつ「他罰性」が目立ちます。

(他罰性→〇〇のせいで!自分は悪くない。〇〇が悪い!の
ような小児的な未熟さ)
時にクレーマーのようになるケースもある。


従来型の優しくて真面目、
几帳面、努力家の定型うつ病と

真逆の特徴を持つ、
「新しいタイプのうつ病」です。

*これを鬱病ではなく、
パーソナリティ障害ととらえる事もあります。


現代の精神医学は

-----------------------------------------------
「ふーむ。このタイプのうつ病は、
どうやら薬は効かないようだ」・・・と。
-----------------------------------------------

やれやれ・・・現代精神医学は、
何か勘違いしていないでしょうか?

この問題は、抗うつ薬がどうの・・
脳の病気がどうの・・・という
問題ではありません。


もちろんそれも
あるかもしれませんが、

それらは「副次的に」
出ているものであって、

根本問題は
「思想(こころ)の病気」です。


抗うつ薬・抗不安薬・抗精神病薬・・・
ではなく、

仏教哲学は
こんな処方箋を出します。


==========
「苦聖諦」と「知足」
==========


お釈迦様の仰るように、
この世は「苦(ドゥッカ)」です。

*生・老・病・死を筆頭に、
愛別離苦:愛するものと別れる苦しみ
怨憎会苦:イヤな人と会わねばならぬ苦しみ
求不得苦:求めても得られぬ苦しみ
五蘊盛苦:本能的欲望が燃え盛る苦しみ
(合計8つ。これを「四苦八苦」と言います)


この世は楽園と「錯覚」しているから
もっともっと楽を、快をほしい!の
「我利我利亡者」になります。

また、人から親切にされたり、
愛されたりしても、

「親切にされて当たり前」
「愛されて当たり前」ですので、

なんのありがたみもない。
(幸せが分からない)


そしていざ、苦や辛さが
目の前にやってきた時、

「苦(ストレス)に対する耐性が無い」ので、
(この世は楽園と思い込んでいますので)
たちまち落ち込み、うつになります。


頭の中の理想と現実のギャップに
死ぬほど苦しむ。

*「愛される ”はず” なのに現実は愛されない」
「求めれば、与えられる ”はず” なのにもらえない」など・・



しかし、
「マインドフルネス仏式瞑想」により、

この世は「苦」だと
初めから知っていれば、

いざ苦がやってきても、それを
頭の理屈ではなく
身体で知っていますので

当たり前のことがやって来ただけで・・
(確かにイヤですが)
うつ病になるほど落ち込みません。


そして、たまたま、
人から親切にされたり、
愛されたりしたとき、

それが「たとえ小さなものでも」
これは奇跡・ミラクルで、

ありがたさが身に染みます。

*この世は苦が本質なのに
愛されたり、親切にされるのは奇跡です。


日常の、ほんのちっちゃな事でも
ありがたさ、幸せが感じられるようになります。

(知足)

吾唯足知
<吾、唯、足るを知る(われただ足るを知る)>


================
「人間としての」
心と脳の機能が回復していきます。

================

*化学薬品とは
違った効き方をします。


うつ病を本当に治すのは、

精神科医療を
「盲信」するのではなく、

何が本当の問題かを
洞察する力も必要になります。




ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
固くお断りします。



【2015/10/30 04:14】 | 新型うつ病 「現代人の心の病」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック