マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
*今日のお話は、うつ病の慢性期(維持期)、寛解期、
または、長期的微妙なうつ状態が続く
「気分変調症」や「抑うつ神経症」の方向けのお話です。


「長期型のうつ病(抑うつ神経症など)」が
治らない方で、
こんな誤解している方がいるかもしれません。

----------------------------------------------------------
うつ病が「治る」とは、毎日気分がよくて、
いつもハイテンションになる事が健常だ・・・と。
----------------------------------------------------------

いいえ。それは違います。

この考え方・とらえ方を修正しますと
逆に、回復は早くなるかと思いますので
一緒に学んでいきましょう。


では、健常な方々は
どんな毎日を送っているか?


=========================

「月」
週の始まりだ・・・あぁ、イヤな一週間が始まる。
倦怠感が「あるがまま」会社に行く。

「火」
今日は少し調子がいい。
まあまあな状態。

「水」
昨日の仕事でイヤな事があった。
朝が辛い。億劫なまま会社に出社する。

「木」
身体がだるい「あぁ。かったるい・・」
まだ土日まで遠い・・・
「だるいがまま」会社に出社する。

「金」
よし。今日一日頑張れば、明日休みだ!
今日はなんか調子がいい。仕事頑張ろう。

「土」
今日は休みなので、昼まで寝ていたら
かえって身体がだるくなった。
今日一日、家でゆっくり過ごそう。

「日」
友人と遊びに行き楽しい一日でした。
でも明日からまた仕事だ。。少し億劫になる。

=========================


こんな感じです。

つまり健常者も、週の半分以上は
「だるく」「億劫」です。


でも「これが普通」です。
これが「健常」です。


*肉体という乗り物は非常に不便で、
基本、気分はよくないものですよ。それが普通です。


ですが、うつ病者は「月~日まで」
毎日絶好調を望んでいる方が多い。

そうなる事が治る事だと、
錯覚している方もみえます。


仮に月~日まで、
毎日絶好調&ハイテンションの方は「病気」です。

それは「躁病(そうびょう)」という
「重篤な精神疾患」です。

ただちに精神科で、
リチウムなど処方してもらい、
薬物療法を行った方がよいです。


では、健常と
うつ病(心の病)の境界線はなに?


それは、うつ的な方は、

上記の例
「月・水・木・土」の

気分の落ち込みのところで、
極端に「神経質」になり、

この億劫な状態が受け入れられず、
何とか常にハイテンションにしようと、
無駄にもがきます。


つまり、うつ病・神経症者
独特の認知の歪みである

「100か0か、完璧思考」&
「(そうである)べき思考」ですね。


健常の方は、
「月・水・木・土」の億劫になっても

確かにイヤですが、
それに対し「病的に神経質にならない」

その億劫なまま、
それを何とかしようとせず
会社に行きます。


これはよく、
うちのカウンセリングで使う例え話ですが、

========================

たとえば、今からどうしても時間までに、
お金を振り込まなければならない案件がある。

ですが外に出てみたら大雨が降っている、
「うわっ!」と思いますが、

「雨を自分の都合のいいように
止めようとする人いますか?」

雨は自然現象なので、止まりません。

雨が降るがまま、イヤイヤながらも
傘をさして、もしくはカッパを着て
銀行に行くしかありません。

「イヤイヤながらも、目的を果たします」
(気分本位ではなく目的本位)

========================


上記の「月・水・木・土」のように、
「心の雨」が降る日があります。

ですが、雨が降るがまま、イヤイヤながら
傘をさして、今日の目的を果たします。
(会社に行きます)


うつ病・神経症的な方は、
この雨(気分)自体を
何とかしようとして無駄に疲れます。

そして当たり前ですが、気分(雨:気象)を
操作する事が出来ず、落ち込みます。


さらに無駄な悪あがきをします。

それは抗うつ薬や
元気が出る系のサプリ、

もしくは栄養ドリンク剤など飲み、
是が非でも気分をよくしようともがきます。

ですが、それは虚しい。
気分は人工的によくなりません。

*(実際、高価なサプリも
気休め程度で効かないでしょう?)


・・・で、
心理療法で治るとどうなるか?


雨が降るときは
雨が降るがまま

晴れの日は
晴れのまま

気分が良くない日は
良くないがまま

気分が良い日は
良いがまま

ただ「あるがまま」
毎日を送れるようになります

「日日是好日」


---------------------------------------------
え!?今日のオチはこれですか?
これは「当たり前」のことでは?
---------------------------------------------

はい。ですが、うつ病・神経症者は
この「当たり前の事」出来ているでしょうか?


気分が少しでも落ちたら、
気分が落ちていることに、
極端に神経質になり


サプリや抗うつ薬など
飲んででも「是が非でも」

毎日絶好調でいようと
「あり得ない事」を望んでいませんか?


(心の)雨が降ったら、
その自然現象の雨を止めようと

感情を爆発させ、
「意味不明の精神的疲れ」を
抱えていませんか?

ひどい場合だと、周りの人に怒り、
当たり散らします。

もしくは気分の雨に「とらわれて」
一日絶望感に浸り、
布団の中でぐったりし何もできない。


心の病が治るとは・・・

別に毎日絶好調で、
毎日気分が良いという、

「躁病(そうびょう)患者」に
なる事ではない。


例えば、朝起きて、気分が億劫な日は、
だるくて、億劫なまま、スーツを着て
満員電車に揺られて会社に行き

夕方、満員電車に揺られて帰宅し、
家に帰ったら奥さんと談笑し

「メシ・フロ・寝る」(+瞑想)
そして一日が終わる。

*(とらわれが無くなると、
だるさや億劫さは「あるのだが」無害になります)


こんな平々凡々の日常を
平々凡々に送れるようになること。

そんな中で、
日々小さな幸せをみつけ
生きていく事。

十牛図10
*(十牛図より:下記リンク参照
心の病が治った状態・聖なる凡人)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-27.html


………………………………………………
別に毎日絶好調の
スーパーマンにならなくていい。

「聖なる凡人」でいいんですよ。
………………………………………………


そして気が付いたら
うつ病・神経症が治っていた・・・
(精神薬を飲まなくなっていた)

これが理想的な「根治」である。


平凡だけど幸せです

そして行く先々の人生で
そんなあなたに
「感化」される人が出てくることでしょう。


-------------------------------------------------
なるほど。分かりました。
ですが、ここで終わってしまいますと
「ただのいい話」になってしまいます。
ではその具体策は?
-------------------------------------------------


はい。日々
マインドフルネス仏式瞑想&森田療法を
淡々と行っていくと、

*(ただし、必ず専門家の指導を受けてください。
正しい作法で、正しく行います。最初は少し
頑張りが必要ですが、数ヵ月で慣れ、コツが掴めてきます)

自然に聖なる凡人になっていきます。
うつ病・神経症(不安障害)など、
心の病が治っていきます。


いつの間にか、自然に抗うつ薬・
抗不安薬が要らなくなっていきます。

理想的な根治・克服です。



今まで、うちのカウンセリングにいらっしゃった
歴代のクライエントの皆様で、
「治った方」は、こんな感じではないでしょうか?

(私自身も昔、患者時代
この心理療法に救われた一人です)







当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail




☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
固くお断りします。




【2015/06/18 01:30】 | うつ病・神経症 「治ると」こうなります
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック