マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
ヨガ瞑想も
仏教瞑想(マインドフルネス)も

一見坐って、
同じような事をしているようにみえますが、
やっていることは全く違います。


まずヨガは思想背景には
我(アートマン)の考え方があります。

各個人の中にダイヤモンドのような
光り輝く個我(アートマン)があり、
そして真我(ブラフマン)に繋がると説きます。

*大きな視点ですと個我と真我は同じ。


対してお釈迦様の仏教思想は
「無我」を説きます。

我(アートマン:真我)などありません。


そもそも、そういったものに「執着」するのが
苦しみ(うつ病・神経症)の根源であり

我だ、アートマンだ、真我だ・・というものは
脳が作り出したイメージ(妄想)であって、

諸々の現象は「流れ(諸行無常)」である。
ただそれだけ。


ヨガ瞑想はいわば
「自分(真我)探しの旅のようなもの」


仏教瞑想は、自分探しをしても
それは見つからないですよ。
それは「無我」だから。

自分探しの”究極の終着駅”は
「そこには何もなかった」


それがストンと腑に落ちますと
生きるのが楽になっていきます。

「無我や無常」を身体で理解していくのが
仏教瞑想の目的です。


その過程でオマケとして、
「うつ病や神経症」が治っていきます。


一般健常者の方でしたら
ストレス思考が緩まり
生きるのが楽になっていきます。


------------------------------------------------
「え!?わたしがここにいるのに
なんで無我なの??」
------------------------------------------------


 「わたし」は五蘊(ごうん)の仮和合である。

*五蘊=「色(肉体)」+「受・想・行・識(この4つは精神作用)」

そして、その五蘊も常に移り変わっています。
一時として同じ形はありません。


分かりやすく例えますと、

愛知県には
木曽川という大きな川があります。

「今・この瞬間」の木曽川と
1秒後の木曽川は「別物」です。


川1


今・この瞬間の木曽川の流れは
次の瞬間、別の流れ。

「今」の流れは
二度と帰ってきません。


瞬間・瞬間、別の流れで別物なのに
「木曽川」と呼んでいます。

「わたしたち」も木曽川と同じです。



科学的に言いますと、

私達の身体を
ミクロレベルまで調べていきますと
「素粒子」に行きつきます。

素粒子はものすごい速さで
「生起→消滅」を繰り返しています。


素粒子のあぶく・さざ波の集合体が
「わたくし」です。

一時として同じ流れ(状態)は
無いのですが

「山中さんであり」「〇〇さん」という
ネーミングがついているんですね。

それが「わたし」です。



 また他の視点から言いますと
先ほどの木曽川に「核や芯」はありますか?

ありません。

木曽川は「流れ」です。


わたしも「個我・真我」という
永遠不変なダイヤモンドのような
「核や芯」はありません。

流れです。


ではその流れをもっと
分析していきますと、そこには

因(原因)+縁(諸条件)=果(結果)→因(原因)+縁(諸条件)=果(結果)→・・・・

というミクロの連鎖があります。
(因縁・因果の法則)


これら上記の①と②が
「わたし」といいます。

無我=私がいないという意味ではなく
上記の①と②の「流れ(状態)」が「わたくし」です。

*哲学的な用語を使うならば
「アートマン(われ:我)は無い」



そんな頭の中で捏造した
我(われ:アートマン:自己イメージ)にしがみつき
執着しますと、各種心の病になります。

無いもの(アートマン)に執着し、
あるものと錯覚し、

それを守るために疲れ果て
心の病になってしまいます。


また傷つきやすい人は
「自己イメージ」が強すぎる人。


頭の中で、でっち上げた「我(アートマン)」が
傷つけられると落ち込み病気になります。

頭の中で作り上げた「自己イメージ」
傷つくと落ち込みます。

自己イメージなど
元々無いのですけどね。。



ただ、私達在俗の人間は、
完璧な無我を悟る事は不可能ですので、

うつ病・神経症などで、心が辛くなった時、
今日のお話のようなカラクリが
起こっているんだな・・・と
客観的に気付いていればOK。



本気で無我を悟りたければ、
一生山にでも籠った方がよいです。

ですが、普通の人は
家庭・仕事などがあり不可能でしょう?

在俗には在俗の
無我の学習法があります。

無理しなくてよいです。


一般の人が使えない思想は
役に立ちませんので要りません。

この仏陀が作られた方法は
一般の人たちが日常で使えるものです。

なおかつ、リアルに
うつ病・神経症が治っていきます。




あと、瞑想している時
ただ漠然と瞑想するのではなく、

仏教哲学の学習も、
同時進行で行わないと

マインドフルネスは
「本当の効果」を発揮しません。


ごく軽度のうつ状態や
日常でのストレスは

よくあるアメリカ式の、テクニックばかりで
中身(思想・哲学体系)がすっぽ抜けた
マインドフルネス「ごっこ」でもよいかと思いますが、

根の深いうつ病・神経症は
マインドフルネス「ごっこ」では解決しません。


実際アメリカ式マインドフルネスで
治らなかった方々が
よく当カウンセリングにいらっしゃいます。



それらの人を観察していますと
その人たちは「小手先のテクニック」を
求めているのではなく

この瞑想の「中身」を求めている人達です。

人生の根の深い問題は
小手先のテクニックでは解決しません
余計虚しくなるかと思います。



=====================

さて、ここで一つお知らせですが

10月11日(日)に行う
「第5回、1Day合宿」の
お昼の講話では、

今日の無常・無我のお話を
さらに深めた講話をします。

テーマは
「では、その川の流れを変えるには
どうすればいいのか?」


「川の流れ、水質」を変えていきますと
うつ病や神経症(不安障害)が治っていきます。


*現受講生・元受講生の方々は
是非ご参加くださいませ。

申し込みは下記メールフォームか
いつものメールにてご連絡ください。

=====================



はい。今回のお話まとめです。

ヨーガの思想と、
仏教の思想は違うという事と、

瞑想もやっている事、
「目的が違う」という事です。

ゆえにヨーガ瞑想と、仏教瞑想は
混ぜない方がよいかと思います。


例えて言うならば、味噌汁に
コーラを混ぜて飲めないでしょう?

味噌汁は味噌汁。コーラはコーラ。
しっかり分けて行います。



ヨガのフォローを入れますと、

ヨガのアーサナ(各種ポーズ)は
健康体操として非常に優れています。

私も好きでヨガのアーサナはやっております。
身体がイキイキしてきます。


ですが、ヨガはヨガ。
仏教瞑想は仏教瞑想と割り切って行います。

特に、うつ病など
精神的なものを扱う場合は慎重に。


同じ瞑想でも、思想背景が全く違うと
瞑想の目的も全く違ってきます。



・・・最後に

今日のお話は、
日本人の潜在意識、DNAの中に

この仏教的なモノの見方は
古来から深く刻み込まれている
考え方かと思います。


………………………………
いろはにほへと
ちりぬるを

わかよたれそ
つねならむ
………………………………


ご存知「いろはうた」ですが、
これは仏教的な思想を語ったものです。
(諸説あり)


------------------------------------
<解説>

美しく香って咲きほこる花も
いつか散っていく・・・
(諸行無常)

我は誰ぞ?
常に「我」ではないのに・・・
(無我)
------------------------------------

*今日のお話にちなんだ
オリジナル解説です。あしからず。


ですが「いろはうた」は
こういった仏教思想を語ったものなんですね。




ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
固くお断りします。


【2015/09/06 03:25】 | 「欧米式マインドフルネス」で治らない理由
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントMさんへ
ショウセイ
カウンセリング申し込み了解しました。
今からカウンセリングが入っておりますので、後ほど正式にお返事いたします。
しばしお待ちくださいませ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/09/07(Mon) 13:30 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵コメントMさんへ
カウンセリング申し込み了解しました。
今からカウンセリングが入っておりますので、後ほど正式にお返事いたします。
しばしお待ちくださいませ。
2015/09/07(Mon) 13:47 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック