マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
マインドフルネスなど仏教の瞑想は
「無我」を目指します。

しかし、出家ではない
在俗の私達に「無我は可能なのか?」

--------------------------------
答えは・・・まず不可能
--------------------------------

私も悟りを得ていませんし、
無我の境地には入れません。

・・・ですが、
「うつ病・神経症にはなりません」


私達在俗(一般人)は、
心の病にならないレベルまで
瞑想を深めればOK。

そして一生、心の病と無縁の生活、
一生を楽しく、朗らかに生きていく事ができれば
「在家の瞑想は完成」です。



もちろん悟りたければ、
財産も国籍も、家庭も仕事も

何もかも捨て、
一生山にでも籠った方がよいです。

ですが、諸事情があり
在俗の私達は不可能でしょう。


仏教瞑想は、一般の人が使えない
役に立たないものではなく

在俗の人が、
うつ病・神経症(不安障害)など心の病にならず
一生を朗らかに生きていく、最強のツールです。

在俗には在俗の
瞑想の仕方があります。



ですが、本当のことを言いますと、
「実は私もあなたも本当は、すでに無我」なんですよ。
それに気づいていないだけ。

本日の禅問答です。
(これの意味分かる人は、
瞑想がかなり上級者です)


禅問答はさておき、
ここでは一般向けのお話をしていきます。


在俗の私達が、瞑想をするにあたって、
別に悟りを求めなくてよいし、
仏教徒になる必要もありません。

どこかの宗派に
所属する必要もありません。
(私もどこの宗派・宗門にも属していません)


「ブディスト」という生き方があります。

普通に社会生活をしながら
仏教瞑想をし、仏教的な
哲学・思想に生きる人の事です。


大海原を航海するには
羅針盤が必要です。

羅針盤の無い航海は
漂流し難破します。


仏教哲学・思想という
「人生の羅針盤」がないと

私達の人生も
漂流し難破します。

この「人生の漂流・難破」を
うつ病・神経症

考えてもよいかと思います。


人生の中で、うつ病になり
漂流・難破しましたら

生き方(考え方・思想)を
変える時です。

ここの部分を改良せず
「抗うつ薬」を飲み続けても治らないのは

患者さん自身がよくご存知でしょうし、
気付いているかと思います。



うつ病というものは

==================
もう今までの生き方(考え方・思想)で、
今後の人生、生きていく事はできないよ
==================

という潜在意識からの
ありがたいメッセージです。
意識、無意識3


それでも
「いや。今までの自分を貫く」

という方は、
では・・・「それを貫いて
抗うつ薬を飲み続けてみてください」
実験してみてください。

「それで本当に治りましたか?」



また最近、
当心理相談所に多い来談者ですが、

昨今ブームになっております、
アメリカ式マインドフルネス(ごっこ)で
治らない人達が

当心理相談所に
「本物のマインドフルネス」を求めて
いらっしゃいます。


なぜアメリカ式マインドフルネス(ごっこ)で
治らないかといいますと、

テクニックばかりに「特化」し、
一番大切なテクニックの背景に流れる
「仏教哲学・思想」が
スッポヌケているからです。


これでは
「薬をズルズル飲み続ける」薬物療法と
何ら変わりはありません。

テクニックをズルズル行うか・・
薬をズルズル飲み続けるか・・の違いです。


アメリカ式マインドフルネスは、
この瞑想技術は

「脳科学的に」こういった効果がある・・・の
一点張りで来ます。

これでは、抗うつ薬を飲むと
脳内ではこういう事が起きる・・・という発想と、
何ら変わりはありません。


そういった
対症療法的な発想ではなく、

その「脳の異常の背景に流れるもの」を
修理していきませんと、根治はありません。


もちろん当心理相談所も

最新の脳科学の視点からも
アプローチしていきますが、

当心理相談所は、その背景にある
もっと大きな問題に
アプローチをかけていきます。


話はそれました。

瞑想のテクニックばかりやっていても
何の解決にもなりません。

「仏教哲学・思想・考え方・モノのとらえ方」も
同時進行で育てていきます。


①その人の背景に流れる
「哲学・思想的バックボーン」がしっかりしますと

②日々遭遇するストレスや、
どんな人生の大嵐がきてもブレなくなり、

③慢性的ストレス脳から解放され、

④脳の病気が改善されていき、

⑤うつ病・神経症は「根元の部分から」
根治していきます。


*しかも①がしっかりしていますから
再発防止にも対応できますし、

幸せな人生を歩んでいく事が
出来るようになっていきます。


*ただし、①はカルト宗教や
反社会的な団体の教義や思想はNG

あくまで「健全な」思想を持つ事。




ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
固くお断りします。



【2015/10/08 00:43】 | 自我(我)ってなあに?
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック